国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

教職員の方:利用案内


利用できる方

*国立音楽大学の教員(専任・非常勤)
*国立音楽大学の職員(専任・非常勤)

附属校の教職員の方はこちらをご覧ください。

 

登録

初回のご利用時に登録手続きを行います。非常勤職員の方は、新年度の初回来館時に更新手続きが必要です。
教職員証をお持ちの上、入館ゲートのインターフォンを押して登録手続き希望とお伝えください。
本学卒業生等ですでに当館に登録されている方は図書館利用証もお持ちください。

 

ご利用にあたって

図書館を利用するには教職員証(図書館利用証)が必要です。必ず携帯してください。
図書館からの連絡は、アドレスをお持ちの方には大学メールアドレスにお送りしています。必ずチェックをお願いします。
資料の貸出のほか、授業での施設利用も可能です。

 

施設

図書館案内をご覧ください。
授業でのご利用を希望される場合は、来館・電話・メール・FAXでご連絡ください。

貸出点数・貸出期間


点数と期間 教員 職員 貸出・返却場所
図書(和)・楽譜 2週間 計100点 2週間 計30点 2階メインカウンター
図書(洋) 1ヶ月 1ヶ月
全集・叢書楽譜 当日 当日
参考図書 館内利用 館内利用
雑誌・紀要
マイクロ資料 館内利用 館内利用
録音資料 2週間 計50点 2週間 計10点 4階AVカウンター
映像資料 AVフロア内視聴 AVフロア内視聴
著作権処理済DVD 2週間 2週間

オーバーナイト貸出ができます。受付時間は閉館30分前から、返却は翌日9:30までです。
*夏季・冬季・春季の休業期間中は図書・楽譜・CD・著作権処理済DVDの長期貸出をいたします。
  長期貸出の開始日はその都度、ホームページや掲示でお知らせします。

資料を転貸(またがし)しないでください。
借りている資料を紛失・破損・汚損した場合、当館規定により弁償していただきます。

資料の利用方法


動画による利用案内

貸出と返却 OPAC資料の探し方


資料の検索・
出庫
図書館資料は閉架式でほとんどが書庫内にあるため、OPAC(WebOPAC)での検索と出庫指示が必要です。
出庫指示は図書館内のOPAC端末から行ってください。
OPACで検索できない資料は、請求票に記入してカウンターにお持ちください。
動画探し方案内もご覧ください。
貸出 カウンターで名前が呼ばれるのを待ち、教職員証(図書館利用証)を出して資料を受け取ってください。
スタディルームなどの開架資料は、教職員証(図書館利用証)と一緒にカウンターに直接お持ちください。
返却 パート譜や付属資料は必ずそろえて返却してください。
資料を延滞すると、貸出停止になります。また、学内メール(督促状)で連絡します。
*どうしても来館できない場合に限り、書留郵便や宅配便など送付記録の残る方法で返却してください。その場合、資料が傷まぬよう、しっかりと梱包して送付してください。(宛先はこちら
予約
(図書・楽譜・CD・
著作権処理済DVD)
資料が貸出中の場合は、予約をすることができます。利用可能になり次第、学内メール(予約状)でお知らせします。OPAC(WebOPAC)でも確認できます。取置期限は1週間です。
OPACでは出庫できないため、カウンターにて直接、資料IDをお知らせください。
*館内利用の資料、当日貸出の資料は予約できません。
継続
(図書・楽譜・CD・
著作権処理済DVD)
資料を引き続き利用したい場合、返却期限内で予約者がいなければ、貸出期間を延長できます。3回目まではOPAC(WebOPAC)で継続できます。4回目からは一度返却が必要です。
*条件によっては延長できないことがあります。貸出延長ボタンを押してエラーになる場合は、一度返却してください。
利用状況 OPAC(WebOPAC)のMy Library画面で、自分の貸出・予約の状況や貸出履歴の確認ができます。

書庫への入庫  ※教員のみ

教員の方は書庫内で資料を閲覧することができます。メインカウンターでお申し込みください。書庫内に持ち込み可能なものは鉛筆とメモ用紙のみです。その他の持ち物はメインカウンターでお預かりいたします。貸出希望の資料は貸出カウンターまでお持ちになり手続きをしてください。
*職員の方は、業務上必要な場合はメインカウンターにご相談ください。

オンラインデータベース

楽譜や楽曲・映像の配信サービス、事典や文献検索など様々なデータベースを利用できます。
一部を除き、自宅など学外からも利用することができます。
*学内LAN・学内メールのアカウントをお持ちでない方は利用できないものもあります。
データベース(一覧)、自宅で学習・研究・視聴しよう!(学外からの使い方)をご覧ください。

特別資料の閲覧

19世紀末までのヨーロッパの図書、楽譜などの刊行物、明治33(1900)年以前に我が国で出版された図書、楽譜、個人から寄贈された貴重な特別資料コレクション等が特別資料として管理されています。
利用方法:マイクロフィルムでの閲覧になります。授業、展示など特別な理由があってオリジナル資料を必要とする場合は授業用特別閲覧(本学教員)をご覧ください。

レファレンスサービス

資料の検索、調査をお手伝いするほか、当館やTAC加盟大学図書館にない資料の取り寄せ、他館へのコピー依頼、紹介状(資料利用依頼書)の発行等を行います。
詳しくは、レファレンス対外サービス(学内の方)をご覧ください。
質問はメールでも受け付けます。メールによるレファレンスサービス(学内の方)をご覧ください。

ガイダンス  ※教員のみ

授業のテーマに沿った図書館資料の検索や利用の仕方、インターネットやオンラインデータベースの利用法等について、授業時間を活用した各種の学生向けのガイダンスを行っています。担当者までお申し込みください。

研究室貸出  ※教員のみ

研究室に所属する複数教員が共同で利用する資料は、1年間を期限とする研究室貸出をご利用になれます。この場合、研究室ごとに担当教員を指名し、その教員が代表して手続を取っていただきます。研究室に長期貸出された資料を利用したい学生がいれば、研究上の支障の無い限りで一旦返却していただくことがあります。ご協力ください。

購入希望  ※教員のみ

教育・研究に必要不可欠で、図書館で長く活用されると考えられる資料が図書館に所蔵されていない場合は、購入希望を申し込むことができます。図書館内にある「購入希望申込書」を記入し、カウンターに提出してください。
*受付期間は通常授業期間中(4~7月、9~12月)です。
*当館の選書方針に適合しているか、入手可能か、代替資料がないか等を調べた上、購入するかどうかを判断します。
*申し込みは、原則として当該年度につき1人10点以内とさせていただきます。

シラバス本  ※教員のみ

シラバスの「参考図書」項目と連携した「シラバス本コーナー」を2階スタディルームに設置しています。シラバスに登録したデータをもとに、出版状況(絶版、品切れ)や図書館の予算状況等を加味して、資料を購入します。

複写(コピー)

著作権法で定められた範囲内で可能です。
「図書館資料複写申込書・誓約書」に必ず記入して提出してください。
料金:白黒 1枚10円、2色カラー 1枚20円、フルカラー 1枚40円。
AV資料の録音、録画はできません。

図書館資料の複写の際は以下の事項を遵守してください。

1.著作物は全部でなく、一部分であること。(全冊複写、1曲全部の複写は不可)
2.定期刊行物に掲載された各論文その他の記事はその全部であるが、
  発行後相当の期間(次号発行まで、あるいは3か月)を経たものであること。
3.コピー部数は一人について一部のみであること。
4.利用者の調査研究のためであること。(演奏会使用目的の複写は不可)
5.有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと

TAC(多摩アカデミックコンソーシアム)

本学に所属する方はTACの各図書館を利用することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

広報誌

学生、教職員と図書館とを結ぶ広報誌『Parlandoぱるらんど』(年4回)が発行されています。教員の方には、毎号、レターボックスにお届けします。

変更

住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど変更があった場合はお知らせください。

ご注意

*利用に際し、図書館の規則及び掲示、図書館員の指示等を守ってください。
*図書等の複製(コピー)は、著作権の範囲で行ってください。録音・録画は禁止です。