国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

TAC(多摩アカデミックコンソーシアム)



クリックすると、TAC加盟館の利用案内が表示されます 多摩アカデミックコンソーシアム
TAC Lib TAC news
 
TAC図書館総合検索
 


TAC(多摩アカデミックコンソーシアム=Tama Academic Consortium)とは、国立音楽大学、国際基督教大学、津田塾大学、東京外国語大学、東京経済大学と武蔵野美術大学による「共生」を旗印とした大学協力機構です。TACは互いの専門分野を生かした相互協力によって教育・研究活動を活性化させ、地域社会へ貢献することを目的としています。
このTACの活動のひとつに図書館相互協力があります。TACに加盟している大学の学生・教職員の方は、それぞれの図書館を自由に利用することができます。これらの図書館を利用することによってひとつの大学の図書館では対応できなかった、より広範な分野の資料や情報を手にすることができるでしょう。


利用について

当大学の学生・教職員、卒業生で長期登録をされている方がTAC加盟館を利用する場合には、以下のサービスがあります。
 *卒業生で長期登録されている方は、武蔵野美術大学以外を利用できます。

1. TAC貸出サービス

加盟大学図書館に行って、利用登録の手続をすることで、本人名義での館外貸出サービスが利用できます。
学生の方は学生証、教職員の方は大学発行の身分証明証を必ずお持ちください。
卒業生で長期登録をされている方は、「TAC利用登録願」をレファレンスカウンターで発行しますので、各図書館に持参してください。

加盟大学の図書館を利用する際には、事前に利用方法等を確認してください。

● TAC利用案内 (小冊子は館内で配布しています。)

国際基督教大学図書館 OPAC
津田塾大学図書館 OPAC
  東京外国語大学附属図書館 OPAC
東京経済大学図書館 OPAC
武蔵野美術大学 美術館・図書館 OPAC
国立音楽大学附属図書館 OPAC

2. TLL (TAC Library Lending) サービス

TLLとは、図書館が学生・教職員、卒業生で長期登録をされている方に代わってTAC加盟大学 (国際基督教大学、津田塾大学、東京外国語大学、東京経済大学、武蔵野美術大学)の図書館資料を預かり、当館の資料と同じように貸し出すサービスです。
加盟大学の図書館に出向いて利用登録をする必要はありません。
「TLL」を利用したい方は、加盟大学図書館の資料を検索し、所定用紙(TLL申込書)に必要事項を記入して提出してください。
  TLL申込書はカウンターにあります。こちらもご利用ください:PDF100KB
申し込んだ資料は当館まで、宅配便(通称: TAC便)で配達されます。
返却は当館の返却窓口にお願いします。

●TAC便スケジュール: 開館期間の月・水・金(2月、3月は不定期)  開館日程の確認はこちら

3. TAC返却サービス

加盟大学図書館から直接借りた資料も当館の返却窓口で返却することができます。