国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

資料の探し方Q&A:2003年9月

シューベルトの作品について、作曲年、初版や初演の情報などを調べたいときは?


ある作曲家の作品について基礎的なデータを調べるには、次のような方法がよいでしょう。
 1) 音楽事典の、該当する作曲家の項目中の「作品表」を調べる。
英語の事典ではThe new Grove of dictionary of music and musicians, 2nd ed. (Macmillan, 2001)、日本語の事典では『ニューグローブ音楽大事典』(講談社,1994-1995)や『音楽大事典』(平凡社,1983)が使いやすいでしょう。
 
 2) 特定の作曲家の作品目録を用いて調べる
シューベルトには、O.E.ドイッチュDeutsch, Otto Erich(1883-1967)の作成した”Franz Schubert : thematisches Verzeichnis seiner Werke in chronologischer Folge”(Barenreiter, 1978)という作品目録があります。シューベルトの作品を表すときによく用いられるドイッチュ(略してD)番号は、この本の編者O.E.ドイッチュがシューベルトの各作品に付した個別番号であり、D番号の“D“は、ドイッチュの頭文字をとったものなのです。
この目録には、シューベルトの全作品が年代順に配列され、それぞれについて、D番号、作品名、作品番号(op.)、編成、声楽曲なら作詞者名、作曲年、全集楽譜への言及、自筆譜の所在や所蔵番号、初版の情報、(曲によっては、筆写譜や初演の情報)、作品についての参考文献が記載されています。そして、もう一つ、インチピット(曲の冒頭部分の旋律)が載っているのが特徴です。このインチピットによって曲の同定は確実になります。例えば、『エレンの歌』という歌曲は3曲ありますが(Op. 52の1, 2, 6、D. 837, D. 838, D. 839)――D. 839は、『アヴェ・マリア』のタイトルでおなじみの曲です――、インチピットがあることによって3曲が確実に見分けられますし、『魔王』(op. 1、D. 328)は4つの異稿が掲載され、リズムや強弱記号の変化が一目で見てとれます。

作曲家別の作品目録のうち、ドイッチュの目録のようなインチピット付きのものを、特に主題目録thematic catalogといいます。OPACで主題目録を探すには、件名を用いるといいでしょう。件名の形は、「作曲者名—主題目録」となります。シューベルトを例に下に示しましょう。

「シューベルト,フランツ,1797-1828--主題目録」
”Schubert, Franz, 1797-1828--Thematic catalogs”

件名:シューベルト* 主題目録

* ちなみに、作曲家を特定せずに検索してみたら435件もの主題目録がありました。

主題目録(分類番号X-044)は、原則として参考図書室にあります。
そのほとんどが外国語出版物ですが、外国語が苦手な方でも、使い勝手さえわかれば曲の基本的な情報を得るのに便利に使える資料です。一度手にとってみることをお勧めします。

(2003/9/26)