国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

資料の探し方Q&A:2002年6月

「音楽療法」の日本語の本を探しています。

 
近年、ますます音楽療法への関心が高まっていますね。

今までこのQ&Aでは「資料を探すとき件名を使うと便利です」と言ってきました。
しかし、残念ながら、この方法では日本語の本がうまく探せないことも多いのです。
そこで今回は、日本語の本を探すのに便利な、当館独自の音楽分類(番号)を用いて探す方法を紹介しましょう。(分類番号とは、資料の主題(ジャンル)を体系化して数字(記号)で表したものを言います。)
分類表の開き方
●まず国立音楽大学附属図書館WebOPACのトップページをあけてください。
●次に、左下の<ヘルプ>をクリックしてください。
●目次の下方の<国立音楽大学附属図書館 音楽文献分類表>をクリック。
●<X-100>をクリック。
   音楽美学、音楽社会学、……と順に辿っていくと「応用音楽学」のなかに
   「X-160E 音楽療法、音楽による障害児教育」があります。
この分類記号X-160Eをそのまま検索項目に入力すればよいのです。
下に検索画面を示します。

詳細検索画面:資料の種類:図書(和書);当館図書分類:X-160E

こうすれば、書名に「音楽療法」ということばを含まない本もたくさんみつかります。
(X-160Eに分類された日本語の本の検索結果は、226件でした。)

ひとくちアドヴァイス

国立音楽大学音楽研究所「音楽療法研究部門」のホームページをご存知ですか?
そこに掲載されている音楽療法関係文献目録には、日本語の図書ばかりでなく「日本音楽療法学会誌」や「音楽療法研究」を始めとする雑誌記事・論文もリスト化されています。

興味のある方は、どうぞこちらをご覧ください。
http://www.ri.kunitachi.ac.jp/mt/index.htm

(検索結果件数は2002/5/31現在)