研究紀要 50 (2015) 請求記号 = [PB102 50]

著作者 田辺 とおる ( Tanabe Toru )
タイトル フレーズ感・朗読・歌詞解釈から考察したドイツ歌曲/オペラ歌唱とその指導についての提言
( Proposal about Singing German Lieder and Operas, and its Instruction Based on Consideration of Phrase Feeling, Declamation, and Text Interpretations )
ページ 29-40
本文の言語 日本語
キーワード 声楽レッスン / リート / ドイツオペラ / フレーズ / 韻律 / 発音 / 詩の解釈
抄録  本稿はドイツ歌曲やオペラを解釈し歌う手がかりについて、フレーズ感、詩の朗読、詩の解釈の3章において考察する。フレーズ感の章ではアクセント、ブレス、子音の扱い方、拍節感、表情付けなどの技術的ヒントを示し、朗読の章は韻の概略を見る。また解釈の章では詩を読み込む切り口について提案する。さらに歌曲史における主な詩人の特徴を概観し、続いて歌曲に見られる性表現の隠喩について考える。そして結語において、これらの考察を教育現場に反映させる指針を提言する。