研究紀要 50 (2015) 請求記号 = [PB102 50]

著作者 進藤 郁子 / 堀江 志磨 / 近藤 伸子 / 濱尾 夕美 / 大島 優子 / 山内 のり子
( Shindo Yuko / Horie Shima / Kondo Nobuko / Hamao Yumi / Ohshima Yuko / Yamauchi Noriko )
タイトル 国立音楽大学におけるピアノ指導者育成
( Piano Teacher Training in Kunitachi College of Music )
ページ 289-314
本文の言語 日本語
キーワード ピアノ指導 / 演奏 / 教材 / コミュニケーション力 / 言語表現力 / 企画・運営
抄録  国立音楽大学音楽学部 演奏・創作学科、鍵盤楽器専修、ピアノ指導コースは、すぐれたピアノ指導者の育成を目標として2006年度に開設され、2014年度までに113人の学生が履修した。人がもっともよく学ぶのは、「教える」時であると言われるが、本コースにおいても学生がピアノを「教える」ことで、自らの演奏・指導技術や、ピアノ教材知識、コミュニケーション力、言語表現力の習得・向上をめざす。また、学生は、自らが教える園児・児童のために、コンサートを企画・運営し、社会とつながりを持つ。本コースでは、多角的な学びにより、学生をすぐれたピアノ指導者、幅の広い社会人となるよう促している。本論では、ピアノ指導コースの目的と意義、成り立ちの経緯、カリキュラム、ピアノ教材研究、ピアノ指導実践を6人の担当教員がそれぞれの観点から論じる。