研究紀要 50 (2015) 請求記号 = [PB102 50]

著作者 井上 郷子 ( Inoue Satoko )
タイトル 「第1回 両国アートフェスティバル2015」の報告
( The Report of "Ryogoku Art Festival 2015" )
ページ 247-252
本文の言語 日本語
キーワード 現代音楽 / ピアノ・デュオ / ピアノ・デュエット / 両国門天ホール / 南アフリカ共和国
抄録  本稿は、2015年7月31日から8月12日に東京、両国門天ホールで行われた「第1回両国アートフェスティバル2015」の報告である。このフェスティバルは2台のピアノに特化したものであり、立ち上げの第1回は、筆者が芸術監督を務めた。3種類の異なるプログラムを設け、それぞれ同演目の、連続した3日間(プログラムBのみ1日)のコンサートを行なった。演奏は、南アフリカ共和国から招聘したピアニスト、日本在住のピアニスト、そして筆者、の3人が担った。3種類のコンサートを通して、世界初演(このフェスティバルのための新作)6曲、日本初演4曲を含む15曲が演奏された。編成もピアノ・デュオ、デュエット、ソロとヴァラエティに富み、様々な角度から現代の多彩なピアノ音楽を眺め、楽しむことができるように意図した。