研究紀要 50 (2015) 請求記号 = [PB102 50]

著作者 ロン 美香 ( Ron Mika )
タイトル イスラエルのウルパンにおける言語教育
( The Language Education of Ulpan )
ページ 201-210
本文の言語 日本語
キーワード ウルパン / 帰還民 / ヘブライ語 / 言語教育 / イスラエル
抄録  イスラエルでは帰還民に対し経済支援やユダヤ教祭日の贈り物贈呈など手厚いサポートシステムが整っている。中でもイスラエルの公用語であるヘブライ語の指導を政府が組織的にサポートしているのは特徴的である。ウルパンと呼ばれるヘブライ語語学学校はイスラエル全土に存在する。そこでは移民のニーズに合わせた多様なプログラムが提供され短期間で集中的にヘブライ語の基礎を身につけるための指導が行われている。世界中から来る帰還民は生活様式も異なるため、イスラエルでスムーズに順応するための文化・社会的知識も必要となる。そこでウルパンではこれらも授業の一環として指導している。ウルパンで実際学んだ経験などをとおし、イスラエルではどのように国家がヘブライ語指導を行っているのか述べる。