研究紀要 49 (2014) 請求記号 = [PB102 49]

著作者 中西 千春 ( NAKANISHI Chiharu )
タイトル バスク自治州における言語教育とCLIL型学習の実践 中学校授業視察に基づいて
( Language Education and Content and Language Integrated Learning in the Basque Autonomous Community : Based on the Classroom Observation )
ページ 93-104
本文の言語 日本語
キーワード バスク自治州 / バスク語 / CLIL(内容言語統合)型学習 / "Soft / Hard CLIL型学習" / コミュニケーション力 / 思考力
抄録  バスク自治州(スペイン)のバスク文化・バスク語の復興を目指すIkastolaネットワークは,複言語主義を唱って,4言語教育を行っている。その一環として,リンガフランカである英語を効率的に学び,中学校卒業(義務教育終了)までにCEFRのB1+レベルに到達するために,CLIL(内容言語統合)型学習を導入している。本研究の目標は,バスク自治州での言語教育とCLIL型学習の概要を明らかにすることにある。まず,バスク自治州の言語教育,Ikastolaの学校での複言語教育,CLIL型学習導入状況についての先行研究を整理する。次に,授業視察をしたSoft / Hard CLIL型学習のクラスの様子を6つの観点((1)教材:インプットの種類,(2)アクティビティ数,(3)生徒間のインターラクティブな活動の機会,(4)アウトプットの機会,(5)認知プロセスの領域,(6)自己・他者・異文化への気づき)から分析する。この結果, CLIL型学習のクラスに共通していたのは,科目内容を英語で教えることであり,教師によってコミュニケーション力や思考力の育成の取り組み方が異なることがわかった。