研究紀要 49 (2014) 請求記号 = [PB102 49]

著作者 土肥 妙子 ( DOI Taeko )
タイトル 学生は英語授業をどう受け止めているのか : 前期「外国語コミュニケーション (英語)」授業で記入された学習者カードの分析
( How do students perceive their English learning experiences in the college classrooms? : Based on the analysis of students' notes filled in the Progress Card-D )
ページ 195-202
本文の言語 日本語
キーワード 学習者カード / 学習者が面白いと感じる授業の側面 / 学習目標の設定
抄録  本稿で筆者が英語の授業を担当する2年生達が英語学習に対してどのような目標を持ち、毎週行われる「外国語コミュニケーション」の授業をどのように受け止めているのかを2014年4月〜7月までの3ヶ月間に自由記入された学習者カードを分析し、考察を加えた。学習目標には4技能のうち話す、聞く力を伸ばすことを掲げる学生が最も多く、授業を面白いと感じている側面は、文法知識が理解できたとき、勉強に費やした努力がテストで達成に結びついたとき、英文の内容が面白いと感じられたとき、がそれぞれ3割前後を占めた。また、はじめて扱われる課題は、導入時難しいと感じるが2回目では課題に慣れていく。