研究紀要 48 (2013) 請求記号 = [PB102 48]

著作者 中西 千春 ( NAKANISHI Chiharu )
タイトル 英語力下位層を対象としたCLIL(内容言語統合)型学習の可能性 : CLIL型学習教材開発者Phil Ball氏の著述とインタビューから
( Possibilities of CLIL for Japanese College Underachievers in English : Based on the Articles and Interview of Mr. Phil Ball )
ページ 93-104
本文の言語 日本語
キーワード Phil Ball / CLIL(内容言語統合)型学習 / 英語力下位層 / 教材開発 / 思考力
抄録  本論の目的は,日本の大学における英語力下位層を対象にCLIL(内容言語統合)型学習を導入する可能性を探ることである。そのために,スペインバスク地方のCLIL型学習英語教材開発者のPhil Ballの著述とインタビューに基づいて,CLIL型学習の特徴,ESL/EFLとの違い,教材デザインを調査検討する。BallによればCLIL型学習には「英語よりも内容を重視する。中身のある内容を理解させるために,教材デザインを入念に行う。本物のコミュニケーションの場を設け,高次の思考が必要なタスクに協同学習で取り組ませる。」という特徴がある。大学英語授業で,下位層の学習者の専攻内容を教材とし,内容理解に焦点をあて,そのディスコース特有の英文法や語彙を付随的に学ぶアプローチは,情意フィルターを下げ,動機付けとなる可能性がある。また,協同学習で,高次な思考を要するタスクにより,英語が学習者の記憶に残る可能性もある。考察の結果,CLIL型学習を,英語力下位層を対象に導入することは,今後の大学英語授業として有効と思われる。