研究紀要 47 (2012) 請求記号 = [PB102 47]

著作者 今尾 滋 ( IMAO Shigeru )
タイトル ヘルデンテノールの系譜 その1
( Genealogy of the Heldentenor )
ページ 141-152
本文の言語 日本語
キーワード ヘルデンテノール / ワーグナー / ティヒャチェク / シュノール・フォン・カロルスフェルト / ニーマン
抄録  ヘルデンテノール‐この特異な声種はいったいどのような特徴を持つ声なのだろうか?どのように定義付けられてきたのだろうか?一般にワーグナーの作品と結びつけられて考えられるが、ワーグナー自身は自分の作品の主人公は、どのような声で歌われねばならないと思っていたのだろうか?また、実際にワーグナーの作品はどん な歌手によって担われてきたのだろうか?現代にまで、ヘルデンテノールのパートはどんな歌手が歌ってきたの だろうか?本稿は、上記の疑問に解答を与えることを目的としている。2章構成とし、1章を概論として各国・各時代の事典や識者の見解を中心に定義付けを、2章を各論として個々のヘルデンテノールを主にワーグナー作品との関わりを中心に調べた研究ノートである。紙数、時間の関係でやや半端になった。次回を期したい。