研究紀要 46 (2011)  請求記号 = [PB102 46]

著作者 青木 理香 ( AOKI Rika )
タイトル 複数の第二言語を学習する日本の大学生の態度と動機
( Attitudes and Motivation in Multiple Second Language Acquisition : A Case of Japanese University Students )
ページ 1-7
本文の言語 日本語
キーワード 態度 / 道具的動機 / 統合的動機 / 複数の第二言語 / 第二外国語
抄録 第二言語研究において、学習者の態度と動機は重要視されてきた。しかし、先行研究では単一の第二言語のみに着目して態度と動機について議論することが多かった。そこで、複数の第二言語、具体的には英語と中国語を同時に学習する日本の外国語学部中国語学科の大学1年生にアンケートを行うことで、それぞれの第二言語に対する態度と動機を調査した。調査の結果、英語・中国語ともに高い態度・動機を示した。これに加え、両者を比較すれば、中国語に対する態度・動機のほうが高い傾向が見られた。また、個別の項目について見ると、中国語のほうが英語よりも統合的動機が高いことがわかった。以上の結果から、複数の第二言語を学習している場合、学習者は各言語に対して異なる態度・動機を取ることがわかった。