研究紀要 44 (2009)  請求記号 = [PB102 44]

著作者 Kobinata Hidetoshi( 小日向 英俊 )
タイトル The reception of cross-cultural musics in modern Japan and the role of Min-On : With a focus on South Asian musics
( 現代日本における異文化音楽の受容と民主音楽協会の役割 : 南アジア音楽を中心に )
ページ 93-103
本文の言語 英語
キーワード アジア音楽 / 日本のインド音楽 / 受容史 / 異文化接触 / 民音
Asian musics / Indian music in Japan / Reception history / Intercultural encounter / Min-On Concert Association
抄録 1963年に設立された財団法人民主音楽協会(以下、「民音」)は、仏教的価値観を背景に持ちながら、「より多くの人々に音楽芸術享受のよろこびを」、「地域の音楽文化の活性化」、「グローバルな音楽文化交流」といった理念に基づき音楽文化推進活動を展開している。本稿では、機関誌『民音』の記事とその他の情報源から得られる南アジア関連の音楽活動を整理し、この地域のどのような音楽や舞踊が日本の聴衆の耳に届いたかを、客観データとして一覧する。1971年1月のセイロンに始まり、2002年9月の南インド舞踊などの公演に至るまで、約25公演を行い、南アジア音楽および舞踊を紹介した。招聘ジャンルには舞踊が多いこと、いわゆる古典音楽などの大伝統ではなく、民俗的伝統に重きが置かれていることが、データ一覧から判明した。これらの結果の考察については、以後の研究に譲る。