研究紀要 43 (2008)  請求記号 = [PB102 43]

著作者 清水 康子( Shimizu Yasuko )
タイトル フランス文学における舞踊(III) : 古典主義の時代から啓蒙主義の世紀へ(2)
( La Danse en litterature francaise (III) : De l'epoque classique au siecle des lumieres (2) )
ページ 137-148
本文の言語 日本語
キーワード 舞踊 / 詩 / 音楽 / 記譜法 / 芸術
抄録 フランス文学の作品中に描かれた舞踊のテーマを探る。約1000年に及ぶフランス文学の流れを中世から現代まで見通したなかで、それぞれの時代に特徴的な作品を選んで、考察していく。宮廷でも田園でも人々の楽しみであった中世の舞踊は、舞踊教師の指導で洗練されてゆくルネサンスの時代を経て、17世紀の宮廷生活では制度としての舞踊の存在感が増し、王を頂点とした王宮の秩序を顕示する重要な契機となってゆく。17世紀フランス古典主義の文学にあらわれた舞踊の諸相は、ルイ14世の世紀を見事に語っている。これに続く18世紀は、みずからが踊る舞踊から、鑑賞を目的とする芸術的な舞踊が台頭してきた時代で、舞踊のさまざまな役割が意識された時代であった。本稿では、こうした時代の変化を示す文献をいわゆるフランス文学の定評ある作品の外に求めて考察することとする。舞踊教師の著作と『百科全書』の項目が主な分析対象である。