研究紀要 42 (2007)  請求記号 = [PB102 42]

著作者 古山 和男( Furuyama Kazuo )
タイトル 「七五調」を支配する日本語の「ムーヴマン」 : 日本語のリズム原理
( 'Mouvement' that Rules Japanese Poetical 'Septem & Penta Metre' : The Principle of Japanese Metrical Rhythm )
ページ 89-100
本文の言語 日本語
キーワード 七五調 / 日本語リズム / 字余り / 四三調忌避 / 連濁
抄録 日本語律文の「七五調」は、かな文字2音で構成される音節を1拍とする拍節リズムで詠じられる。この1拍を構成する2音は、音楽的な勢いにより時間の長短を生じる。これは「イネガル音符」と同じ現象である。この「イネガル音符」や「カダンス」に関わる、拍節の「ムーヴマン」という古典派以前の音楽概念を援用して考察するなら、「七五調」の「字余り」の意味とそれが許される条件、「四三調結句の忌避」の理由が、「ムーヴマン」の加速の方向を区別して認識することで明快に説明できる。また、この「ムーヴマン」の加速方向という観点で、現代の口語を分析すれば、日本語固有のリズムの原理が明らかになる。2語が連結されると、後の語頭が濁る現象、あるいは「乱れ」と捉えられている言葉の変形も、この原理に従った法則性の高いものである。