研究紀要 41 (2006)  請求記号 = [PB102 41]

著作者 西川 惠( Nishikawa Megumi )
タイトル 前置詞onの異なる語義の習得について
( Acquisition of Different Senses of Preposition on )
ページ 81-86
本文の言語 日本語
キーワード 語彙習得 / 異なる語義の習得 / プロトタイプ的・コアな意味 / 周辺的・比喩的意味
抄録 本論文は英語語彙に関する日本人英語学習者の知識の質、あるいは「深さ」の調査について扱ったものである。これまで語彙の量、あるいは「サイズ」について扱った論文は多かったが、語彙の意味情報だけではなく、コロケーション、文法機能、音声情報など様々な知識を測定することについては扱われてこなかった。日本人英語学習者にとって英語の語彙学習は大きな比重を占めるものである。しかし、苦労をして相当な量を暗記したにもかかわらず、その効果を実感することが少ないのが現実なのではないだろうか。これは語彙量だけが重視され、それらをいかに使いこなすかにはあまり関心が無かったためである。コミュニケーション力が問われるこれからの時代のニーズに適した語彙学習指導は暗記した語彙を効果的に使いこなせる能力が重要となる。本論文では語彙の中でも特に前置詞onに焦点を当て、語彙知識の質について議論する。