研究紀要 41 (2006)  請求記号 = [PB102 41]

著作者 横山 修一郎( Yokoyama Shuichiro )
タイトル ベアトリーチェの強い輝き : 「天国」第3歌結末部から第4歌冒頭部への話の展開をめぐって
( Lo splendore vivo di Beatrice : Paradiso III - Paradiso IV )
ページ 97-107
本文の言語 日本語
キーワード ダンテ・アリギエーリ / 『神曲』 / 特別な女性 / 天国 / 永遠と時間
抄録 ダンテ・アリギエーリ作『神曲』の「天国」第3歌結末部において、ベアトリーチェは登場人物ダンテに対して強い輝きを放つ。すると登場人物ダンテは沈黙する。つづく第4歌冒頭部においては、2つの疑問の狭間でどちらを先に話すべきかわからずに沈黙する登場人物ダンテが描かれる。理由の異なる2つの沈黙がつづけて描かれることに違和感を覚えたことが本稿の執筆動機である。本稿では、まずベアトリーチェの強い輝きの意味を探る。第3歌結末部のベアトリーチェの強い輝きは、ベアトリーチェが見るための照明のような役割を果たしている。このことを踏まえて2つの沈黙の関係を整理する。その上で、「天国」第4歌においてベアトリーチェが述べることを確認し、「天国」第3歌結末部から第4歌冒頭部への話の展開が、作者ダンテのどのような意図により構成されているかを明らかにする。