研究紀要 40 (2005)  請求記号 = [PB102 40]

著作者 西川 惠( Nishikawa Megumi )
タイトル 英語語彙学習におけるインプット処理方法について
( A Study on Input Processing in Second Language Vocabulary Acquisition )
ページ 63-69
本文の言語 日本語
キーワード 語彙学習 / インプット処理 / paired association method / コンテクスト / depth of processing仮説
抄録 本論文は、日本人英語学習者の英語語彙学習の際のインプット処理方法に焦点を当てた実験につい
て扱ったものである。Paired association methodとスピーキング活動の2種類の処理方法を比較し、どちらが英語語彙学習に効果的かを調べた。今回の実験の結果では、単語によってはスピーキング活動が高い保持率につながるが、必ずしもすべての単語に有効であるわけではないことが判明した。単語によっては学習方法が全く関係ないことも判明し、単語の性質や学習者の習得段階によって適した学習方法が異なることが分かった。本論文の最後では今回の実験で得られた反省点と今後の改善策を挙げた。