研究紀要 40 (2005)  請求記号 = [PB102 40]

著作者 末松 淑美( Suematsu Yoshimi )
タイトル 認知意味論と外国語教育の接点を求めて
( Anwendungsmoglichkeiten des "Image Schemas" im Fremdsprachenunterricht )
ページ 53-62
本文の言語 日本語
キーワード 認知意味論 / イメージ・スキーマ / 外国語教育 / 中間言語
抄録 言語学の一領域である意味論は、主に言葉の意味を、それぞれの言語固有の特徴をとらえながら記述する。いっぽう外国語教育研究では、学習過程が研究対象であり、学習ストラテジーや学習者の認知的側面が重要になる。個別言語の特徴は中心テーマではない。本稿では、認知意味論の中でも重要な概念であるイメージ・スキーマによる意味記述が、言語学習のプロセスを考えるときにどのように役立つか、ドイツ語の話法の助動詞を例に考察してみる。教材から読み取れる学習プロセスを比較し、視覚的イメージの使用は学習者の中間言語の変化を記述するだけでなく、学習プロセスを改善できる可能性もあることを述べる。