研究紀要 40 (2005)  請求記号 = [PB102 40]

著作者 酒井 美恵子( Sakai Mieko )
タイトル 学生の指導力を養う音楽科教育法の研究
( A Study on Pedagogy for Music Education to Enhance Student's Teaching Abilities )
ページ 43-52
本文の言語 日本語
キーワード 楽曲の特徴 / 学習指導要領 / 指導計画の作成
抄録 音楽大学の学生がもっている音楽を聴き取ったり、感じ取ったりする力は優れている。しかし、その優れた力を、音楽科の教員として生かせるようになるまでには、多くのステップが必要である。本稿では、学生が楽曲について記述した内容を分析して、その特徴を示す。そして、学生のもっている力が教員として生かせる場面と、学生が指導計画を作成するまでに習得するべき事柄を、学習指導要領の変遷や、指導計画の具体例を提示しながら明らかにする。そして、その結果を音楽科教育法に生かしていくことをねらいとする。