研究紀要 39 (2004)  請求記号 = [PB102 39]

著作者 Tokuma Won( 徳間 苑 )
タイトル Cross-language study of English fricatives by Japanese listeners
( 英語摩擦音の日本人による聴覚 : 言語間の研究 )
ページ 83-90
本文の言語 英語
キーワード fricative perception / spatial representation / second-language perception
抄録 本論文は成人の外国語学習者が外国語の音をどのように聞き取るかについての試論である。分析方法に関して、配置モデル化という方法で、英語の無声摩擦音に関する2つの実験のデータを、MDSを使って調べてみた。結果としては、英語の摩擦音は2次元の聴覚平面で最適のモデル化ができるということが示された。この分析方法を使い、最後に日本人の英語摩擦音における聴覚に関する研究構想を述べた。