研究紀要 39 (2004)  請求記号 = [PB102 39]

著作者 増田 聡( Masuda Satoshi )
タイトル 音楽著作権の文化的効果 : 「大地讃頌」事件を検討する
( Cultural Effects of Music Copyright : An Examination of the Case of "Daichi-Sansho" )
ページ 53-62
本文の言語 日本語
キーワード 音楽著作権 / 大地讃頌 / 作品概念 / 同一性保持権
抄録 本論文では、クラシック音楽の作曲家である佐藤眞の作品、「大地讃頌」が、ジャズバンドであるPE'Zにカヴァーされたことによって生じた法的な争いについて検討する。佐藤は、自身が持つ同曲の翻案権(編曲権)と同一性保持権(著作者人格権)が、PE'Zのカヴァー・ヴァージョンによって侵害されたことを主張した。PE'Z側はその主張を受け入れ、今後の演奏停止と同曲のCDの発売停止に同意し、和解した。この事件を、法的な水準と文化的な水準からそれぞれ検討し、音楽著作権制度が現代の音楽実践において、クラシック音楽的な文化規範を、他の様々な音楽実践へと及ぼす効果を果たしていることを明らかにする。