研究紀要 39 (2004)  請求記号 = [PB102 39]

著作者 Evelyn G. Yokota( 横田 エベリン )
タイトル Estella Finch and the Army and Navy Mission Club, Part IV : Some Thoughts on War and Peace (1895-1918)
( エステラ・フィンチと陸海軍人伝道義会(4) )
ページ 91-97
本文の言語 英語
キーワード Estella Finch / Hoshida Mitsuyo / 軍人伝道 / Uchimura Kanzo
抄録 エステラ・フィンチと内村鑑三の関係は、彼女が日本に帰化し星田光代となった後、ますます深まった。彼らが属する団体の関係も同様だった。彼らはたびたび会談し、宗教的なあるいはそれ以外のさまざまな事柄について語り合った。この論文では、1895年から1918年にかけて、彼らがそれぞれ戦争と平和について考えあるいは語ったことについて詳述している。