国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

研究紀要 41号-

41 (2006)

請求記号 = [PB102 41]

著作者 タイトル ページ 抄録
伊藤 直子
( Ito Naoko )
スッペ《ボッカッチョ》の成立と受容について
( Entstehung und Rezeption von Suppes Boccaccio )
1-11
大塚 直
( Otsuka Sunao )
この恐ろしい夢に終わりはないのか? : ボートー・シュトラウスの『タイタス・アンドロニカス』改作劇『凌辱』について
( Wann endet dieser furchterliche Schlaf? : Zu Botho Strauss' Schandung nach dem TITUS ANDRONICUS von Shakespeare )
13-24
門脇 郁子
( Kadowaki Ikuko )
R. シューマンの歌曲研究(V) : 『リーダークライス』作品39における象徴的表現(II)
( R.Schumann's Lieder (V) : Die Symbolik von "Liederkreis" op.39 (II) )
25-36
小林 菜美
( Kobayashi Nami )
ヴィアルド=ガルシアの歌曲研究 : テクストと音楽の関係
( A Study on the Songs of Viardot=Garcia : Relations between "Text" and Music )
37-47
島津 寛
( Shimazu Hiroshi )
文の定義とそのロマンス系言語(仏・西・伊)テクストにおける適用
( La definition de la phrase et son application a des textes des langues romanes (le francais, l'espagnole et l'italien) )
49-60
中溝 一恵
( Nakamizo Kazue )
描かれた木琴 : 江戸時代の木琴をめぐる図像分析試論
( Xylophones Depicted in Japanese Prints of the 19th Century : A Study on Analysis of Depicted Musical Instruments )
61-72
Nannini Alda
( ナンニーニ アルダ )
Lat. necesse and its Derivatives : Words for Philosophy and Daily Life(III)
( ラテン語《necesse》とその派生語 : 哲学と日常のための言葉(III) )
73-79
西川 惠
( Nishikawa Megumi )
前置詞onの異なる語義の習得について
( Acquisition of Different Senses of Preposition on )
81-86
古山 和男
( Furuyama Kazuo )
トワノ・アルボーの《オルケゾグラフィー》における「ムーヴマン」の概念 : フランス・ルネサンス舞曲のリズムについて
( The Concept of <mouvement> in "Orchesographie" by Thoinot ARBEAU : On Rhythm of French Renaissance Dance Music )
87-95
横山 修一郎
( Yokoyama Shuichiro )
ベアトリーチェの強い輝き : 「天国」第3歌結末部から第4歌冒頭部への話の展開をめぐって
( Lo splendore vivo di Beatrice : Paradiso III - Paradiso IV )
97-107
Kobinata Hidetoshi
( 小日向 英俊 )
The Reception of Asian Musics in Modern Japan : Who were learning Indian music?
( 現代日本におけるアジア音楽の受容 : 誰がインド音楽を習ったか? )
109-117
酒井 美恵子
( Sakai Mieko )
中学校音楽科における三味線の導入に関する一考察
( A Study on Introducing Shamisen to the Class of Music in Junior High School )
119-130
清水 康子
( Shimizu Yasuko )
フランス文学における舞踊(I) : 中世からルネサンスへ
( La Danse en litterature francaise(I) : Du Moyen-Age a l'epoque de la Renaissance )
131-142
横井 雅子
( Yokoi Masako )
19世紀ハンガリーにおけるジプシー楽団受容 : 逐次刊行物に見るハンガリーのロマ音楽(家)
( The Reception of Gypsy Bands in 19th Century Hungary : A Study of Hungarian Roma Music(Musicians) from Periodicals )
143-154
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
トレルチのランケ観について
( Uber E.Troeltschs Auffassung von L.v.Ranke )
168-162



42 (2007)

請求記号 = [PB102 42]

著作者 タイトル ページ 抄録
五十嵐 蕗子
( Igarashi Fukiko )
ハンナ・ヘーヒの『民族誌博物館から』シリーズについて : 女性性と批判性
( Uber die Reihe "Aus einem ethnographischen Museum von Hannah Hoch" : Weiblichkeit und kritische Haltung )
1-12
伊藤 直子
( Ito Naoko )
大正期のオペレッタ受容 : 《ボッカチオ》を例に
( Operettenrezeption in der Taisho Zeit : ein Beispiel von Suppes Boccaccio )
13-24
小澤 慎吾
( Ozawa Shingo )
イタリア語ディクションとヴァッカーイ(1)
( La dizione italiana e Vaccaj(1) )
25-36
草野 明子
( Kusano Akiko )
R.シューマン《ダヴィッド同盟舞曲集》作品6 : 初版と第2版の考察
( Uber R.Schumanns "Davidsbundlertanze" Op.6 : in Betrachtung dessen ersten und zweiten Ausgaben )
37-48
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
日独モダリティの意味論的対照研究をするための共通基盤を求めて : 1995年版と2006年版Dudenのsollenの意味記述を比較する
( Semantische Kriterien als Basis fur eine kontrastive Arbeit der deutschen und japanischen Modalitaten : Ein Vergleich der Beschreibungen uber sollen aus den Duden von 1995 und 2006 )
49-58
中西 千春 / 林 千代 / 内野 泰子 / 大濱 えり / 小林 和歌子 / 佐久間 晶子 / 高田 麻里 / 葉田野 不二美 / 山中 暁子
( Nakanishi Chiharu / Hayashi Chiyo / Uchino Yasuko / Ohama Eri / Kobayashi Wakako / Sakuma Akiko / Takada Mari / Hatano Fujimi / Yamanaka Akiko )
国立音楽大学における「英語コミュニケーション」授業実践
( English Communication Classes at Kunitachi College of Music )
59-70
沼口 隆
( Numaguchi Takashi )
ベートーヴェンの《ミサ・ソレムニス》は異化されたのか
( Ist Beethovens Missa solemnis verfremdet? )
71-77
野中 映
( Nonaka Ei )
敬語の新しい区分について
( A Study on the New Classification of Honorifics )
79-88
古山 和男
( Furuyama Kazuo )
「七五調」を支配する日本語の「ムーヴマン」 : 日本語のリズム原理
( 'Mouvement' that Rules Japanese Poetical 'Septem & Penta Metre' : The Principle of Japanese Metrical Rhythm )
89-100
宇佐美 明子 / 神原 雅之
( Usami Akiko / Kambara Masayuki )
保育者養成における「保育内容表現」の授業改善
( An Attempt to Improve the Pre-school Teacher Education Course : "Hoiku Naiyo Hyogen (Expressions for Pre-school Care)" )
101-112
酒井 美恵子
( Sakai Mieko )
音楽の授業を構想し実践する力に関する調査
( A Survey of Student Teachers' Ability to Constitute Music Classes )
113-124
崎川 修
( Sakikawa Osamu )
前期ウィトゲンシュタインと表現の問題
( Ausdruck und Beruhrung beim fruhen Wittgenstein )
125-134
清水 康子
( Shimizu Yasuko )
フランス文学における舞踊(II) : 古典主義の時代から啓蒙主義の世紀へ(1)
( La Danse en litterature francaise(II) : De l'epoque classique au siecle des lumieres(1) )
135-144
長島 剛子 / 梅本 実
( Nagashima Takeko / Umemoto Minoru )
長島剛子・梅本実リートデュオ・リサイタル : 世紀末から20世紀へPart VI
( Takeko Nagashima & Minoru Umemoto Lied Duo Recital : from the end of 19th century to 20th century Part VI )
145-156
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
マイネッケにおける第一次世界大戦の体験とランケ観の変化
( F.Meineckes Erlebnis des Ersten Weltkrieges und die Veranderung seiner Auffassung von L.v.Ranke )
174-163



43 (2008)

請求記号 = [PB102 43]

著作者 タイトル ページ 抄録
大塚 直
( Otsuka Sunao )
"The time is out of joint" : ベルトルト・ブレヒトとハイナー・ミュラーの〈教育劇〉に映じた正義と例外状態について
( "The time is out of joint" : Gerechtigkeit und Ausnahmezustand im Spiegel der Lehrstucke von Bertolt Brecht und Heiner Muller )
1-12
小澤 慎吾
( Ozawa Shingo )
イタリア語ディクションとヴァッカーイ(2)
( La dizione italiana e Vaccaj(2) )
13-24
加藤 一郎
( Kato Ichiro )
ショパンとバロックの精神 : スティル・ブリゼの応用を通して
( Chopin and Spirit of Baroque : Application of Style Brise )
25-36
阪井 恵
( Sakai Megumi )
〈音楽づくり〉の理論をめぐるスタンスの整理 : 学習論における客観主義 vs. 構成主義,「音楽」観における本質主義 vs. 構成主義
( Clarifying Some Theoretical Positions on "Ongaku-zukuri" : Constructivism vs. Objectivism as a View of Learning and Constructivism vs. Essentialism as a View of 'Music' )
37-48
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
日本語のモダリティにおける意志表現
( Volitive Ausdrucke in der Modalitat des Japanischen )
49-57
中西 千春 / 林 千代 / 内野 泰子 / 大濱 えり / 小林 和歌子 / 佐久間 晶子
( Nakanishi Chiharu / Hayashi Chiyo / Uchino Yasuko / Ohama Eri / Kobayashi Wakako / Sakuma Akiko )
国立音楽大学で効果的に英語指導をするために
( For Effective College English Classes at Kunitachi College of Music )
59-70
中村 仁
( Nakamura Jin )
保護検束と初期ナチ強制収容所 : ヴォルフガング・ラングホフの『沼地の兵士たち』を一例として(1)
( Schutzhaft und die fruhen NS-Konzentrationslager : anhand von Wolfgang Langhoffs "Die Moorsoldaten"(1) )
71-76
森田 学
( Morita Manabu )
プッチーニのオペラ作品における詩句の扱いに関する一考察 : ミミのアリア「私の名はミミ」について
( Una considerazione sul linguaggio pucciniano : l'aria "Si, mi chiamano Mimi" de La Boheme )
77-87
吉野 雪子
( Yoshino Yukiko )
河東節とその三味線方
( Kato-bushi and Shamisen Players )
89-99
宇佐美 明子
( Usami Akiko )
教育する側とされる側の性差を熟慮した教育内容の見直しの必要性について : 幼児期と児童期にみられる男女の表現特徴の比較から
( Review of the Education Content Based on Gender of Educational Providers and Recipients : Comparing Characteristics of Expression by Gender during Kindergarten Age and Elementary School Age )
101-112
内山 澄孝
( Uchiyama Sumitaka )
教育実習生により作成された学習指導案についての分析
( An Analysis of the Teaching Plans Framed by the Student Teachers )
113-124
酒井 美恵子
( Sakai Mieko )
新学習指導要領に向けた音楽科教育法の課題
( Pedagogical Challenges in Satisfying the Requirements of the New Official Guidelines for Music Education )
125-135
清水 康子
( Shimizu Yasuko )
フランス文学における舞踊(III) : 古典主義の時代から啓蒙主義の世紀へ(2)
( La Danse en litterature francaise (III) : De l'epoque classique au siecle des lumieres (2) )
137-148
一ノ瀬 俊和
( Ichinose Toshikazu )
イタリア語教授法「会話再構築メソッド」
( Il metodo didattico di lingua italiana "Ricostruzione di conversazione semplice" )
149-158
根岸 正海
( Negishi Masami )
「豊後節以前」の音曲詞章 : 延享二年正月
( JORURI Texts of MIYAKOJI-BUSHI in KABUKI Theatre in 1745 )
178-167
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
マイネッケの歴史主義論における「ゲーテとランケ」
( "Goethe und Ranke" in der Historismus-Auffassung Friedrich Meineckes )
186-179



44 (2009)

請求記号 = [PB102 44]

著作者 タイトル ページ 抄録
伊藤 直子
( Ito Naoko )
《夜の森》の帝劇公演(1913)をめぐって : ドイツ・オペラ受容の一側面
( "Yoru-no-Mori" am Kaiserlichen Theater (1913) : ein Rezeptionsaspekt der deutschen Oper )
1-11
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
翻訳プロセスの中でsollenの意味を捉える
( Die Bedeutung von sollen im Übersetzungsprozess )
13-23
古山 和男
( Furuyama Kazuo )
ゲーテの詩によるベートーヴェンの歌曲の革命性について : 「ロココ」から「疾風怒濤」の時代へ
( On Revolutionariness of Beethoven's 'Lieder' composed to the Pieces of Poetry by Goethe : From 'Rococo' to the Era of 'Strum und Drang' )
25-36
横山 修一郎
( Yokoyama Shuichiro )
喜びから生まれる世界 : 『神曲』の「天国」第2歌をめぐって
( Gli organi del mondo derivati dalla natura lieta (Paradiso, II) )
37-46
吉成 順
( Yoshinari Jun )
19世紀のプロムナード・コンサート : ミュザールとジュリアンの音楽活動に関する予備的調査報告
( Promenade Concerts in 19th Century : A preliminary research on the activities of P. Musard and L. Jullien )
47-58
小林 菜美
( Kobayashi Nami )
ヴィアルド=ガルシアの歌曲研究 その2 : 「12の歌曲集」におけるテクストと音楽の関係
( A Study on the Songs of Viardot=Garcia No.2 : Relations between "Text" and Music in "Twelve Lieder" )
59-70
中西 千春 / 林 千代 /  小林 和歌子 /
佐久間 晶子
( Nakanishi Chiharu / Hayashi Chiyo / Kobayashi Wakako / Sakuma Akiko )
大学英語授業におけるCan-doリストの効果
( Effects of Can-do Lists at College English Classes )
71-82
中畑 邦夫
( Nakahata Kunio )
「観念」と「現実」との困難な関係 : ルソーの場合
( A difficult relationship between 'idea' and 'reality' : on the case of Rousseau )
83-91
Kobinata Hidetoshi
( 小日向 英俊 )
The reception of cross-cultural musics in modern Japan and the role of Min-On : With a focus on South Asian musics
( 現代日本における異文化音楽の受容と民主音楽協会の役割 : 南アジア音楽を中心に )
93-103
山内 のり子
( Yamauchi Noriko )
シューベルトのピアノソナタと交響曲
( Les sonates pour piano et les symphonies de Schubert )
105-112
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ランケとヘーゲル
( Ranke und Hegel )
132-122



45 (2010)

請求記号 = [PB102 45]

著作者 タイトル ページ 抄録
伊藤 直子
( Ito Naoko )
《魔笛》の帝劇公演(1913)をめぐって : ドイツ・オペラ受容の一側面
( "Die Zauberflöte" am Kaiserlichen Theater (1913) : ein Rezeptionsaspekt der deutschen Oper )
1-11
佐藤 岳晶
( Sato Takeaki )
グローバル化時代の伝統邦楽再考(その1) : 記憶・想起からの想像/創造
( Reconsidering Japanese traditional music in the age of globalization (1) : Imagination/Creation by remembering and recalling )
13-24
清水 康子
( Shimizu Yasuko )
フランス文学における舞踊(IV) : 古典主義の時代から啓蒙主義の世紀へ(3)
( La Danse en littérature française (IV) : De l'époque classique au siècle des lumières (3) )
25-36
中西 千春 / 林 千代
( Nakanishi Chiharu / Hayashi Chiyo )
大学英語授業の到達目標としてのCan-doリスト
( A Study of Can-do Statements as Curriculum Aims at College English Classes )
37-48
中畑 邦夫
( Nakahata Kunio )
「美」による「自然」からの離脱 : 坂口安吾「桜の森の満開の下」
( Separation from 'Nature' through 'Beauty' : Sakaguchi Ango's Sakura no mori no mankai no shita )
49-60
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
翻訳における意味の等価関係の記述について
( Beschreibungsversuch der semantischen Äquivalenzen in der Übersetzung )
61-72
宮谷 尚実
( Miyatani Naomi )
ハーマンにおける翻訳
( Übersetzung bei J. G. Hamann )
73-75
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ランケとフランス七月革命
( Ranke und die französische Julirevolution )
96-86



46 (2011)

請求記号 = [PB102 46]

著作者 タイトル ページ 抄録
青木 理香
( AOKI Rika )
複数の第二言語を学習する日本の大学生の態度と動機
( Attitudes and Motivation in Multiple Second Language Acquisition : A Case of Japanese University Students )
1-7
伊藤 直子
( ITO Naoko )
演劇とオペラの間 : ハウプトマン『沈鐘』の本邦初演(1918)をめぐって
( Zwischen Drama und Oper: Uraufführung von Hauptmanns Die versunkene Glocke in Japan (1918) )
9-20
佐藤 岳晶
( SATO Takeaki )
グローバル化時代の伝統邦楽再考(その2) : 普遍/差異 音楽・言語の「抗争(ディフェラン)」
( Reconsidering Japanese traditional music in the age of globalization (2) : Universality / Difference : Differend between musics or between languages )
21-32
沼口 隆
( NUMAGUCHI Takashi )
C.W. グルックとF. ベルトーニの《オルフェオとエウリディーチェ》 : 「オペラ改革」への一視点
( Orfeo ed Euridice of C.W. Gluck and F. Bertoni : A Viewpoint to the Reform of Opera )
33-40
古山 和男
( FURUYAMA Kazuo )
日本語の「ムーヴマン」を維持する「長音」「促音」「撥音」 : バロック期の音楽理論による日本語の拍節リズム原理の考察
( The 'Long Vowel', 'Geminate Consonant', and 'Syllable Nasal' that maintain mouvement in the Japanese Language: Applying Music Theory of the Baroque Era to the Principle of Japanese Metrical Rhythm )
41-50
礒山 雅
( ISOYAMA Tadashi )
《ロ短調ミサ曲》の受容と現在 : その「普遍性」をめぐって
( Rezeption und Gegenwart der h-moll-Messe von J. S. Bach )
51-60
小林 菜美
( KOBAYASHI Nami )
ヴィアルド・ガルシアの歌曲におけるTextと音楽の関係について
( The Relations between Text and Music in the Songs of Viardot Garcia )
61-72
清水 康子
( SHIMIZU Yasuko )
フランス文学における舞踊(V) : 古典主義の時代から啓蒙主義の世紀へ(4)
( La Danse en littérature française (V) : De l'époque classique au siècle des lumières (4) )
73-84
TAMURA Fujimi
( 田村 不二美 )
English Proficiency, Vocabulary Size, and the Amount of Studying English : A Case Study of the Kunitachi College of Music Students
( 英語力、語彙サイズと英語学習量に関する事例研究 : 国立音楽大学生の実態と教育的示唆を求めて )
85-94
中西 千春
( NAKANISHI Chiharu )
CLIL型学習(内容言語統合型学習)とは何か
( What is CLIL (Content and Language Integrated Learning)? )
95-105
HAYASHI Chiyo
( 林 千代 )
An Integrated Reading Instruction for Second Language (L2) Reading
( L2読解指導のための統合的なアプローチ )
107-113
宮入 恭平
( MIYAIRI Kyohei )
3.11が日本のポピュラー音楽シーンに与えた影響
( Impacts of 3.11 on the Popular Music Scene in Japan )
115-126
KOBINATA Hidetoshi
( 小日向 英俊 )
South Asian Musics in Recordings : Old and New Publications in Japan
( 南アジア音楽の録音物 : 日本における新旧刊行物 )
127-136
横井 雅子 / 森 太郎
( YOKOI Masako / MORI Taro )
フォークトラント周辺地域における楽器製造の歴史と現状 : 予備調査から見る問題点
( Geschichte und Gegenwart des vogtländischen Musikinstrumentenbaues : Voraussichtliche Aufgabe )
137-143
宮谷 尚実
( MIYATANI Naomi )
音大ドイツ語上級授業におけるCLIL的試み
( CLIL-Deutschunterricht für Musikstudierende? )
145-149
佐藤 真一
( SATO Shinichi )
ランケとペルツ
( Ranke und Pertz )
170-161



47 (2012)

請求記号 = [PB102 47]

著作者 タイトル ページ 抄録
卜部 明
( URABE Akira )
学校における“こころのケア” : その必要性と課題、そして保護者支援の重要性~
( Psychosocial Approaches at Schools Following Traumatic Events : The Need of Caring, Challenges and the Importance of Helping Parents )
1-9
久保田 慶一
( KUBOTA Keiichi )
モーツァルト家のキャリア教育
( Career Education in the Mozart Family )
11-22
末松 淑美
( SUEMATSU Yoshimi )
sollen, zullen, shallの意味論的比較研究
( Vergleichende Studien zur Semantik von sollen, zullen und shall )
23-34
寺沢 拓敬
( TERASAWA Takunori )
日本社会における「国際化のための英語」観の変遷 : 戦後期の世論調査の検討を通して
( Historical Changes of Japanese Attitudes toward English Learning for Internationalization : An Examination of Public-Opinion Polls Conducted in the Postwar Era )
35-44
中畑 邦夫
( NAKAHATA Kunio )
「自己」への「距離」、「美」への「距離」 : 坂口安吾の日本文化論
( A Distance to ‘Self’ and ‘Beauty’ : On the Theory of Japanese Culture by Sakaguchi Ango )
45-52
古山 和男
( FURUYAMA Kazuo )
日本語における連濁の原理 : 音楽の拍節理論による日本語アーティキュレーションの音韻論的考察
( The Principle of Sequential Voicing (Rendaku) in Japanese : Applying Music Theory of Meter to a Phonological Study on Articulation of Japanese─ )
53-64
清水 康子
( SHIMIZU Yasuko )
フランス文学における舞踊(VI) : ロマン主義の時代へ
( La Danse en littérature française (VI) : Vers l’époque romantique )
65-75
槌谷 智子
( TSUCHIYA Tomoko )
語り継がれるもの : パプアニューギニア・フォイの口頭伝承について
( Things handed down : A case study of oral traditions among the Foi in Papua New Guinea )
77-86
中西 千春
( NAKANISHI Chiharu )
CLIL(内容言語統合)型学習英語教材と教師用マニュアルの評価
( Evaluating CLIL Materials and Teacher’s Manual )
87-97
長谷川 悦朗
( HASEGAWA Etsuro )
オペラ舞台上の「革命」 : ロルツィングのオペラ《レギーナ》について
( „Revolution“ auf der Bühne ─Zu Lortzings Oper 《Regina》─ )
99-106
HAYASHI Chiyo
( 林 千代 )
Children’s Literature for Adult L2 Learners
( 大人の第2言語学習者のための児童文学 )
107-115
宮入 恭平
( MIYAIRI Kyohei )
抵抗の音楽 : 日本のポピュラー音楽シーンにおける反原発運動
( Music of Resistance : Anti-Nuclear Movements of Popular Music Scenes in Japan )
117-127
安川 智子
( YASUKAWA Tomoko )
ヴェッケルランJ. B. Weckerlinによる《町人貴族》(モリエール/リュリ)の伴奏づけと19世紀における「転調」の概念(1)
( Realization of “Le Bourgeois gentilhomme” (Molière / Lully) by J. B. Weckerlin and the Concept of "Modulation" in the 19th Century )
129-140
今尾 滋
( IMAO Shigeru )
ヘルデンテノールの系譜 その1
( Genealogy of the Heldentenor )
141-152
伊藤 直子
( ITO Naoko )
伊庭孝の生涯と大正期における著作目録稿
( Iba Takashi: Sein Leben und seine Werke in der Taisho-Zeit )
153-164
森 太郎 / 白石 美雪 / 横井 雅子
( MORI Taro / SHIRAISHI Miyuki / YOKOI Masako )
クリンゲンタール国際アコーディオン・コンクールの歴史と現状
( Geschichte und Gegenwart des Internationalen Akkordeonwettbewerbs in Klingenthal )
165-171
佐藤 真一
( SATO Shinichi )
ランケとゲンツ
( Ranke und Gentz )
192-182



48 (2013)

請求記号 = [PB102 48]

著作者 タイトル ページ 抄録
卜部 明
( URABE Akira )
スクールカウンセラーの支援につながる経緯 : トラウマケースとその他のケースの比較
( How children and their parents get support from school counselors : The difference between trauma cases and others )
1-11
神戸 愉樹美
( KAMBE Yukimi )
ヴィオラ・ダ・ガンバの基本文献と解題 : 国立音楽大学附属図書館所蔵調査を踏まえて
( Bibliographical Introductions to Basic Sources on the Viola da Gamba : Research Based on Materials possessed by the Kunitachi College of Music Library )
13-24
沼口 隆
( NUMAGUCHI Takashi )
ベートーヴェンのピアノ・ソナタOp. 106 「ハンマークラヴィーア」の2つの初版とイギリス初版の意義
( The Two First Editions of the Piano Sonata Op. 106, the "Hammerklavier" by Ludwig van Beethoven and the Meaning of the English First Edition )
25-33
古山 和男
( FURUYAMA Kazuo )
ジョルジュ・オーリックの音楽による映画《ローマ人の休日》における「皇帝ティトゥスの慈悲」 : 擬装された国歌
( 〈La Clemenza di Tito〉 in 《Roman Holiday》 scored by Georges AURIC : Manipulated National Anthems )
35-46
松岡 新一郎
( Matsuoka Shinichiro )
数学における表象再現をめぐる若干の考察
(A few remarks on Representation in Mathematics )
47-55
小林 菜美
( KOBAYASHI Nami )
ニーノ・ロータ声楽作品研究 その3 歌曲の意味
( A study of the Vocal Works of Nino Rota -No.3… : The Meaning of his Songs )
57-68
清水 康子
( SHIMIZU Yasuko )
フランス文学における舞踊(VII) : 舞踊の世紀へ向けて
( La Danse en littérature française (VII) : Vers le siècle de la danse )
69-80
槌谷 智子
( TSUCHIYA Tomoko )
語り継がれるもの その2 : パプアニューギニア・フォイの口頭伝承について
( Things Handed down Part 2 : A Case Study of Oral Traditions among the Foi in Papua New Guinea )
81-92
中西 千春
( NAKANISHI Chiharu )
英語力下位層を対象としたCLIL(内容言語統合)型学習の可能性 : CLIL型学習教材開発者Phil Ball氏の著述とインタビューから
( Possibilities of CLIL for Japanese College Underachievers in English : Based on the Articles and Interview of Mr. Phil Ball )
93-104
中西 千春 / 塩原 麻里 / 本島 阿佐子 / 金子 恵
( NAKANISHI Chiharu / SHIOBARA Mari / MOTOJIMA Asako / KANEKO Megumi )
音大生の学びをアクティブにする試み
( Engaging Music Students in Active Learning )
105-116
長谷川 悦朗
( HASEGAWA Etsuro )
オペラにとってメタ次元とは何か : ロルツィングのオペラ《オペラの稽古》について
( Meta-Ebene der Oper : Zu Lortzings Oper 《Opernprobe》 )
117-124
HAYASHI Chiyo
( 林 千代 )
Motivation for First Language (L1) Reading
( L1リーディングに対するモチベーション )
125-136
森 太郎
( MORI Taro )
アコーディオン共鳴部の数値シミュレーション
( Numerische Simulation der Resonanzteile eines Akkordeons )
137-144
宮谷 尚実
( MIYATANI Naomi )
詩編第4編第5節における「沈黙」の意味 : ルターとハーマンの場合
( Die Bedeutung von „Schweigen“ im Psalm 4, 5 bei Luther und Hamann )
145-149


49 (2014)

請求記号 = [PB102 49]

著作者 タイトル ページ 抄録
伊藤 直子
( ITO Naoko )
伊庭孝における音楽劇の萌芽 : ゲーテ『ファウスト』の上演(1913)をめぐって
( Beginn des Musiktheaters bei Iba Takashi: Zur Auffuhrung von Goethes "Faust" (1913) )
1-12
卜部 明
( URABE Akira )
外傷的出来事のあと、学校において何をすべきかを考えるために
( To think about what we should do at schools following potentially traumatic events. )
13-24
佐藤 岳晶
( Sato Takeaki )
「声の文化」オラリティーに生きる音楽を求めて ─長唄三味線 今藤長龍郎師の稽古の考察から─
( Reconsidering Orality in Music : an analysis of a Nagauta Shamisen lesson by Master Imafuji Ch?tatsur? )
25-36
沼口 隆
( NUMAGUCHI Takashi )
チューリヒ歌劇場2013/14シーズンの《フィデリオ》新演出について
( Some Thoughts on a New Production of "Fidelio" in Zurich 2013/2014 )
37-45
林 千代
( HAYASHI Chiyo )
Fostering Less Proficient Students' Intrinsic Motivation for L2 Reading (English)
( 第2言語(英語)を苦手とする学習者のリーディングに対するモチベーションの育成 )
47-55
古山 和男
( FURUYAMA Kazuo )
『ラ・ボエーム』のミミとは何者か : エリジウムの音楽の系譜
( What is Mimi in 《La Boheme》? : A Genealogy of Music for the Elysian Fields )
57-68
高山 秀嗣
( TAKAYAMA Hidetsugu )
道徳教育の現在
( The Moral Education of Today )
69-80
槌谷 智子
( TSUCHIYA Tomoko )
語り継がれるもの その3 : パプアニューギニア・フォイの鳥の口頭伝承
( Things Handed down Part 3 : Oral Traditions about Birds among the Foi in Papua New Guinea )
81-92
中西 千春
( NAKANISHI Chiharu )
バスク自治州における言語教育とCLIL型学習の実践 中学校授業視察に基づいて
( Language Education and Content and Language Integrated Learning in the Basque Autonomous Community : Based on the Classroom Observation )
93-104
中西 千春 / 蔭山 真美子 / 本島 阿佐子 / 進藤 郁子
( NAKANISHI Chiharu / KAGEYAMA Mamiko / MOTOJIMA Asako / SHINDO Yuko )
フィードバックで人を伸ばす : 音楽を学ぶ人を対象に
( Supporting Students by Giving Feedback : For Students who Learn Music )
105-116
長谷川 悦朗
( HASEGAWA Etsuro )
シュピールオペラにおける合唱 : ロルツィングのオペラ《皇帝と船大工》について
( Der Chor in der Spieloper : Zu Lortzings Oper 《Zar und Zimmermann》 )
117-124
久元 祐子
( HISAMOTO Yuko )
18世紀末から19世紀前半における初期ピアノの特性に関する一考察
( A Consideration of the characteristics of the early pianos from the late 18th century up to the early 19th century )
125-136
古川 聡
( FURUKAWA Satoshi )
メロディ記憶研究の現状
( Recent advances in melodic memory studies )
137-145
トーマス・マイヤー=フィービッヒ
( Thomas MEYER-FIEBIG )
自作 「アフォリスメンI(2006)-オルガンの為の7つの作品 ヨハネス・ドリースラーへのオマージュ」について
( Zu meinem Orgelwerk "APHORISMEN I ? Sieben Stucke fur Orgel (2006) Hommage a Johannes Driessler" )
147-158
宮入 恭平
( MIYAIRI Kyohei )
〈右傾化〉する日本社会におけるJ-POPの立ち位置 : プロパガンダとしてのポピュラー音楽
( The Position of J-POP in the Rise of “Right Wing” of Japanese Society : Popular Music as Propaganda )
159-169
ロン 美香
( RON Mika )
疑似初級クラスでのポスターセッションの試み
( The Impact of Poster Session in False Beginners Class )
171-181
今尾 滋
( IMAO Shigeru )
ヘルデンテノールの系譜 その2
( Genealogy of the Heldentenor vol. 2 )
183-194
土肥 妙子
( DOI Taeko )
学生は英語授業をどう受け止めているのか : 前期「外国語コミュニケーション (英語)」授業で記入された学習者カードの分析
( How do students perceive their English learning experiences in the college classrooms? : Based on the analysis of students' notes filled in the Progress Card-D )
195-202
末松 淑美
( SUEMATSU Yoshimi )
アムステルダム大学のオランダ語集中講座
( Intensive Dutch Language Course at the University of Amsterdam )
203-212
井上 恵理 / 神原 雅之
( INOUE Eri / KAMBARA Masayuki )
ジュネーヴ・リトミック研修の成果と課題
( Report of the eurhythmics training in Geneva )
213-220
井上 郷子
( INOUE Satoko )
コンサートとシンポジウムの4日間<スイスの現代音楽シーン>の報告 : Report of 「4 Days of Concerts and Symposium 〜Contemporary Music from Switzerland」
( 4 Days of Concerts and Symposium : Contemporary Music from Switzerland )
221-232
小泉 惠子
( KOIZUMI Keiko )
「幼児発達の最先端研究に関する国際会議2014」 : 報告と考察
( International Symposium on Cutting-Edge Research of Early Child Development 2014: Report and Considerations )
233-239



50 (2015)

請求記号 = [PB102 50]

著作者 タイトル ページ 抄録
伊藤 直子
(Ito Naoko )
伊庭孝における新劇から浅草オペラへの道のり
( Iba Takashis Weg vom Theater zur Asakusa Oper )
1-10
卜部 明
( Urabe Akira )
子ども用自尊感情尺度 : 信頼性・妥当性の検討
( Self-Esteem Scale for Children : Examination of Reliability and Validity )
11-16
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
sollenの意味を文法化の視点から考える
( Bedeutungsvarianten von sollen unter dem Gesichtspunkt der Grammatikalisierung )
17-28
田辺 とおる
( Tanabe Toru )
フレーズ感・朗読・歌詞解釈から考察したドイツ歌曲/オペラ歌唱とその指導についての提言
( Proposal about Singing German Lieder and Operas, and its Instruction Based on Consideration of Phrase Feeling, Declamation, and Text Interpretations )
29-40
沼口 隆
( Numaguchi Takashi )
《エロイカ》の表紙に何が起きたのか?
( What was done to the cover page of the "Eroica"? )
41-50
山脇 一宏
( Yamawaki Kazuhiro )
クラスター分析による楽曲及び被験者の趣向分析
( Analysis of Music and Human Favorite with Cluster Analysis )
51-58
河瀬 彰宏
( Kawase Akihiro )
九州地方における日本民謡の旋律的特徴と地域性の計量的分析
( Quantitative Analysis of the Musical Schemas and the Regionality of Traditional Japanese Folk Songs in Kyushu Region )
59-67
栗山 和樹
( Kuriyama Kazuki )
映画音楽におけるジェームズ・ニュートン・ハワードの作曲技法
( An Analysis of James Newton Howard's Film Scoring Technique )
69-78
小林 菜美
( Kobayashi Nami )
ポリーヌ・ヴィアルド・ガルシアによるショパンマズルカの歌曲への編曲
(Transcription into Songs from Chopin's Mazurkas by Pauline Viardot Garcia )
79-90
佐藤 岳晶
( Sato Takeaki )
松阪春栄の二面箏による音楽言語と創造 その1 : ヘテロフォニーのリズム的「錯乱」
( Harue MATSUZAKA's Musical Language and Creativity in Koto Music (1) : "Délire" of Rhythm in Heterophony )
91-102
槌谷 智子
( Tsuchiya Tomoko )
語り継がれるもの その4 : パプアニューギニア・フォイのクラン起源神話
( Things handed down Part 4 : The Clan Origin Myths among the Foi in Papua New Guinea )
103-114
中西 千春
( Nakanishi Chiharu )
ブルームのタキソノミー改訂版「認知プロセス領域の分類」を活用するために
( Utilizing Revision of Bloom's Taxonomy of Cognitive Domain for Japanese Teachers )
115-126
中西 千春 / 本島 阿佐子 / 進藤 郁子 / 蔭山 真美子
( Nakanishi Chiharu / Motojima Asako / Shindo Yuko / Kageyama Mamiko )
音楽大学における思考力育成についての予備的調査
( A Preliminary Study for Enhancing Cognitive Skills in Music College )
127-138
Nannini Alda
( ナンニーニ アルダ )
Which Latin for Music Students? : A Work in Progress
( 音大生用のラテン語を求めて )
139-150
長谷川 悦朗
( Hasegawa Etsuro )
オペラにおける時代設定 : ロルツィングのオペラ《ローラントの従士たち》で再現される過去
( Die Zeitbestimmung in der Oper : Die vergegenwärtigte Vergangenheit in Lortzings Oper «Rolands Knappen» )
151-157
古川 聡
( Furukawa Satoshi )
発車メロディの心理学的研究に関する最近の動向
( Recent Advances in Psychological Studies of Signal Music in Railway Station )
159-168
古田 耕史
( Furuta Yasushi )
レオパルディの詩における「回帰」と「永遠」(1)
( "Ritorno" ed "eternità" nella poesia di Leopardi (1) )
169-179
宮入 恭平
( Miyairi Kyohei )
規制される文化実践 : 今日の社会における監視の影響
( Regulation of Cultural Practices : Impacts of Surveillance in Today's Society )
181-192
宮谷 尚実
( Miyatani Naomi )
言語起源論における沈黙 : ヘルダー『言語起源論』の場合
( Schweigen in Herders Abhandlung über den Ursprung der Sprache )
193-199
ロン 美香
( Ron Mika )
イスラエルのウルパンにおける言語教育
( The Language Education of Ulpan )
201-210
中溝 一恵
( Nakamizo Kazue )
楽器研究における所蔵楽器目録の意義 : 歴史的ピアノを事例として
( Relationship between Researches and Catalogue of Musical Instruments : Case Study of Historical Pianos )
211-217
松村 洋一郎
( Matsumura Yoichiro )
明治・大正期の雑誌(音楽誌を除く)における西洋クラシック音楽の作曲家に関する伝記情報 その1
( Biographical Information of Western Classical Music Composers in Japan as seen in Meiji and Taisho Era Magazines (except Musical Magazines) vol.1 )
219-228
三木 香代
( Miki Kayo )
ショパンのバラード第1番作品23の演奏法研究
( A Study of Ballade in G Minor Op.23 by F. Chopin )
229-239
井上 恵理
( Inoue Eri )
ヴェトナム・ホーチミン市立音楽院 ダルクローズ・リトミックセミナー報告
( Report of the Dalcroze Eurhythmics Seminar at Hochiminh City Conservatory of Music in Vietnam )
241-245
井上 郷子
( Inoue Satoko )
「第1回 両国アートフェスティバル2015」の報告
( The Report of "Ryogoku Art Festival 2015" )
247-252
氏家 厚文
( Ujiie Atsufumi )
英国におけるパイプ・アンド・テイバーに関する活動の概観
( Survey of Pipe and Tabor Activity in England )
253-262
住友 郁治
( Sumitomo Fumiharu )
CD「リサイタル」を巡って
( Interpretation of the CD "Recital" )
263-274
平部 やよい
(Hirabe Yayoi )
電子オルガン(Electone)における音響空間の構築法 : レジストレーション作成におけるエフェクト使用法の一考察
( Building Method in Sound Space in an Electronic Organ )
275-286
有森 直樹
( Arimori Naoki )
ピアノ奏法と肉体の関わりを考える
( Relation between Piano Performance and Body Movement )
287-288
進藤 郁子 / 堀江 志磨 / 近藤 伸子 / 濱尾 夕美 / 大島 優子 / 山内 のり子
( Shindo Yuko / Horie Shima / Kondo Nobuko / Hamao Yumi / Ohshima Yuko / Yamauchi Noriko )
国立音楽大学におけるピアノ指導者育成
( Piano Teacher Training in Kunitachi College of Music )
289-314
若林 勉
( Wakabayashi Tsutomu )
声楽初心者のグループ授業における総合的・多角的取り組み
( A Synthetic and Multi Approach to Group Vocal Lesson for Beginners )
315-326
青木 高志
( Aoki Takashi )
コンサートマスターから見たオーケストラ演奏
( Viewpoints from Concertmaster on Orchestra Performance )
327-333
今村 央子
( Imamura Hisako )
基礎ゼミ2015 お話 ミュジシアン・コンプレになろう : 多角的視点をもつために
( Séminaire d'introduction 2015 Causerie: "Soyons des musiciens complets !" : pour la multiplication des points de vue Compt rendu )
335-338
小曽根 真
( Ozone Makoto )
基礎ゼミ2015 お話 音楽という言語
( Music as Language )
339-342
武田 忠善 / 立川 和男 / 福田 隆 / 山本 英助
( Takeda Tadayoshi / Tachikawa Kazuo / Fukuda Takashi / Yamamoto Eisuke )
国立音楽大学における国際交流の教育的意義と今後の課題
( Promoting International Exchange in Kunitachi College of Music )
343-350
山下 浩司
( Yamashita Koji )
ニューヨークにおけるヴォーカルコーチのレッスン : 2014年度長期国外研究についての報告
( Lessons by Two Vocal Coaches in New York : Report by a Year Abroad Study in 2014 )
351-354