国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

研究紀要 31-40号

31 (1996) 

請求記号 = [PB102 31]

著作者 タイトル ページ
一ノ瀬 俊和
( Ichinose Toshikazu )
トスカーナ口語における「非人称のsi」 : C.カッソーラの『ブーベの恋人』を中心に
( "Si"impersonale nella lingua parlata toscana1: appunti su alcuni esempi in "La Ragazza di Bube" di C. Cassola )
1-9
牛山 輝代 / 中西 千春
( Ushiyama Teruyo / Nakanishi Chiharu )
国立音楽大学生の英語学習意識
( English Learning for Kunitachi College of Music Students )
11-23
宇都宮 秀和
( Utsunomiya Hidekazu )
音楽教育と言語教育 : 音声,イメイジ,ことばの統合
( Music Education and Language Education )
25-34
生方 盈代 / 財部 重孝
( Ubukata Mitsuyo / Takarabe Shigetaka )
体力とコンディショニングからみた学習意欲
( The Influence of Physical Abilities and Condition on Motivation )
35-44
小河原 美子
( Ogahara Yoshiko )
バルトークのピアノ組曲「戸外にて」について
( La suite "EN PLEIN AIR" de BELA BARTOK )
45-56
小野 光子
( Ono Mitsuko )
武満徹の創造の源をさぐる : 「音の河」と《Marginalia》をめぐって
( The Source of Creation of Toru Takemitsu : "The River of Sound" and Marginalia )
57-67
Sakuma Akiko
( 佐久間 晶子 )
WHAT ALEXEI TOLD ME : A Research in an Observation of a Two-year-old English Boy
( アレクセイの言語習得 : 2歳英語児の観察記録をもとにした研究 )
69-77
白石 美雪
( Shiraishi Miyuki )
ミュージサーカス : コラボレーション論序説
( Musicircus : Introduction to the Theory of Collaboration )
79-87
瀬戸 明
( Seto Akira )
近代哲学批判の根本原理としての知覚疎外 : 覚書の形式で
( Dialektischer Materialismus-Kritik(3) )
89-99
槌谷 智子
( Tsuchiya Tomoko )
パプアニューギニア・フォイ族の歌
( Songs among the Foi in Papua New Guinea )
101-114
中館 栄子 / 井上 恵理 / 馬淵 明彦
( Nakadate Eiko / Inoue Eri / Mabuchi Akihiko )
Marie-Louise Hatt-Arnold教授来日の意義をさぐる : リトミック指導の実際を通して
( Sens et apports du cours de Rythmique donne au Japon par le professeur Marie-Louise Hatt-Arnold )
115-129
中村 隆一
( Nakamura Ryuichi )
音楽理論の改革 : いま,音楽理論に問われていることは何か?
( A Reform in the Theory of Music : What is in question now at the theory of music? )
131-140
野平 多美
( Nodaira Tami )
フォーレ研究 : 歌曲への和声学からのアプローチ(その2)
( L'approche du langage harmonique de Gabriel FAURE(II) )
141-153
Nannini Fujitani Alda
( ナンニーニ 藤谷 アルダ )
Reading : Experimenting in a Monolingual Japanese Class
( 日本人クラスにおけるイタリア語講読の実践的研究 )
155-166
古山 和男
( Furuyama Kazuo)
「ギャラント様式」と「多感様式」の心的ベクトル : 虚数時間座標で直覚される拍節の強さと「ムーヴマン」の諸相
( Vectors in Mind for "style galant" and "Empfindsamer Stil" : Intension in Metre Intuited along the Imaginary Time Axis and Phases of "mouvement" )
167-180
南 節子
( Minami Setsuko)
ベーラ・バルトークの《ミクロコスモス》における黄金分割
( Der goldene Schnitt in Bela Bartoks Mikrokosmos )
181-192
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
アルプス通過問題にみる環境保護とEUの運輸政策
( Alpentransitproblem aus der Sicht von dem Umweltschutz und der EU-Verkehrspolitik )
193-202
山本 雅彦
( Yamamoto Masahiko )
肺活量から見た持久性能力の再検討について
( Reexamination of endurance power from the vital capacity )
203-212
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
トラウプの生涯と思想
( Gottfried Traub. Leben und Denken )
226-214
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
シンポジウム覚書 : 音楽理論の脱領域的考察
( The Notes of the Symposium : Beyond the domain of music theory )
240-227

 

32 (1997) 

請求記号 = [PB102 32]

著作者 タイトル ページ
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
ギュンター・グラスの『広い野』について
( Uber Gunter Grass' <Ein weites Feld> )
1-13
伊藤 直子
( Ito Naoko )
マックス・ダウテンダイ『紫外線』について
( Zum Gedichtband "Ultra Violett" von Max Dauthendey )
15-26
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
シースピーク : 応用言語学の成果
( SEASPEAK : A Project Linguistics )
27-34
内山 澄孝 / 藤沢 章彦
( Uchiyama Sumitaka / Fujisawa Akihiko )
国立音楽大学教職課程の実情に関する一考察 : 学生の履修意識とその変容
( A Report of the Actual State on the Teaching Profession Course in Kunitachi College of Music )
35-47
小河原 美子
( Ogahara Yoshiko)
ドビュッシーの《ピアノのための12の練習曲》より,「4度のために」について
( "Pour les Quartes" (Douze Etudes pour le piano) de Claude Debussy )
49-60
鹿島 亨
( Kashima Susumu )
プラハの聖ヴィート大聖堂の建築
( About Architecture of St. Vitus' Cathedral, Prague )
61-73
近藤 伸子
( Kondo Nobuko )
クルタークの『遊び』について : 音楽語法とピアノ初期教育における活用法を中心に (1)
( "Plays and Games" by Kurtag Gyorgy : Its Musical Language and Utility in the Elementary Piano Pedagogy )
75-88
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
トラウプとの対比によるトレルチのヴァイマル期・右翼急進主義観
( Ernst Troeltsch und der Rechtsradikalismus im Anfangsstadium der Weimareer Republik, unter besondere Berucksichtigung des Vergleiches von Troeltsch zu Gottfried Traub )
89-98
瀬戸 明
( Seto Akira )
近代二元論哲学批判の根本原理としての知覚疎外
( Dialektischer Materialismus-kritik (4) )
99-112
堤 康徳
( Tsutsumi Yasunori )
書き継がれた悲劇 : 『カルマニョーラ伯』から『二人のフォスカリ』へ
( La tragedia ereditata : Da Il Conte di Carmagnola a I Due Foscari )
113-121
中島 洋一
( Nakajima Yoichi)
"音楽基礎実習"についての一検証(I)
( An inspection of "Ongaku Kiso Jissyu" (1) )
123-136
ナンニーニ アルダ
( Nannini Alda )
ラテン語 《necesse》 とその派生語 : 哲学と日常のための言葉
( Lat. necesse and its Derivatives : Words for Philosophy and Daily Life (1) )
137-145
野平 多美
( Nodaira Tami )
モーリス・ラヴェル作品研究
( L'approche du langage musical de Maurice LAVEL )
147-156
古山 和男
( Furuyama Kazuo)
第九交響曲に織り込められた政治的メッセージ : 歴史的音楽として解釈したベートーヴェンの「白鳥の歌」
( Political Messages interwoven in the 9th Symphony : An Interpretation of Beethoven's "Swan Song" as Historical music )
157-170
松岡 新一郎
( Matsuoka Shinichiro )
言葉を描く,影像を聞く
( Peinder le mont, ecouter l'image )
171-180
柳谷 清道
( Yanagiya Seido )
音楽教育における理論と感性の融合について
( De la fusion entre musicologie et sens )
181-194
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
旅行商品にみられるドイツイメージに関する一考察
( Das Bild uber Deutschland in den japanischen Reiseprospekten )
195-204
Yokota Evelyn G.
( 横田 エベリン )
Inoue Shigeyoshi as Educator, Part III : Some Firsthand Accounts of the Theories and Practices of the Administrator and the Teacher
( 教育者としての井上成美 (3) )
205-213
山田 光枝
( Yamada Mitsue )
「丹波与作もの」の変遷にみる近世歌謡・芸能史の一側面
( One Aspect of the History of Songs and Performing Arts During the Edo Period : Changes in Tamba Yosaku Pieces )
216-228

 

33 (1998) 

請求記号 = [PB102 33]

著作者 タイトル ページ
五十嵐 蕗子
( Igarashi Fukiko )
G.ロイテンエガー『アケローン』 : 「ずれ」について
( G. Leuteneggers 》ACHERON《 : Uber seine Verschiebung )
1-13
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
モーリス・ラヴェルの秘術 : 『ボレロ』におけるエクスタシーとグラデーションの構造
( The Secret Arts of Maurice Ravel : The Structure of Ecstasy and Gradation in Bolero )
15-28
一ノ瀬 俊和
( Ichinose Toshikazu )
ヴァスコ・プラトリーニの『家族日誌』について
( Della "Cronaca familiare" di Vasco Pratolini )
29-38
伊藤 直子
( Ito Naoko )
ダウテンダイのメキシコあるいはエキゾティシズムについて
( Uber Mexiko oder Exotismus von Max Dauthendey )
39-50
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
ジョゼフ・プリーストリーの言語観
( Linguistic View of Joseph Priestley )
51-58
大ケ瀬 邦生
( Ohgase Kunio )
「基礎的な音楽理論」への展望と提言
( A View and a Suggestion for Fundamental Music Theory )
59-72
大澤 健一
( Ohsawa Ken-ichi )
吹奏楽における指揮法研究 : ラルフ・ヴォーン=ウィリアムス「イギリス民謡組曲」
( A Study of the Conduct on the Band for Ralph Vaughan Williams "FOLK SONG SUITE" )
73-83
鹿島 享
( Kashima Susumu )
トマス・マンローの芸術分類について
( About the Classification of Arts by Thomas Munro )
85-98
Kobinata Hidetoshi
( 小日向 英俊 )
An Observation on Vina Type of Musical Instruments in Ancient India : from Organological and Musicological Viewpoint of Buddhist Arts
( 古代インドにおけるヴィーナータイプの楽器についての一考察 : 仏教美術に対する楽器学的および音楽学的視点より )
99-109
瀬戸 明
( Seto Akira )
近代二元論哲学批判の根本原理としての知覚疎外 : 「客観的実在」概念の新しい定式化について
( Dialektischer Materialismus-kritik(5) )
111-123
永田 美喜子
( Nagata Mikiko )
作者に操られる主人公 : 『饗宴』のマーガレット
( The Protagonist Manipulated by the Author : Margaret in Symposium )
125-135
中村 隆一
( Nakamura Ryuichi )
音楽理論の改革 形骸化した和声学 : 高等教育における音楽理論のあり方を問う
( A Reform in the Theory of Music. The ruin of the Harmonics : To consider what the Theory of Music should be in higher education )
137-150
古山 和男
( Furuyama Kazuo)
「パパゲーノ」とは何者か : モーツァルトとルソー,ボーマルシェ,ゲーテ,ベートーヴェンを結ぶ「バラ色のリボン」
( What is `Papageno' ? : `Das Rosenband', that binds Mozart to J. J. Rousseau, Beaumarchais, Goethe, and Beethoven )
151-164
松岡 新一郎
( Matsuoka Shinichiro )
舞台について
( Sur la Scene )
165-178
森松 慶子
( Morimatu Keiko )
"現代" "道具/楽器" "身体性" を足場とした電子オルガン研究のために
( The introduction for a study on the electronic organ based on "modern world" "instrument" and "body" )
179-189
柳谷 清道
( Yanagiya Seido )
感性の発達を妨げるもの
( L'empechement du murissement des sens )
191-204
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
ドイツ語教育における環境問題の取り扱いについて
( Umweltprobleme und DaF )
205-216
山脇 一宏
( Yamawaki Kazuhiro )
ピアノ教育における電子鍵盤楽器利用の可能性
( Possibility of Piano Education with Electronic Keyboards )
217-230
横井 雅子
( Yokoi Masako )
ターロガトーとハンガリーの音楽生活
( Tarogato and the Music Life in Hungary )
231-244
Yokota Evelyn G.
( 横田 エベリン )
The Influence of the Bible and the Ideas of Christianity on Inoue Shigeyoshi's Outlook on Life
( 井上成美の人生観における聖書とキリスト教思想の影響 )
245-254
吉澤 祐江
( Yoshizawa Sachie )
パリの音楽大学(国立パリ高等音楽院)の声楽レッスンについて : その現状と問題点
( Assistance a des cours de chant de C.N.S.M.D.P : Realites et problemes )
255-268
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
1918-20年のゴットフリート・トラウプ
( Gottfried Traub in den Jahren 1918-1920 )
282-270

 

34 (1999)

請求記号 = [PB102 34]

著作者 タイトル ページ
秋本 真澄
( Akimoto Masumi )
音楽理論講義の実際 (1)
( The actual conditions in music theory class )
1-14
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
ライプツィヒのフェリクス・メンデルスゾーン バルトルディ
( Felix Mendelssohn Bartholdy in Leipzig )
15-27
五十嵐 蕗子
( Igarashi Fukiko )
G.ロイテンエガー『アケローン』 : 「ずれ」について(2)
( G. Leuteneggers 》ACHERON《 : Uber seine Verschiebung 2 )
29-40
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
モーリス・ラヴェルの秘術 : 『ボレロ』におけるエクスタシーとグラデーションの構造(承前)
( The Secret Arts of Maurice Ravel : The Structure of Ecstasy and Gradation in Bolero (Continuation) )
41-53
一ノ瀬 俊和
( Ichinose Toshikazu )
もうひとつのグラムシ像 : 『ハリネズミノ木』を中心に
( Un'altra immagine de A.Gramsci )
55-63
伊藤 直子
( Ito Naoko )
ダウテンダイの『琵琶湖八景』について
( Zu Max Dauthendeys ""Die acht Gesichter am Biwasee"" )
65-77
内山 澄孝
( Uchiyama Sumitaka )
国立音楽大学教職課程について : 学生の履修に関する調査を通して
( A Report of the Teaching Profession Course in Kunitachi College of Music,on the Investigation about the Study of the Students )
79-92
小笠原 美子
( Ogasawara Yoshiko )
ドビュッシーの"シャルル・ドルレアンの3つの歌"について
( Trois Chanson de Charles D'Orleans"" par Claude Debussy )
93-103
加藤 一郎
( Kato Ichiro )
ショパンのスラー(II) : その非画一性について
( Chopin's Slurring (II) Its Irregularity )
105-118
河村 初音
( Kawamura Hatsune )
フォーレ《主題と変奏》の分析研究 : 和声法の観点から (A.Dommel-Dienyの研究に基づいて)
( L'analyse de 《Theme et variation》 de Faure : Au point vue de l'harmonie (Sur un texte de A. Demmel-Dieny) )
119-132
草野 明子
( Kusano Akiko )
イタリアのピアノ教育事情 : その現状とわが国の比較
( La didattica nell'insegnamento del pianoforte in Italia : Situazione attuale e comparazione con il Gioappne )
133-146
小山 和彦
( Koyama Kazuhiko )
「練習曲」作品十,二十五 におけるショパンの作曲技法
( Die Komposizionstechnik von F.Chopin in seinen Etuden Op.10,25 )
147-157
清水 脩
( Shimizu Osamu )
ブレヒトのブコウ悲歌の解釈の可能性について
( Uber die Moglichkeiten der Interpretationen der Buckower Elegie von Brecht )
159-171
瀬戸 明
( Seto Akira )
近代二元論哲学批判の根本原理としての知覚疎外(6) : 客観的実在の新しい存在式と量子力学の哲学的課題
( Dialektischer Materialismus-kritik(6) )
173-186
中島 洋一
( Nakajima Yoichi)
"音楽基礎実習"についての一検証(II)
( An inspection of "Ongaku Kiso Jissyu" (2) )
187-200
中西 千春
( Nakanishi Chiharu )
反省的教育実践による大学英語授業
( Reflective Teaching In University English Classroom )
201-211
中村 仁
( Nakamura Jin )
ホロコーストを継承すること : アート・スピーゲルマンの『マウス』について
( Den Holocaust erben : Art Spiegelmans "Maus" )
213-224
Nannini Alda
( ナンニーニ アルダ )
L'organizazione del curriculaum di lingua italiana in universita giapponesi
( 日本の大学におけるイタリア語 : カリキュラムの分析と考察 )
225-238
根岸 正海
( Negishi Masami)
「正本による近世邦楽年表」改訂増補作業(一)
( Revising and Enlarging of The Chronologies of Musical Performance at the Kabuki Theatre based on Original Texts )
239-252
野平 多美
( Nodaira Tami )
ロマン派の和声様式研究 シューマンを中心に
( L'approche du style de la musique de 19eme siecle au travers du langage harmonique de Robert Schumann )
253-263
日向 太郎
( Hyuga Taro )
フィアンメッタの夢
( Il sogno di Fiammetta, Reminisceze letterarie precedenti nell' Elegia di Madonna Fiammetta di Giovanni Boccaccio )
265-275
古山 和男
( Furuyama Kazuo )
「永遠に女性的なる」パミーナ : モーツァルトのオペラにおける「愛」について
( Pamina as ""Die Ewig-Weibliche"" : On ""Amor"" in Mozart's Operas )
277-290
柳谷 清道
( Yanagiya Seidou)
ソルフェージュにおける感性の刺激
( Solfege, exciter des sens )
291-304
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
ドイツにおける空間整備の現状と課題
( Aktuelle Aufgaben der Raumordnung in Deutschland )
305-315
横井 雅子
( Yokoi Masako )
ツィンバロムの改良と楽器製作者シュンダ
( The Improvement of the Cimbalom and the Instrument Maker Schunda )
317-336
竹内 有一
( Takeuchi Yuichi)
出島の音楽風景 : 『長崎オランダ商館日記』にみる音楽記事(1801-1823)
( Opportunities of playing music at Desima on diaries kept at the Dutch Factory in Nakasaki (anno 1801-22) )
336-328
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ランケとツキディデス
( Ranke und Thukydidsa )
350-338

 

35 (2000) 

請求記号 = [PB102 35]

著作者 タイトル ページ
五十嵐 蕗子
( Igarashi Fukiko )
ノイエ・ザッハリヒカイトの美術 : 研究メモ(1)
( Uber die Kunst der Neuen Sachlishakeit Notiz (1) )
1-11
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
ロジェの『シソーラス』
( Roget's Thesaurus )
13-20
内山 澄孝
( Uchiyama Sumitaka )
国立音楽大学教職課程の授業改善についての一つの試み : 「授業記録」の活用と学生のアンケートから
( A Trial of Teaching Improvement on the Teaching Profession Course in Kunitachi College of Music )
21-32
生方 盈代 / 山本 正彦
( Ubukata Mitsuyo / Yamamoto Masahiko )
本学における女子学生の健康状態と身体組成について
( A study of health and body composition in female students )
33-40
加藤 一郎
( Kato Ichiro )
音楽の萌芽をめぐる仮説的考察
( A Hypothetical Study About Musical Germ )
41-47
門脇 郁子
( Kadowaki Ikuko )
R.シューマンの歌曲研究 : W.ベッティヒャーの「感情の象徴的表現」に基づく
( R.Schumann's Lieder - Unter ""Gefuhlssymbolik"" von W.Boetticher- )
49-60
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
話法の助動詞 "sollen"の意味と訳語分析
( Eine vergleichende Bedeutungsanalyse von ""sollen"" )
61-72
中西 千春 / ロス 典子 / 海老原 暁子
( Nakanishi Chiharu / Ross Noriko / Ebihara Akiko )
新英語教育 : 自律学習を目指して
( Learner Autonomy in University English Classroom )
73-82
中村 仁
( Nakamura Jin )
渇望された活字 : ダッハウ強制収容所の図書室について
( Der Drang zu lesen - Die Lagerbucherei im Konzentrationslager Dachau )
83-90
東口 豊
( Higashiguchi Yutaka )
音楽の社会学的性格と自立性 : Th.W.アドルノの音楽社会学に関する一考察
( The Social Cahracter and Autonomy of Music - A Study of Th.W.Adorno's Sociology of Music )
91-98
古山 和男
( Furuyama Kazuo)
洗礼により浄化された音楽 : ソルミゼーションと聖者ヨハネの原理
( Music Purified through the Baptism - Solmization and the Principle of St. John )
100-109
益田 道昭
( Masuda Michiaki)
ドイツ歌曲における発音の実際(1)
( Die deutsche Gesangsaussprache in der Praxis (1) )
111-118
森 太郎
( Mori Taro )
ピアノの音を決定する工学的要素 I
( Klangbestimmende Faktoren von Klavier und Frugel I )
119-129
柳谷 清道
( Yanagiya Seidou)
音楽の学習における部分と全体のバランス
( L'equilibre de la partie et la totalite dans la lecon musicale )
131-142
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
スイスにおける空間整備の現状と課題
( Aktuelle Aufgaben der Raumordnung in der Schweiz )
143-151
横井 雅子
( Yokoi Masako )
ハンガリーの大衆歌曲マジャル・ノータとその時代
( The Hungarian Popular Song ""Magyar Nota"" and the Era which accepted it )
153-161
吉沢 祐江
( Yoshizawa Sachie )
パリ国立高等音楽院の卒業試験をきいて : その選曲と評価についてのレポート
( SUR LES EXAMENS DE FIN D'ETUDE DE CHANT DU C.N.S.M.D.P.: compterendu sur les choix des oeuvres et les appreciations du jury lors des examens )
163-170
吉田 寛
( Yoshida Hiroshi)
時代を映す鏡としてのハンスリック文献(後編) : 戦後の修正的再評価からポストモダンと冷戦後の思潮まで
( Reinterpreting the Hanslick-Literarture as Cultural and Historical Document )
171-182
吉野 雪子
( Yoshino Yukiko)
江戸浄瑠璃,河東節(かとうぶし)とその正本 : 『十寸見要集(ますみようしゅう)』の成立をめぐって
( Publication of Masumi-Yoshu, colleciton of pieces of Kato-bushi Japanese narrative music )
183-190
小林 緑
( Kobayashi Midori )
オギュスタ・オルメス・ボニス : 近代フランス音楽史のなかの女性作曲家
( Augusta Holmes et Mel-Bonis - Deux compositrices dans l'histoire de la musique francaise moderne )
191-202
瀬戸 明
( Seto Akira )
近代哲学批判の原理としての知覚疎外(7) : 客観的実在の新しい存在式と量子力学の哲学問題
( Dialektischer Materialsimus-kurik(7) )
203-214
根岸 正海
( Negishi Masami)
江戸歌舞伎演奏者年表 : 享保から延享まで(一)
( A chronological history of musical performers in Kabuki theaters in Edo from the Kyoho to Enkyo periods )
215-226
Yokota Evelyn G.
( 横田 エベリン )
Estella Finch and the Army and Navy Mission Club
( エステラ・フィンチと陸海軍人伝導義会 )
227-228
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
レーオポルト・フォン・ランケの弟,ハインリヒ
( Heinrich Ranke als der jungere Bruder von Leopold Ranke )
237-248
後藤 暢子
( Goto Nobuko )
永井郁子編著『転機』解題 : 戦前の邦訳歌詞問題をめぐって
( Erlauterungen zum musikkritischen Sammelband""TENKI"" von Nagai Ikuko )
250-254

 

36 (2001) 

請求記号 = [PB102 36]

著作者 タイトル ページ
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
パガニーニの主題による一考察 : 「カプリースXXIV」について
( A Study on Paganini's Theme Analysis of Capice XXIV )
1-11
伊藤 直子
( Ito Naoko )
北のバロック : ハンブルク・オペラの60年
( Barock im Norden - 60 Jahre Oper in Hamburg )
13-23
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
王立協会とロジェの『シソーラス』
( The Royal Society and Roget's Thesaurus )
25-33
大津 直規
( Ootsu Naoki )
割り振りの実際と Inharmonicity の関係
( Practice of Laying the bearings and Relationship to Inharmonicity )
35-45
大平 繁子
( Ohira Shigeko )
ジュリエッタ・シミオナート : イタリア・オペラ特別コースの報告
( CORSO DI PERFEZIONAMENTO DI PRF.SSA GIULIETTA SIMIONATO )
47-55
門脇 郁子
( Kadowaki Ikuko )
R.シューマンの歌曲研究 (II ) : 『女の愛と生涯』における象徴的表現(I )
( R.Schumann's Lieder (II ) - Die Symbolik von 《Frauenliebe und Leben》 1 )
57-68
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
話法の助動詞 ;konnen;の意味と訳語分析
( Eine vergleichende Bedeutungsanalyse von ;konnen; )
69-80
竹内 有一
( Takeuchi Yuichi)
文化14年のピアノ奏図 : 日蘭交流の舞台裏
( A Draft of Square-Piano and its player at Nagasaki-Japan in A.D.1817 )
81-92
中西 千春
( Nakanishi Chiharu )
英語コミュニカティブ・ライティング授業の考察
( Creating Constructivist Learning Environment in English Writing Classroom )
93-104
日向 太郎
( Hyuga Taro )
ウェルギリウス『詩選』2番とヘレニズム文学 : 草花、果実、樹木のカタログ(45-55)に関する一考察
( La Seconda Ecloga di Virgilio e la letteratura ellenistica: un'interpretazione del catalogo di fiori,erbe,frutti e alberi (45-55) )
105-115
益田 道昭
( Masuda Michiaki)
ドイツ歌曲における発音の実際(2)
( Die deutsche Gesangsaussprache in der Praxis (2) )
117-127
柳谷 清道
( Yanagiya Seido )
非和声音の分類
( Classificaiton de note etrangere a l'harmonie )
129-140
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
ドイツ語圏におけるクリスマス市について(1)
( Weihnachtsmarkt in den deutschsprachigen Landern )
141-150
横井 雅子
( Yokoi Masako )
「ダンスハウス運動」前夜 : ハンガリーのフォーク・リヴァイヴァル運動を振り返る
( On the Eve of ;the Dance-House Movement; - Retrospecting Folk Revival Movements in Hungary )
151-159
吉田 寛
( Yoshida Hiroshi)
音楽思想史にみるドイツのナショナル・アイデンティティ : 《音楽の国》の美的政治学(I )
( German National Identity in the History of Modern Musical Thought: Towards a Deconstruction of the ;Peope of Music;(1) )
161-169
吉野 雪子
( Yoshino Yukiko)
河東節(かとうぶし)正本集 : 『十寸見要集(ますみようしゅう)』(2)
( Masumi-Yoshu(2), colleciton of pieces of Kato-bushi Japanese narrative music )
171-182
加藤 拓未
( Kato Takumi )
ライハルト・カイザー《マルコ受難曲》の資料批判的考察
( Reinhard Keiser's Markuspassion: A critical on its sources )
183-193
古山 和男
( Furuyama Kazuo)
指がなくてもリコーダーが演奏できるか? : 身体的障害を補完する楽器の研究
( Are Fingers Indispensable to Playing Recorders? A Research for Instruments that Compensate Physical Handicap )
195-201
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
若きランケ : フランクフルト・アン・デア・オーダーのギムナジウム教師時代(1818-1825)
( Der junge Ranke als Oberlehrer am Friedrichsgymnasium in Frankfurt an der Oder (1818-1825) )
204-214

 

37 (2002) 

請求記号 = [PB102 37]

著作者 タイトル ページ
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
フォルカー・ブラウン作品(1990~2001)における「限界線」の概念
( Die Begriffe der Grenzlinien in Volker Brauns Stucken (1990-2001) )
1-8
五十嵐 蕗子
( Igarashi Fukiko )
ハンナ・ヘーヒとベルリンのダダ
( Hannah Hoch und Berliner Dada )
9-17
今井 顕
( Imai Akira )
国際ピアノコンペティションの現状
( The present situation of international piano competitions )
19-28
宇佐美 明子
( Usami Akiko )
音楽大学における美術教育の再構築 : 総合的芸術教育教授法の視点から
( Restructuring Visual Art Education at Music College )
29-38
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
ロジェの類義語辞典『シソーラス』編纂法
( The Compilation of P.M.Roget's Thesaurus )
39-45
内山 澄孝
( Uchiyama Sumitaka )
国立音楽大学教職課程の授業改善の方向を探る : 学生のアンケート調査から
( An Approach to the Teaching Improvement on the Teaching Profession Course in Kunitachi College of Music )
47-57
生方 盈代 / 財部 重孝
( Ubukata Mitsuyo / Takarabe Shigetaka )
体力測定と自己評価から見た本学学生の現状
( The result of a student's test of physical strength and fitness, and self-valuation in this Kunitachi College of Music )
59-69
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
話法の助動詞"durfen"の意味と訳語分析
( Eine vergleichende Bedeutungsanalyse von "durfen" )
71-82
中西 千春
( Nakanishi Chiharu )
批判的思考力を伸ばす
( Developing Critical Thinking )
83-94
Nannini Alda
( ナンニーニ アルダ )
Lat. necesse and its Derivatives : Words for Philosophy and Daily Life (II)
( ラテン語《necesse》とその派生語 : 哲学と日常のための言葉 II )
95-103
古山 和男
( Furuyama Kazuo )
「不滅の恋人」という虚構 : ナポレオンの「大陸制度」におけるベートーヴェン
( The Fictitious 'Unsterbliche Geliebte' : Beethoven in 'le Systeme continental' by Napoleon )
105-116
益田 道昭
( Masuda Michiaki )
ドイツ歌曲における発音の実際(3)
( Die deutsche Gesangsaussprache in der Praxis (3) )
117-128
森 洋子
( Mori Yoko )
演奏における「創作の意図」の実現について
( Realization of Composer's Design in Playing )
129-139
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
ドイツ語圏のクリスマス市について(2)
( Weihnachtsmarkt in den deutschsprachigen Landern (2) )
141-148
吉田 寛
( Yoshida Hiroshi )
《Galli cantant...》 : 古いラテン語の諺の伝承にみるヨーロッパ諸民族の音楽的表象
( The Origins of European National Identities in Musical Thought of the Renaissance Era : Towards a Deconstruction of the "People of Music" (II) )
149-158
吉野 雪子
( Yoshino Yukiko )
河東節正本集『十山集』と『東花集』 : 文化・文政・天保期(1804~1843)の河東節
( Jyuzan-shu, Toka-shu, collection of pieces of Kato-bushi Japanese narrative music )
159-170
Kobinata Hidetoshi
( 小日向 英俊 )
Perception of Asian Musics in Showa Period of Japan : From Observations of Articles in Music Magazine Ongakuno Tomo between 1941 and 1989
( 昭和期日本におけるアジア音楽の認識 : 音楽雑誌『音楽之友』の記事(1941年-1989年)の考察から )
171-180
根岸 正海
( Negishi Masami )
江戸歌舞伎演奏者年表 : 享保から延享まで(二)
( a chronological history of musical performers in Kabuki theaters in Edo from the Kyoho through the Enkyo periods )
181-192
Yokota Evelyn G.
( 横田 エベリン )
Estella Finch and the Army and Navy Mision Club, Part II : Her Training and Work as a Missionary (1889-1894)
( エステラ・フィンチと陸海軍人伝道義会 2 )
193-204
竹内 有一
( Takeuchi Yuichi )
常磐津「堀川の段」研究ノート : 刊行年を中心に
( A Study on The "Horikawa-no-Dan" of Tokiwazu-bushi )
210-205
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ランケ時代のフランクフルト・アン・デア・オーダーのギムナジウム
( Das Friedrichsgymnasium in Frankfurt an der Oder zur Zeit L.v.Rankes asl Oberlehrer )
222-211

 

38 (2003) 

請求記号 = [PB102 38]

著作者 タイトル ページ
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
ロベルトとクララ : ライプツィヒのシューマン夫妻
( Robert und Clara : Schumanns in Leipzig )
1-8
宇佐美 文雄
( Usami Fumio )
自然音韻論と最適性理論の特徴づける音声形
( Phonetic forms generated by Natural Phonology and Optimality Theory )
9-20
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
ウィルキンズの後継者としてのロジェ : 英語類語辞典の系譜
( Roget as Legacy of Wilkins )
21-28
生方 盈代
( Ubukata Mitsuyo )
本学学生のライフスタイルと健康実態に関する一考察
( The Relation between the Life-Styles and the Health Conditions in Kunitachi College of Music )
29-36
門脇 郁子
( Kadowaki Ikuko )
R. シューマンの歌曲研究(Ⅲ) : 『女の愛と生涯』における象徴的表現(Ⅱ)
( R. Shumann's Lieder(Ⅲ) : Die Symbolik von 《Frauenliebe und Leben》(Ⅱ) )
37-49
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
話法の助動詞"wollen"の意味と訳語分析
( Eine vergleichende Bedeutungsanalyse von "wollen" )
50-60
古山 和男
( Furuyama Kazuo )
ルイ14世の宮廷で踊られた「アルマンド」 : ぺクールの振り付けによる《アルマンド》
( 'The Allemande' Danced at the Court of Louis XIV : 《L'Allemande》 Choregraphed by Pecour )
61-72
益田 道昭
( Masuda Michiaki )
ドイツ歌曲における発音の実際(4)
( Die deutsche Gesangsaussprache in der Praxis (4) )
73-84
吉田 寛
( Yoshida Hiroshi )
ドイツ語擁護運動とドイツ語オペラの成立(前編)
( German National Identity in the Early Decades of German Opera Criticism )
85-96
吉野 雪子
( Yoshino Yukiko )
河東節正本集『十寸見要集』考(3)
( Masumi-Yoshu(3), collection of pieces of Kato-bushi Japanese narrative music )
97-106
槌谷 智子
( Tsuchiya Tomoko )
歌・出来事・記憶 : パプアニューギニア、フォイの歌 その2
( Songs, Incidents, and Memory : A case Study of Songs among the Foi in Papua New Guinea Part2 )
107-118
中島 洋一
( Nakajima Yoichi )
視聴覚総合芸術における創作方法の研究
( Research of the Creation method in Audiovisual composite art(Ⅰ) )
119-130
根岸 正海
( Negishi Masami )
江戸歌舞伎演奏者年表 : 享保から延享まで(三)
( a chronological history of musical performers in Kabuki theaters in Edo from the Kyoho through the Enkyo periods )
131-142
横井 雅子
( Yokoi Masako )
ビハリ・ヤーノシュとその時代
( Bihari Janos and his Era )
143-154
Evelyn G. Yokota
( 横田 エベリン )
Estella Finch and the Army and Navy Mission Club, Part III : Her Life and Work as a Missionary (1894-1910)
( エステラ・フィンチと陸海軍人伝道義会 3 )
155-165
佐藤 真一
( Sato Shinichi  )
フューターの近代史学史把握について
( Uber die Auffassung Eduard Fueters von der Geschichte der neueren Historiographie )
176-166
今村 武
( Imamura Takeshi )
シュトラスブルク・ドイツ協会設立の周辺
( Uber die Grundung der Strassbueger Dutschen Gessellschaft )
188-177

 

39 (2004) 

請求記号 = [PB102 39]

著作者 タイトル ページ 抄録
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
ライプツィヒにおける書籍文化の歴史
( Die Geschichte der Bucherkultur in Leipzig )
1-7
伊藤 直子
( Ito Naoko )
ハルスデルファー『女性対話集』について
( Uber Harsdorffers "Frauenzimmer Gesprachspiele" )
9-17
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
イギリスのロジェとアメリカのロジェ
( British Roget and American Roget )
19-28
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
話法の助動詞"mogen" の意味と訳語分析
( Eine vergleichende Bedeutungsanalyse von "mogen" )
29-40
古山 和男
( Furuyama Kazuo )
アーティキュレーションの不確定性 : J.S.バッハの指示したスラーの不統一性について
( Uncertainty of Articulation : On Incosistency of Slurs indicated by J.S.Bach )
41-51
増田 聡
( Masuda Satoshi )
音楽著作権の文化的効果 : 「大地讃頌」事件を検討する
( Cultural Effects of Music Copyright : An Examination of the Case of "Daichi-Sansho" )
53-62
益田 道昭
( Masuda Michiaki )
ドイツ歌曲における発音の実際(5)
( Die deutsche Gesangsaussprache in der Praxis (5) )
63-74
Imai Akira
( 今井 顕 )
Seine moralischen Kulissen in den Klavierwerken
( フランツ・シューベルトのピアノ作品における精神的背景 )
75-82
Tokuma Won
( 徳間 苑 )
Cross-language study of English fricatives by Japanese listeners
( 英語摩擦音の日本人による聴覚 : 言語間の研究 )
83-90
Evelyn G. Yokota
( 横田 エベリン )
Estella Finch and the Army and Navy Mission Club, Part IV : Some Thoughts on War and Peace (1895-1918)
( エステラ・フィンチと陸海軍人伝道義会(4) )
91-97
根岸 正海
( Negishi Masami )
元禄から宝暦・天明までの歌舞伎音楽
( A Study on KABUKI Music from Genroku Period to Tenmei Period )
99-109
横井 雅子
( Yokoi Masako )
体制転換をはさんだ中・東欧の音楽研究を考える
( An Approach to the Research of Music in Central and Eastern Europe around the Political Change )
111-122
今村 武
( Imamura Takeshi )
様式概念としてのシュトゥルム・ウント・ドラング
( Sturm und Drang als stilgeschichtlicher Begriff )
136-128

 

40 (2005) 

請求記号 = [PB102 40]

著作者 タイトル ページ 抄録
伊藤 直子
( Ito Naoko )
《永遠の魂》(1644)について : 初期ドイツオペラに関する一考察
( Seelewig (1644) : Eine Studie zur fruhdeutschen Oper )
1-10
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
I.A. リチャーズとベーシック・イングリッシュ
( I.A. Richards and Basic English )
11-18
加藤 一郎
( Kato Ichiro )
リストの作品に於けるrubatoの指示によるルバートの技法
( The Technique of rubato with the Indications of 'rubato' in Liszt's Works )
19-30
門脇 郁子
( Kadowaki Ikuko )
R. シューマンの歌曲研究(IV) : 『リーダークライス』作品39における象徴的表現(I)
( R.Schumann's Lieder (IV) : Die Symbolik von "Liederkreis" Op.39 (I) )
31-42
酒井 美恵子
( Sakai Mieko )
学生の指導力を養う音楽科教育法の研究
( A Study on Pedagogy for Music Education to Enhance Student's Teaching Abilities )
43-52
末松 淑美
( Suematsu Yoshimi )
認知意味論と外国語教育の接点を求めて
( Anwendungsmoglichkeiten des "Image Schemas" im Fremdsprachenunterricht )
53-62
西川 惠
( Nishikawa Megumi )
英語語彙学習におけるインプット処理方法について
( A Study on Input Processing in Second Language Vocabulary Acquisition )
63-69
松岡 新一郎
( Matsuoka Shinichiro )
透視図法と歴史
( Perspectives et Histoires )
71-79
吉田 寛
( Yoshida Hiroshi )
ドイツ語擁護運動とドイツ語オペラの成立(後編)
( German National Identity in the Early Decades of German Opera Criticism )
81-92
吉野 雪子
( Yoshino Yukiko )
江戸半太夫と半太夫節
( Edo Handayu and Handayu-bushi )
93-104
一ノ瀬 俊和
( Ichinose Toshikazu )
外国語としてのイタリア語教授法に関する一考察
( Una riflessione sulla didattica della lingua italiana come L2 )
105-116
西原 彰宏 / 松沢 孝博 / 宇佐美 明子 / 神原 雅之
( Nishihara Akihiro / Matsuzawa Takahiro / Usami Akiko / Kambara Masayuki )
教員養成における『総合演習』の改善に関する一研究
( A Study on the Improvement of "Sogo-Ensyu" in Teacher Training )
117-128
福原 博篤
( Fukuhara Hiroatsu )
重複障害を持つ児への聴能アプローチ : 新生児から青年期まで
( The Audition Approach for Children with Duplicate Handicap )
129-140
横井 雅子
( Yokoi Masako )
「文化としての音」はどう捉えられてきたのか : 19~20世紀ハンガリーの伝統音楽研究をめぐって
( The Way of describing "Sound as Culture" : Focusing on Traditional Music Research in 19th-20th Century Hungary )
141-151
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
ライプツィヒ市史
( Die Stadtgeschichte Leipzigs )
153-163
今井 顕
( Imai Akira )
第7回フランツ・リスト国際ピアノコンペティション
( The 7th International Franz Liszt Piano Competition in Utrecht, 2005 )
165-173
中島 洋一
( Nakajima Yoichi )
視聴覚総合芸術における創作方法の研究(II)
( Research on the Creation Method in Audiovisual Composite Art (II) )
175-186
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ランケにおける近代歴史学の確立 : 『近世歴史家批判』(一八二四年)を中心に
( Die Begrundung der modernen Geschichtswissenschaft bei Leopold Ranke, unter besonderer Berucksichtigung seiner Schrift : "Zur Kritik neuerer Geschichtschreiber" (1824) )
204-193