国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

研究紀要 21-30号

21 (1986)

請求記号 = [PB102 21]

著作者 タイトル ページ
新井 裕
( Arai Yutaka )
アンツェングルーバーの「偽証農夫」について : 民衆劇における反カトリック性
( Uber das Stuck "Der Meineidbauer" L. Anzengrubers : Antiklerikalismus im Volksstuck )
1-13
飯野 幹夫
( Iino Mikio )
「純粋理性批判」における自発性の概念と自由の問題
( Uber den Begriff von "Spontaneitat" in der "Kritik der reinen Vernunft" : -zur Problematik der Freiheit )
15-26
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
言語活動と言語意識
( Language Activity and Language Awareness )
27-37
氏家 達夫
( Ujiie Tatsuo )
行動の自己制御機能の発達と愛着との関係について
( Relationship between attachment and development of self-regulation of behavior )
39-45
大伴 栄子
( Ohtomo Eiko )
ピアジェ理論と教育 : 構成主義の教育学的解釈と幼児教育への適用
( Piaget's Theory and Education )
47-68
亀里 旦
( Kamesato Akira)
本学学生の体格,体力について(その5)
( A Study of the Phisique and Physical Fitness of Our College Students (5) )
69-79
南川 貞治
( Nagawa Teiji )
不確実性時代のミュージカル(I)
( Musicals during Uncertain Times : Broadway Musicals of the 1970's )
81-98
鳴海 史生
( Narumi Fumio )
創造の契機としてのフィグーラ : J.S.バッハをめぐって
( Die Figuren als Anlass der Erschaffung : Insbesondere in der Musik J.S. Bachs )
99-112
Fujita Fumiko
( 藤田 芙美子 )
The Musical Aspects of Speech Acts : The Case of Japanese Children
( 話す行為にみられる音楽的側面 )
113-122
森 孝子
( Mori Takako )
教師の職業成長の型
( Types of Teacher Maturity )
123-137
瀬戸 明
( Seto Akira )
歴史発展の普遍法則とはなにか(承前) : いわゆる「経済学批判」序言の定式をめぐって
( Was sind die allgemeinen Gesetze der Geschichtsentwicklung )
152-139
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
トレルチの「教授資格請求論文」(一八九一年)について
( Uber die Habilitationsschrift Ernst Troeltschs )
166-154
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
日本語アクセントの成立と音韻(母音) : アクセント成立論(三)
( A Study on the Formation of Accent in Japanese, and the Roles of Phoneme (Vowel) in it )
180-168
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
日本で最初の保育者養成に関する一考察: 桜井女学校幼稚保育科を中心に
( The First Training School for Kindergartners in Japan : Focusing on The Kindergarten Department of The Sakurai Girls' School )
196-182
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
近代思想における神
( God in Modern Thought )
210-198
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史<戦後その六> : 近世文学と近代文学との接点をさぐる
( The History of Criticism in the Literature of Saikaku (6) )
222-211

 

22 (1987)

請求記号 = [PB102 22]

著作者 タイトル ページ
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
音楽理論教育への展望
( Perspectives for Teaching Music Theory )
1-17
飯野 幹夫
( Iino Mikio )
「純粋理性批判」における自発性の概念と自由の問題(承前)
( Uber den Begriff von Spontaneitat" in der "Kritik der reinen Vernunft" )
19-28
大内 典
( Ouchi Fumi )
法印神楽の囃子における象徴表現
( The Symbolic Expression in the Hoin-Kagura )
29-53
大ヶ瀬 邦生
( Ohgase Kunio )
音楽表現への理論的アプローチ
( The Theoretical Approach to the Musical Expression )
55-90
大伴 栄子
( Ohtomo Eiko )
ピアジェ理論と幼児教育 : 自律をめざす「しつけ」のあり方を探る
( Piaget's Theory and Early Childhood Education : Discipline for Autonomy )
91-101
亀里 旦
( Kamesato Akira)
音楽大学学生の体育・スポーツに対する意識・行動の研究
( Research on Awareness and Behaviour Towards Physical Education and Sports among Students Enrolled in Music College )
103-128
Kusaka Shoichi
( 日下 正一 )
Second Language Development
( 外国語習得の問題点 )
129-134
小松 和貴子
( Komatsu Wakiko)
子どもの描画 : 幼児のスクリブルと心身の発達過程との関連についての一研究
( A study of the Relation between an Infant's Scribble and her Growth )
135-153
清水 修
( Shimizu Osamu)
改作類型論
( Typologie der Bearbeitung )
155-166
竹内 道敬
( Takeuchi Michitaka )
清元正本考
( A Study on Kiyomoto-Shohon )
167-185
伊達 安子
( Date Yasuko )
ディケンズ作品における音楽的関連について
( On the Musical References in Charle Dickens' Works )
187-202
南川 貞治
( Nagawa Teiji )
不確実性時代のミュージカル(II)
( Musicals during Uncertain Time : Broadway Musicals of the 1970's )
203-218
瀬戸 明
( Seto Akira )
歴史発展の普遍法則とはなにか(3)
( Was sind die allgemeinen Gesetze der Geschichtsentwicklung (3) )
232-219
渋川 久子
( Shibukawa Hisako )
東京高等音楽学院史の研究
( Study on the History of Tokyo-Koto-Ongakugakuin )
262-233
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
マルティーン・フォン・ナトゥージウスと社会問題
( M.v.Nathusius und soziale Frage )
276-264
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
動詞のアクセントができるまで(一) : 日本語アクセント成立論(四)
( Establishment of Verb Accent in Japanese (Part1) )
290-277
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
スミス女学校(現・北星学園)付属幼稚園とロース幼稚園 : 桜井女学校(現・女子学院)付属幼稚園の流れをくむ
( The First Kindergarten in Sapporo and Otaru : the Influence of Sakurai Training School for Kindergartens (2) )
310-292
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
マイケル・ポランニーと神学
( Michael Polanyi and Theology )
318-311
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史 : 戦後<その七>
( The History of Criticism in the Literature of Saikaku (7) )
332-320

 

23 (1988)

請求記号 = [PB102 23]

著作者 タイトル ページ
飯野 幹夫
( Iino Mikio )
「純粋理性批判」における自発性の概念と自由の問題(完)
( Uber den Begriff von "Spontaneitat" in der "Kritik der reinen Vernunft" : von der absoluten Spontaneitat auf die Spontaneitat im praktischen Verstande )
1-12
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
応用言語学小史
( A Mini-history of Applied Linguistics )
13-20
内海 晶
( Utsumi Sho )
トーマス・マンの「マリオと魔術師」について
( Kunstlerproblem bei Thomas Mann in "Mario und der Zauherer" )
21-34
大伴 栄子
( Ohtomo Eiko )
ピアジェ理論と幼児教育(II) : モンテッソーリ法とピアジェ派カリキュラムの比較検討
( Piaget's Theory and Earlychildhood Education II : Montessori Method Vs. Constructivist Curriculum )
35-50
小田 賢二
( Oda Kenji )
ラテン語文化圏に於けるキリスト教諸典礼と新ローマ聖歌
( Verschiedene christliche Riten und neuromische Gesange im lateinischen Sparach-Kulturkreis )
51-69
鹿島 享
( Kasima Susumu)
音楽図像学について : その一つの在り方
( On Iconography of Music : Problems on how to deal with the Musical-instruments in Japanese Paintings )
71-86
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
エルンスト・トレルチとゴットフリート・トラウプ
( Ernst Troeltsch und Gottfried Traub )
87-103
南川 貞治
( Nagawa Teiji )
不確実性時代のミュージカル(III)
( Musicals during Uncertain Times : Broadway Musicals of the 1970's )
105-114
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
リオンブルーノの変身 : ランヴァルからリオンブルーノへ そしてチャン・ボルフィンへ
( La Metamorfosi di Liombruno : Da Lanval a Liombruno ed a Cian Bolfin )
115-129
竹内 道敬
( Takeuchi Michitaka )
河東節正本研究 : その一「鳰鳥集」
( A study on Katobushi Shohon "Niodori" )
150-132
瀬戸 明
( Seto Akira )
歴史発展の普遍法則とはなにか(5)
( Was sind die allgemeinen Gesetze der Geschichtsentwicklung (5) )
164-152
渋川 久子
( Shibukawa Hisako )
東京高等音楽学院史の研究(二)
( Study on the History of Tokyo-Koto-Ongakugakuin (2) )
196-165
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
動詞のアクセントができるまで(二) : 日本語アクセント成立論(五)
( Establishment of Verb Accent in Japanese (Part 2) )
210-197
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
桜井女学校幼稚保育科の創立者 M.T.ツルー : 日本で最初の保育者養成に関する一考察
( M.T.True, the founder of Kindergarten Department of the Sakurai Girls' School : The First Training School for Kindergartners in Japan (3) )
224-211
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史 : 戦後 <その八>
( The History of Criticism in the Literature of Saikaku (8) )
238-225

 

24 (1989)

請求記号 = [PB102 24]

著作者 タイトル ページ
秋元 真澄
( Akimoto Masumi)
音楽理論講義における近代和声と音技法
( An Approach to Modern Music in Music Theory Class )
1-18
岩河 智子
( Iwakawa Tomoko)
声楽家のためのオペラ分析入門
( A Guide to Analysis of Opera for the Vocalist )
19-62
大伴 栄子
( Ohtomo Eiko )
ピアジェ理論と幼児教育(III) : 新幼稚園教育要領に対するピアジェ・カミイ理論からの批判
( Piaget's Theory and Earlychildhood education III : Criticism on Shin-Youchien-Kyouikuyouryo from The Constructivist View )
63-74
金井 正元
( Kanai Masamoto)
大学生の法意識に関する一考察
( A Study of the Law-consciousness of College Students in Japan )
75-96
郡司 すみ
( Gunji Sumi )
Lexikon der Juden in der Musik を巡って
( Uber das "Lexikon der Juden in der Musik" )
97-108
庄野 進
( Shono Susumu)
20世紀の音楽における視覚的なもの
( Visual Elements in 20th Century Music )
109-122
波多野 未加子
( Hatano Mikako )
潜ませた「豊かさ」 : ブラームス・晩年のソナタ形式
( Der Versteckte "Reichtum" : Brahms und die Sonatenform in seiner spaten Werken )
123-134
藤本 一子
( Fujimoto Itsuko)
シューベルトの「ラザロ,または復活の祭典」の形成原理に関する一考察
( Ein Beitrag zum Gestaltungsprinzip von Schuberts "Lazarus, oder Feier der Auferstehung" )
135-147
吉田 泰輔
( Yoshida Taisuke )
メタスタージョの「デモフォオンテ」書簡をめぐって
( Alcune lettere metastasiane sopra "Il Demofoonte" e una problema melodrammatica nel settecento. )
149-159
渡辺 公三
( Watanabe Kozo)
布の造形と社会空間 : クバ王国からのノート
( Espace social et le style de tissage de raphia au royaume de Kuba (Republique du Zaire) )
161-175
森 孝子
( Mori Takako )
外国文化に対する日本人の態度 : 劣等感と優越感
( Japanese Attitude towards Foreign Culture : Inferier and superior complex )
184-177
竹内 道敬
( Takeuchi Michitaka )
「常盤友」諸本考
( A study on "Tokiwa-no-tomo" )
196-186
瀬戸 明
( Seto Akira )
歴史発展の普遍法則とはなにか(6)
( Was sind die allgemeinen Gesetze der Geschichtsentwicklung (6) )
206-197
渋川 久子
( Shibukawa Hisako )
東京高等音楽学院・国立音楽学校史の研究
( Study on the History of Tokyo-Koto-Ongakugakuin and Kunitachi-Ongakugakko )
230-208
渋川 久子(編)
( Shibukawa Hisako )
〔資料〕東京高等音楽学院演奏会記録(大正十五年-昭和十三年)
( Programs for the Concerts of Tokyo-Koto-Ongakugakuin (1926-1938) )
284-232
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
トレルチとドイツ史学方法論争
( Ernst Troeltsch und der Methodenstreit in der deutschen Geschichtswissenschaft )
300-286
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
動詞のアクセントができるまで(三) : 日本語アクセント成立論(六)
( Establishment of Verb Accent in Japanese (Part 3) )
316-302
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
現代の学問論と大学の一般教育課程
( Contemporary Theory of Learning and the General Education Course at College )
324-317
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史 : 戦後・<その九>
( The History of Criticism in the Literature of Saikaku (9) )
338-325

 

25 (1990)

請求記号 = [PB102 25]

著作者 タイトル ページ
岩河 智子
( Iwakawa Tomoko)
コンコーネ50番による和声分析入門
( A Guide to Analysis of Harmony : Using Concone 50 Lessons )
1-22
大伴 栄子
( Otomo Eiko )
ピアジェ理論と幼児教育IV : 保育における片付け活動の検討
( Piaget's Theory and Earlychildhood Education IV : A study of Clean-up Activity form The Constructivist View )
23-33
荻野 勝
( Ogino Masaru )
「ドイッチュランド号の難破」の言葉 : その終末論的ヴィジョンと宗教的精神
( Words in "The Wreck of the Deutschland" : Its Apocaliptic Vision and Religious Spirit )
35-45
鹿島 享
( Kasima Susumu)
ヴィーンのフォティーフキルフェ,その建築様式(1)
( Baustil der Votivkirche in Wien (1) )
47-62
梶原 マリ
( Kajiwara Mari )
音楽基礎教育の問題点について : グループレッスンとヴァイオリン基礎教育
( Essay on Group-Lesson and Primary Education on Violin )
63-76
佐久間 晶子
( Sakuma Akiko )
絵本のディスコース分析 : 物語の形式としての繰り返しのパターンをさぐる
( A Discourse Analysis of a Picture-Book )
77-88
瀬戸 明
( Seto Akira )
ミヒャエル・エンデの文学について
( Uber die Literatur von Michael Ende )
89-102
永田 美喜子
( Nagata Mikiko )
小説における個人の歴史性 : エリザベス・ギャスケルの「クランフォード」その他の短編をめぐって
( Personal Historicity in a Novel : A Reading of Cranford and Other Short Stories by Elizabeth Gaskell )
103-111
高桑 いづみ
( Takakuwa Izumi)
「津島」・「下り端」の世界 : 能管・一節切の交流とその背景
( "Tsushima" and "Sagariha" : two examples of musical intercourse between nokan and hitoyogiri )
134-113
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
エルンスト・トレルチと「自由と祖国のための国民同盟」
( Ernst Troeltsch und "Der Volksbund fur Freiheit und Vaterland" )
146-136
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
副詞のアクセント成立考 : 日本語アクセント成立論(七)
( Establishment of Adverb Accent in Japanese )
162-148
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
母のための教育雑誌「子供の教養」について(その1) : 編輯者,武南高志を中心に
( A Study of "kodomo no Kyoyo )
174-163
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
ロマンティシズムと現代
( Romanticism and Today )
182-175
荒川 有志
( Arakawa Yuhshi)
「好色一代男」にみる表現の特性 : 若い人たちへ向けての西鶴入門<その1>
( The Feature of Expression in "Kohshoku Ichidaiotoko"/The Life of an Amorous Man" : The Introduction of Saikaku's Literature for Youth )
198-183

 

26 (1991)

請求記号 = [PB102 26]

著作者 タイトル ページ
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
科学と女性 : H.ケーニヒスドルフの小説「遠慮のないつきあい」に即して
( Die Weiblichkeit in der Wissenschaft : bei H. Konigsdorfs "Respektloser Umgang" )
1-6
岩河 智子
( Iwakawa Tomoko)
声楽家のための楽式論
( The Study of Musical forms for the Vocalist )
7-23
大ヶ瀬 邦生
( Ohgase Kunio )
さまざまなスラーと, フレーズについて
( In regards to phrase and various kinds of slur )
25-43
大伴 栄子
( Ohtomo Eiko )
ピアジェ理論と幼児教育 V : アイザックス,S.の教育とピアジェ派教育の比較検討 科学教育を中心に
( Piaget's Theory and Early Childhood Education V : The Malting House School Vs. Piagetian School )
45-52
小河原 美子
( Ogahara Yoshiko )
ドビュッシーの作品における"同心円形式"について
( La forme concentrique dans l'oeuvre de Claude Debussy )
53-73
島谷 謙
( Shimatani Ken )
パウラ・モーダーゾーン・ベッカーの肖像 : 日記と手紙
( Das Bildnis von Paula Modersohn Becker : in Briefen und Tagebuchern )
75-91
清水 康子
( Shimizu Yasuko)
死とともに生きる人間 : ジャン=ジャック・ルソーにおける死の人間学
( L'anthropologie de la mort chez Jean-Jacques Rousseau )
93-108
瀬戸 明
( Seto Akira )
ミヒャエル・エンデの文学について(2)
( Uber die Literatur von Michael Ende(2) )
109-122
財部 重孝 / 生方 盈代
( Takarabe Shigetaka / Ubukata Mitsuyo )
授業における腹筋力強化の検討
( A discussion on teaching for reinforcement of abdominal muscular strength )
123-131
田中 健次
( Tanaka Kenji )
音楽科教育における電子楽器類活用上の問題点 : いわゆる「電子キーボード」と呼ばれるものを通じて
( Problems of Using Electronic Instruments in School Music : In the Case of Electronic Keyboard )
133-142
中島 洋一
( Nakajima Yoichi)
電子音楽創造のためのより良い環境および施設とは(1)
( Good Environment and Facilities for Creation of Electronic Music (1) )
143-158
永田 美喜子
( Nagata Mikiko )
The Comfortersを読む : ミュリエル・スパークのフィクションの原点
( Reading The Comforters : the Starting Point of Muriel Spark's Fiction )
159-167
中館 栄子
( Nakadate Eiko )
音楽と動き(1) : 舞曲を中心にして
( Music and Movement (1) )
169-187
村井 嗣兒
( Murai Tsuguji )
「ソナチネアルバム」の中のモーツアルトとベートーヴェン
( Mozart and Beethoven in "Sonatinen Album" )
189-204
渡辺 公三
( Watanabe Kozo)
同一性のアルケオロジー : A・ベルティヨンと司法的同一性の誕生(1)
( Archeologie de l'identite : A. Bertillon et la naissance de l'identite judiciaire(1) )
220-206
長谷川 公一
( Hasegawa Koichi)
ジョン万次郎がもたらしたもの(I) : その開国論と体験的アメリカ
( Reconsidering what John Mung brought back to Japan )
232-221
竹内 道敬
( Takeuchi Michitaka )
鶴賀若狭掾研究
( A study on "Tsuruga-Wakasanojo" )
250-234
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
エルンスト・トレルチとエルンスト・ヘッケル
( Ernst Troeltsch und Ernst Haeckel )
264-251
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
一型アクセントの成立について : 日本語アクセント成立論(八)
( A Study of Establishment of IKKEI ACCENT in Japanese )
276-266
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
母のための教育雑誌「子供の教養」について(その二) : その時代に果たした役割と意義
( A Study of "Kodomo no Kyoyo )
288-277
加藤 一雄
( Kato Kazuo )
国立音楽大学学生の道徳的感性に関する一考察
( A Study of the morally sensibility for students and Kunitachi College of Music )
302-290
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
図書館とロマンティシズム
( Library and Romanticism )
314-304
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
「好色一代男」の世界 : 若い人たちへ向けての西鶴入門<その2>
( The World of "Kohshoku Ichidaiotoko/The Life of an Amorous Man" The Introduction of Saikaku's Literature for Youth )
330-315

 

27 (1992)

請求記号 = [PB102 27]

著作者 タイトル ページ
五十嵐 蕗子
( Igarashi Fukiko )
ゲルトルート・ロイテンエガーの作品「くらげ」について
( Ein Beitrag zu "Meduse" von Gertrud Leutenegger )
1-9
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
楽式論序説 : または, 楽曲分析のために
( Introduction to Musical Form )
11-29
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
「望ましい英語像」の形成と実現(1)
( On Views of Ideal English )
31-47
生方 盈代
( Ubukata Mitsuyo)
本学学生の健康観について
( Research on the View for Health of Our College Students )
49-63
小河原 美子
( Ogahara Yoshiko )
ドビュッシーの作品における音の体系と「ゆれ」について
( Les systemes modaux et "Yure"(Ondulation) dans l'oeuvre de Claude Debussy )
65-82
小島 緑
( Kojima Midori )
Katherine Mansfield At The Bay : 受容の世界
( Katherine Mansfield At The Bay : The World of Acceptance )
83-92
小谷 民菜
( Kotani Tamina )
ハインリヒ・ハイネ 「イデーエン ル・グランの書」 : 回想と喚起の手法
( Heinrich Heine:Ideen. Das Buch Le Grand : Die Technik von Erinnerung und Erweckung )
93-105
瀬戸 明
( Seto Akira )
ミヒャエル・エンデの文学について(3)
( Uber die Literatur von Michael Ende(3) )
107-119
田中 健次
( Tanaka Kenji )
音楽科教育における電子楽器類活用上の問題点(その2) : 電子楽器類に関する国内文献を通じて
( Problems of Using Electronic Instruments in School Music (Part2) : In the Case of Japanese Literatures about Electronic Instruments )
121-130
永田 美喜子
( Nagata Mikiko )
Memento Mori が示すミュリエル・スパークの力量 : 小説の魅力とは何か
( Muriel Spark's Talent Shown in Memento Mori : What is the Charm of a Novel? )
131-141
永田 美穂
( Nagata Miho )
18世紀における器楽の解放過程と「崇高」概念の役割
( Emanzipation der Instrumentalmusik im 18. Jahrhundert und der Begriff "Das Erhabene" )
143-156
中館 栄子
( Nakadate Eiko )
音楽と動き(2) : A.AppiaとE.J.-DalcrozeによるGluckの「Orfeo ed Euridice」(1913年上演)を通してみる近代舞台空間
( Music and Movement(2) )
157-175
Nakanishi Chiharu
( 中西 千春 )
An Active Approach to Language Learning
( 英語学習意欲を喚起する授業の工夫と教材 )
177-193
藤田 芙美子
( Fujita Fumiko )
川井八雲神社の獅子舞のパフォーマンス分析
( Performance Analysis of SHISHIMAI(Dragon Dance) at KAWAI YAKUMO Shrine )
195-206
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
北伊ドロミテアルプス地域の伝説 : 異界の物達I
( Le leggende trovate tra le Dolomiti : Esseri dell' aldila I )
207-221
渡辺 公三
( Watanabe Kozo )
同一性のアルケオロジー : A.ベルティヨンと司法的同一性の誕生(2)
( Archeologie de l'identite : A. Bertillon et la naissance de l'identite judiciaire(2) )
236-223
長谷川 公一
( Hasegawa Koichi)
ジョン万次郎がもたらしたもの(II) : その開国論と体験的アメリカ
( Reconsidering what John Mung brought back to Japan (2) )
246-237
竹内 道敬
( Takeuchi Michitaka )
富士松魯中研究
( A Study on Fujimatsu Rochu )
260-248
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
トレルチとシュペングラー
( E.Troeltsch und O.Spengler )
274-262
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
日本語の音節構造史について
( A Historical Study of Syllabic Structure in Japanese )
292-276
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
両親再教育運動と上村哲弥
( Movement of Re-education of Parents by Tetuya Kamimura )
306-293
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
図書館ひろば論 : 近未来の図書館像・試論
( Library as a Square : A tentative Essay on Library in the near Future )
318-305
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
「西鶴諸国ばなし」にみる説話と小説の間
( Between Folklores and Novels in "Saikaku-Syokokubanashi" )
334-319

 

28 (1993)

請求記号 = [PB102 28]

著作者 タイトル ページ
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
ポピュラー音楽における音楽構造の相関(1)
( The Correlation of Musical Structures in Popular Music (1) )
1-20
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
「望ましい英語像」の形成と実現(2)
( On Views of Ideal English )
21-30
( 宇都宮 秀和 )
Utsunomiya Hidekazu
"One Greater Man" : Kabbalistic Motifs in Paradise Lost
( 「楽園喪失」におけるカバラ的モチーフ )
31-46
生方 盈代
( Ubukata Mitsuyo)
本学学生の健康観について(2)
( Research on the View for Health of Our College Students(2) )
47-60
大伴 栄子
( Ohtomo Eiko )
ピアジェ理論と幼児教育 VI : 保育における協同の重要性
( Piaget's Theory and Early Childhood Education VI : The Important Role of Co-operation in Early Education )
61-66
小河原 美子
( Ogahara Yoshiko )
ドビュッシーの「前奏曲集第2集」について
( Le Deuxieme Livre des Preludes de Claude Debussy )
67-84
小日向 英俊
( Kobinata Hidetoshi )
教則本に見るシタール音楽
( The Music in Manual Books for Sitar )
85-100
白石 美雪
( Shiraishi Miyuki)
瞬間の再評価 : 20世紀音楽におけるモダンについて
( Revalorisation de l'instant : modernite dans la musique du 20eme siecle )
101-115
瀬戸 明
( Seto Akira )
ポランニー経済学と唯物史観 : いわゆる「ポランニー・マルクス問題」について
( Karl Polanyi und Karl Marx )
117-130
田中 健次
( Tanaka Kenji )
電子楽器と機器類の分類に関する一考察
( On Classification for Electronic Instruments and some Electronic Machines )
131-138
中館 栄子
( Nakadate Eiko )
音楽と動き(3) : E.J.=Dalcrozeに学んだ舞踊家伊藤道郎とダルクローズ・メソード「20のゼスチャー」の復元
( Music and Movement(3) )
139-160
中西 千春
( Nakanishi Chiharu )
英作文におけるセルフ・コレクションの効果
( The Effects of Self-Correction on English Writing )
161-168
村井 嗣次
( Murai Tsuguji )
バッハの予告 : 「平均律クラヴィア曲集第1巻」をめぐって
( Die Prophezeihung von J.S. Bach )
169-183
安田 和信
( Yasuda Kazunobu )
18世紀における「ルプリーズ」の用語法について
( On the Terminology of "Reprise" in the 18th Century )
185-194
Yokota Evelyn G.
( 横田 エべリン )
Inoue Shigeyoshi as Educator
( 教育者としての井上成美 )
195-206
渡辺 公三
( Watanabe Kozo)
同一性のアルケオロジー : A.ベルティヨンと司法的同一性の誕生(3)
( Archeologie de I'identite : A. Bertillon et la naissance de l'identite judiciaire(3) )
222-207
竹内 道敬
( Takeuchi Michitaka )
江戸祭礼研究 : 天保十年神田祭
( A Study of "Kanda-matsuri" -1839 )
234-223
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ドレスデン教会大会(一九一九年)とトレルチ : 福音主義教会の再編成と保守主義
( Ernst Troeltsch und der Dresdner Kirchentag im Jahre 1919 : Die Neuordnung der evangelischen Kirchen und der Konservatismus )
248-236
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
二音節名詞アクセントの「類別」考
( A Study of Rui Betsu (accent group) in Japanese Accent )
262-250
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
コミュニケーションと図書館
( Communication and Library )
272-263
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
近世小説としての「好色五人女」
( Kohsyoku Goninonna as Modern Novel )
288-274

 

29 (1994)

請求記号 = [PB102 29]

著作者 タイトル ページ
五十嵐 蕗子
( Igarashi Fukiko )
ロイテンエガーの「アケロン」について : 態度と手法
( 'Acheron' von G. Leutenegger : uber ihre Stellungnahme und Manieren )
1-13
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
ポピュラー音楽における音楽構造の相関(2)
( The Correlation of Musical Structures in Popular Music(2) )
15-34
伊藤 直子
( Ito Naoko )
ローベルト・ヴァルザーのビール時代の詩について
( Zu Robert Walsers Gedichten aus der Bieler Zeit )
35-46
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
普遍言語と英語改革
( Universal Language and English Improvement )
47-54
Utsunomiya Hidekazu
( 宇都宮 秀和 )
A Phenomenological Interpretation of Milton's Later Works : Part I
( ジョン・ミルトンの後期作品 : 現象学的解釈 )
55-67
大伴 栄子
( Ohtomo Eiko )
ピアジェ理論と幼児教育(VII) : 集団ゲームの意義と指導
( Piaget's Theory and Early Childhood Education VII : The Objectives and the Method of Group Games )
69-82
小河原 美子
( Ogahara Yoshiko )
ドビュッシーの「前奏曲集第2集」における調性プランについて
( Le Plan de tonalite du Deuxieme Livre des Preludes de Claude Debussy )
83-96
小山 和彦
( Koyama kazuhiko )
「楽曲分析」の再検討
( Uberprufung von Analyse )
97-106
白石 美雪
( Shiraishi Miyuki)
ブーレーズとケージ : 時間概念の変容をめぐって
( Boulez et Cage : Transformation de la notion du temps musical )
107-118
瀬戸 明
( Seto Akira )
近代二元論はいかに克服されるべきか : いわゆる知覚外界像説の批判的検討をつうじて
( Dialektischer Materialismus-kritik )
119-132
中島 洋一
( Nakajima Yoichi)
電子音楽創造のためのより良い環境および施設とは(2)
( Good Environment and Facilities for Creation of Electronic Music (2) )
133-146
永田 美喜子
( Nagata Mikiko )
語りと時制 : ミュリエル・スパークの小説におけるナレーションの研究・試論
( Narration and Tense : An Essay on Narration in Muriel Spark's Novels )
147-153
中館 輝厚
( Nakadate Teruatsu )
国立音楽大学・NHK交響楽団 協演に関する一考察
( Eine Betrachtung uber die Geschichte von Mitwirkung dem Kunitachi Ongaku-Daigaku und dem NHK Symphony Orchester )
155-175
中西 千春
( Nakanishi Chiharu )
英語を専攻しない学生のための英語コミュニケーション指導
( An Effective Way of Teaching English Communication to Non-English-Majors )
177-190
野平 多美
( Nodaira Tami )
フランスの「フォルマシオン・ミュジカルー音楽家の基礎形成」の行方
( L'avenir de la 'Formation musicale' en France )
191-201
長谷川 志保
( Hasegawa Shiho)
R.S.トマスの詩の哀感について
( On Pathos in R.S. Thomas's Poetry )
203-213
古山 和男
( Furuyama Kazuo)
「イネガール」「アグレマン」及び「リエゾン」の一般原理 : フランス・バロック音楽における「ムーブマン」
( The General Principle of 'Notes Inegales','Agrement', and 'Liaison' : 'Mouvement' in French Baroque Music )
215-232
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
北伊ドロミテアルプス地域の伝説 : 異界の者達 (II)
( Le leggende trovate tra le Dolomiti : Esseri dell' aldila II )
233-249
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
Umgangsspracheに関する概念規定
( Uberlegungen zum Begriff der Umgangssprache )
251-260
竹内 道敬
( Takeuchi Michitaka )
吉原俄の芸能 : 浮世絵に見える
( A Study of 'Yoshiwara-Niwaka' )
278-261
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ヴァイマル共和国初期の右翼急進主義とトレルチ
( Erbst Troeltsch und der Rechtsradikalismus im Anfangsstadium der Weimarer Republik )
292-280
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
日本語アクセント成立論と比較方法
( A Study of the Development of Japanese Accents and A Comparative Method )
302-294
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
国立音楽大学における幼児教育専攻 : 幼稚園教諭養成所時代(1950-1962) (その1)
( The History of the Kindergarten Teacher Trainning Course in Kunitachi College of Music (1) 1950-1962 )
318-304
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学の読者 : 西鶴文学研究史覚え書「西鶴の創作意識とその推移」(中村幸彦)を読む
( The Readers of Saikaku's )
336-320

 

30 (1995)

請求記号 = [PB102 30]

著作者 タイトル ページ
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
壁崩壊後のフォルカー・ブラウンの文学作品
( V. Brauns Schriften nach dem Mauerfall )
1-11
飯野 幹夫
( Iino Mikio )
カントの定言的命法と個人的人格
( 'Kategorischer Imperativ' Kants in Rucksicht auf die personale Entwicklung des Individuums )
13-23
石原 忠興
( Ishihara Tadaoki)
"音の意匠" : ロバート・コーガン,ポッツィ・エスコットの視点
( Sonic design : The Views of Robert Cogan and Pozzi Escot )
25-42
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
王立協会と英語改革
( Royal Society and English Improvement )
43-52
Utsunomiya Hidekazu
( 宇都宮 秀和 )
Milton's Sacred Geometry : The Temple and Puritanism
( ミルトンの神聖幾何学 )
53-69
生方 盈代
( Ubukata Mitsuyo)
本学学生の健康観について(3)
( Research on the View for Health of our College Students(3) )
71-79
大澤 健一
( Ohsawa Kenichi)
学校教育における吹奏楽指導について
( A Report on Teaching the Band in school )
81-94
小河原 美子
( Ogahara Yoshiko )
ドビュッシーの和声法について
( Le langage harmonique de Claude Debussy )
95-112
小松 幸雄
( Komatsu Yukio )
合唱指導法について : 主に合唱訓練について
( On Teaching and training the Chorus )
113-130
小山 和彦
( Koyama Kazuhiko )
フーガの技法: バッハ「平均律クラヴィーア曲集」における重奏構造と断層構造について
( Die Technik der Fuge : Simultane und zeitversetzte Mehrschichtenstrukturen im Wohltemperierten Klavier von J. S. Bach )
131-141
清水 研作
( Shimizu Kensaku )
多面的な視点による楽曲分析および理論の可能性
( Multiple Perspectives in Musical Analysis )
143-156
瀬戸 明
( Seto Akira )
《現象-物自体》二元論における物自体のパラドックスについて : 《弁証法的唯物論》批判(2)
( Dialektischer Materialismus-kritik(2) )
157-168
堤 康徳
( Tsutsumi Yasunori )
歴史の沈黙と悲劇 : マンゾーニの悲劇『アデルキ』をめぐって
( Il silenzio della storia e la tragedia : Un'analisi dell' 'Adelchi' di Alessandro Manzoni )
169-182
永田 美喜子
( Nagata Mikiko )
プロットは誰のもの? : ミュリエル・スパークの実験的三部作の研究
( Who Controls the Plot? : A Study on Muriel Spark's Experimental Trilogy )
183-193
中館 栄子
( Nakadate Eiko )
音楽と動き(4) : E.J.-Dalcrozeのダンス様式『Plastique animee』と音楽の基礎として果す役割
( Music and Movement(4) )
195-210
中西 千春
( Nakanishi Chiharu )
英語の授業における自己表現能力育成の工夫と実践
( Can We teach university students to formulate and to express their opinions in English class? )
211-224
中村 隆一
( Nakamura Ryuichi )
音楽理論の改革 : いま,なぜ理論改革?
( A Reform in the Theory of Music : Why is it now that a reform in the theory of music? )
225-237
野平 多美
( Nodaira Tami )
フォーレ研究 : 歌曲への和声学からのアプローチ
( L'approche du langage harmonique de Gabriel Faure )
239-254
古山 和男
( Furuyama Kazuo)
拍節の音楽的時間と科学的時間 : 「ムーヴマン」の時間の歪みについてのデカルト的考察
( Musical Time in Metre versus Scientific Time : An Experiment on Time Warp in 'mouvement' through the Cartesian Methods )
255-269
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
西欧児童文学史の中のイタリア
( L'Italia nella storia di letteratura infantile dell'Europa Occidentale )
271-286
山川 和彦
( Yamakawa Kazuhiko )
トレンティーノ・アルト・アディジェ州における言語環境
( Sprachlandschaft in Trentino-Alto Adige )
287-297
山脇 一宏
( Yamawaki Kazuhiro )
アンサンブル授業における電子楽器活用の可能性(1)
( The Possibility of using Electronic Keyboards in the Ensemble Class )
299-316
横田 エベリン
( Yokota Evelyn G. )
教育者としての井上成美(2)
( Inoue Shigeyoshi as Educator, Part II : Discipline and Moral Education at the Naval Academy at Etajima )
317-327
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ドイツ革命の観察者としてのトレルチ
( Ernst Troeltsch als Beobachter der deutschen Revolution 1918/19 )
356-343
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
国立音楽大学における幼児教育専攻 : 設立当時(1963年)を中心に(その2)
( The Kindergarten Teacher Training Cours in Kunitachi College of Music : Establishment and Historical View 2 )
370-358
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
浮世草子 の文体 : 森銑三『一代男新考』
( On the Style of 'Ukiyozohshi' )
386-371