国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

研究紀要 1-20号

1 (1966)

請求記号 = [PB102 1]

著作者 タイトル ページ
波多野 誼余夫 /
久原 恵子
( Hatano Giyoo / Kuhara Keiko )
音楽受容過程への認知心理学的接近
( Incongruity and Emotional Responses to Music )
1-14
徳丸 吉彦
( Tokumaru Yoshihiko)
音楽における享受の役割とその教育について
( Perception of Music, its Role in Music Education )
15-28
内田 るり子
( Utida Ruriko )
広島・島根両県に現存する「田植ばやし」の音楽の外観の研究
( The Musical Region of "Taue-bayasi"(a Rice Planting Music) in the Mountain Region of Tyugoku District )
29-58
高野 紀子
( Takano Noriko )
ハインリヒ・イザークのコラーリス・コンスタンチヌス研究(I)
( Study on Isaac's Choralis Constantinus (I) )
59-79
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
ミッションと明治の幼稚園
( Missionaries and Kindergarten in Meiji Era )
81-97
鹿島 享
( Kashima Susumu )
カントの反省的判断力について
( On Kant's Theory of Reflective Judgment )
99-108

 

2 (1967)

請求記号 = [PB102 2]

著作者 タイトル ページ
芝 祐泰
( Shiba Sukehiro )
嬰変十七階名唱法の提唱
( A New System of Solfege, with Etudes for it )
3-48
伊達 良
( Date Ryo )
ヴァイオリン指導における音程の矯正について
( Correcting of Interval in Teaching Violin )
49-59
神田 正臣
( Kanda Masaomi)
アッティカ散文における哲学的思想研究
( A Study of the Philosophical Thought in the Attica Prose )
61-74
Ikegaki Masayuki
( 生垣 昌之 )
Eine Betrachtung uber Schillers Asthetik (I) 75-87

 

3 (1967)

請求記号 = [PB102 3]

著作者 タイトル ページ
岡田 九郎
( Okada Kuro )
ルネサンス・バロック音楽の解釈と演奏の研究 : 昭和41年度・42年度文部省科学研究費補助金,機関研究による綜合研究の意義と成果(中間報告を兼ねて)
( Report on "The Research for Interpretation and Performance of the Renaissance and Baroque Music )
1-16
鹿島 享
( Kasima Susumu)
レオナルド・ダ・ヴィンチのリラについて(1)
( A Study on the Lyra by Leonardo da Vinci (1) )
17-30
久原 恵子
( Kuhara Keiko )
概念形成の研究における方法論的問題
( Methodological Problems in Studies on Concept Formation )
31-48
芝 祐泰
( Shiba Sukehiro )
訓讀釋解 五重記 尾張連濱主作 十操記 貞保親王御記
( Interpretation "Gojuki" and "Jissoki" )
49-71
島村 愛子
( Shimamura Aiko)
鑑賞教育における日本音楽の扱い方 : 旋律構造の研究
( Traditional Japanese Music in Education for Appreciation )
73-88
波多野 誼余夫
( Hatano Giyoo )
音楽におけるゲシタルトの概念 : L. B. Meyer の理論を中心に
( On "Gestalt" Conception of Music )
89-95
吉田 泰輔
( Yoshida Taisuke)
14世紀フランス・イタリア音楽を通して観た音楽史における時代区分の問題(I) : British Museum Additional Manuscript 29987 の検討
( The Problem of the Period in Music History -examined through the 14th century French-Italian music part1 )
97-119

 

4 (1968)

請求記号 = [PB102 4]

著作者 タイトル ページ
神田 正臣
( Kanda Masaomi)
古高ドイツ語の歴史的背景
( The Historical Background of the Old High German Language )
1-9
クロイツァー 豊子
( Kreutzer Toyoko )
ショパンにおけるアゴーギク,ルバート及びペタリングについて
( Agogik, Tempo Rubato and Pedaling in Chopin Music )
11-30
島村 明
( Shimamura Akira )
W・スコットの小説
( W. Scott's Novels : On Waverley )
31-41
瀬戸 明
( Seto Akira )
弁証法と矛盾律 I
( Dialectic and the Law of Contradiction 1 )
43-53
中山 貞一郎
( Nakayama Teiichiro )
ギリシャ音楽の旋律法と和声
( Melopoiia and Harmony in the Theory of Greec Music )
55-70
森 孝子
( Mori Takako )
Louis Guttman の研究方法論(1)
( Introduction to Louis Guttman's Methodology of Research (1) A Notation Technique for Guttman Scale )
71-78
山本 宏
( Yamamoto Hiroshi )
人間存在とその環境について
( On Human Existence and its Circumstances )
79-83

5 (1969)

請求記号 = [PB102 5]

著作者 タイトル ページ
有馬 大五郎
( Arima Daigoro )
日本人の音楽感覚
( Das Musikempfinden der Japaner )
1-20
小塩 トシ子
( Oshio Toshiko )
シェイクスピア浪漫劇における構成と意味 : The Winter's Tale を中心に
( Structure and Meaninig in Shakespeare's Romances : with special reference to The Winter's Tale )
21-35
神田 正臣
( Kanda Masaomi )
大正期教養派の思想的限界
( The thoughtful limit of the culture school in the Taisho Age )
37-43
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
日本におけるナースリー・スクール
( The Nursery School in Japan )
45-75
佐々木 克夫
( Sasaki Katsuo )
Hartmann von Aue における接続法: 除外文, "ez ensi daz−Satz" に関する考察
( Der Konjunktiv in Hartmann von Aue : Uber den Exzeptivsatz, "ez ensi daz-Satz" )
77-90
繁下 和雄
( Shigeshita Kazuo )
日本の大衆音楽 : その音型分析を中心として
( The Structure of Japanese Popular Music )
91-110
徳丸 吉彦/波多野 誼余夫
( Tokumaru Yoshihiko / Hatano Giyoo )
メイヤーの「音楽における情動と意味」について
( On Meyer's Theory of Emotion and Meaning in Music )
111-138
星 旭
( Hoshi Akira )
明治期の山田流箏曲
( Sokyoku(Koto music) of Yamada School in the Meiji Era )
139-170
森 孝子
( Mori Takako )
Louis Guttman の研究方法論(2) : Facet Theory について
( Louis Guttman's Research Methodology (2) : Facet Theory )
171-177

 

6 (1970)

請求記号 = [PB102 6]

著作者 タイトル ページ
有馬 大五郎
( Arima Daigoro )
邦楽の音グループとそのソルミゼーション視唱
( On Appreciation of Japanese Traditional Music )
1-10
石橋 洋子
( Ishibashi Hiroko)
H.I.F.ビーバーの「ローゼンクランツ・ソナタ」について
( Die "Rosenkranz"-Sonaten von H.I.F. Biber )
11-35
岡田 昭子
( Okada Akiko )
ピアノ曲を中心にドビュッシーを見て
( A Study of Debussy through his Piano Music )
37-50
久山 宗彦
( Kuyama Munehiko )
アレクサンドリアのクレメンスにおける異教信仰 とキリスト教 : その芸術的表現について
( Pagan Belief and Christianity on Clement of Alexandria )
51-63
近藤 映子
( Kondo Eiko )
エピクロスの神と人との概念についての二章
( Gli Dei e gli Uomini nella Filosofia de Epicuro )
65-88
山田 幸三郎
( Yamada Kozaburo )
「ファウスト」をいかに読むか
( Wie Liest Man den "FAUST"? )
89-106

7 (1972)

請求記号 = [PB102 7]

著作者 タイトル ページ
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
多摩地区を中心とする公・私立幼稚園の諸問題 : 人口流動に伴う
( Problems of Public and Private Kindergartens in Tama District : Flow of the Population )
1-23
島村 明
( Shimamura Akira )
W・スコットの小説 : Rob Royについて
( W. Scott's Novels : On "Rob Roy" )
25-38
土岐 知子
( Toki Tomoko )
トマス・ワイアットの抒情詩 : その模倣と創意について
( The Lyric Poetry of Sir Thomas Wyatt: His Imitation and Originality )
39-53
伊達 安子
( Date Yasuko )
ケルト神話・伝説の要素的背景について
( Three Elements of Pre-Christian Celtic Mythology and Tradition )
55-72
荒川 有史
( Arakawa Yushi )
「万の文反古」(井原西鶴)の問題点
( Problems of "Yorozu No Humihogu" (by Saikaku Ihara) )
73-85
辻 荘一
( Tsuji Shoichi )
バッハの教会音楽の神秘感とコラール
( The Mysticism in J.S. Bach's Music and Chorale )
87-96

 

8 (1973)

請求記号 = [PB102 8]

著作者 タイトル ページ
岡田 淳子
( Okada Atsuko )
遺跡形成論 : プェブロ・インディアンの事例を中心として
( A Treatise on the Formation of Archaeological Sites : A Case from the Pueblo Indians )
1-10
小塩 トシ子
( Oshio Toshiko )
エァリエルの歌 :「あらし」その1
( Ariel's Songs : A Study in Interpretation of The Tempest )
11-28
勝間 淳視
( Katsuma Masami )
ハインリヒ・ハイネの「ルートヴィヒ・ベルネ 覚え書」について
( Uber Heinrich Heines "Ludwig Borne. Eine Denkschrift" )
29-45
亀里 旦 / 鈴木 正 / 二宮 盈代 ほか
( Kamesato Akira / Suzuki Tadashi / Ninomiya Mitsuyo et al. )
本学学生の体格,体力について(その1)
( A Study of the Physique and Physical Fitness of our College Students (1) )
47-62
北川 みゑ
( Kitagawa Mie )
幼児教育専攻における教育実習について
( The Actual Condition of the Teaching Practice in Infant Education )
63-78
瀬戸 明
( Seto Akira )
マルクス主義の弁証法とその発展史をめぐって
( Uber die marxistische Dialektik und ihre Entwicklungsgeschichte )
79-91
南川 貞治
( Nagawa Teiji )
ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」の背景 : 特に原作小説と戯曲の対比
( The Background of the Musical : Fiddler on the Roof )
93-122
松野 茂
( Matsuno Shigeru )
コントラバス学習の教程に関する諸問題
( A Study on the Method of the Double Bass for Biginners )
123-146
森 孝子
( Mori Takako )
生産様式の教育労働に及ぼす影響 : 新しい時代の教師養成問題への一アプローチ
( The Modes of Production Influence upon the Educational Occupations : An Approach to New Teacher Education for the Future )
147-158
吉田 泰輔
( Yosida Taisuke )
伝記叙述の初段階
( Early Biographical Writings in Music )
159-168

 

9 (1974)

請求記号 = [PB102 9]

著作者 タイトル ページ
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
詩の韻律とはなにか : ふたつの韻律論をめぐって
( What is Meter in Poetry : Concerning Two Metrical Theories )
1-13
大久保 一
( Ohkubo Hajime )
J.ハイドンのソナタ提示部について : 弦楽四重奏曲を中心に
( Uber die Exposition in Haydnschen Streichquartetten )
15-35
梶原 マリ
( Kajiwara Mari )
東方正教会 聖歌について
( Hymns of Eastern Orthodox Church )
37-53
勝間 淳視
( Katsuma Masami )
ハイネにおける革命と詩 : 「アッタ ・トロル」について
( Revolution und Poesie in Heines Werk : Uber "Atta Troll" )
55-72
加藤 勝也
( Kato Katsuya )
教育を受ける権利についての諸問題
( On Right to Education )
73-85
郡司 すみ
( Gunji Sumi )
楽器の音を創る間接的な要因について
( Kybernetische Uberlegungen zum Musikinstumentenklang )
87-98
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
日本におけるナースリー・スクール(2) : 最初の紹介と設立を中心に
( The Nursery School in Japan (2) )
99-117
佐瀬 仁
( Sase Yasushi )
日本における一典型的音楽家族に就いての優生学的研究
( Eugenic Study of a Tipical Family in Japanese Musicians )
119-130
島村 明
( Shimamura Akira )
マシゥ アーノルド研究 : "教養と無秩序"について
( Matthew Arnold as Critic : On 'Culture and Anarchy' )
131-144
三宅 靖子
( Miyake Yasuko )
音楽基礎能力の実証的研究 : フレージング・テスト
( An Experimental Study of Fundamental Musical Ability : Phrasing Test )
145-158

 

10 (1975)

請求記号 = [PB102 10]

著作者 タイトル ページ
大久保 一
( Ohkubo Hajime )
モーツァルト後期のソナタ形式について : 主題的統一の問題を中心に
( On Mozart's Sonataform in his Viennese Period : Mainly on the problem of thematic unity )
1-15
大久保 靖子
( Ohkubo Yasuko)
15世紀の音楽とフォーブルドンについての一考察: デュファイとオケゲームのミサ曲にその一面をみる
( Beitrag des Fauxbourdons in der Musik des 15. Jahrhunderts )
17-35
郡司 すみ
( Gunji Sumi )
鍵盤についての考察
( Eine Betrachtung uber das Klaviatur der Tasteninstrumente )
37-43
繁下 和雄
( Shigeshita Kazuo )
日本の大衆音楽<その2> : 「歌謡曲」の旋律構造
( The Structure of Japanese Popular Music (2) )
45-64
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
イタリア民話 : おとぎ話(1)
( Racconti del Popolo Italiano fiabe (1) )
65-81
森 孝子
( Mori Takako )
教師の生活の構造と労働意識(I) : 生活関係と生活時間
( The Life Style and Occupational Attitude of the Elementary School Teachers(I) )
83-95
鷲尾 勝
( Washio Masaru )
ドイツにおける「Musische Erziehung」
( Uber die "Musische Erziehung" in Deutschland )
97-108
渋川 久子
( Shibukawa Hisako )
「青鞜」における「新しい女」の主張
( Assertions of the "New Women" in the Magazine "SEITO" )
124-110
国安 洋
( Kuniyasu Yo )
分析と解釈 : 音楽美学の方法をめぐって
( Analyse und Interpretation )
134-125
金子 晴男
( Kaneko Haruo )
アウグスティヌスにおける「超越」の意義 : De vera religioneを中心にして
( The Significance of the Augustinian "Transcendence" )
150-135
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
文学史の方法について
( On the Way of Literary History )
162-151

11 (1976)

請求記号 = [PB102 11]

著作者 タイトル ページ
岡田 淳子
( Okada Atsuko )
石器時代の楽器に関する2〜3の考察
( On the musical insturments of the stone age )
1-13
亀里 旦
( Kamesato Akira)
本学学生の体格,体力について(その2)
( A Study of the Physique and Physical Fitness of our College Students (2) )
15-29
久納 慶一
( Kuno Keiichi )
音楽における反復とその意味
( Von der Wiederholung in der Musik und ihrer Bedeutung )
31-44
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
日本におけるナースリー・スクール(3) : 米国教育使節団勧告と戦後に設立されたナースリー・スクール
( The Nursery School in Japan (3) : The Advice of Amerian Mission of Education to Japan and the Nursery Schools established after World War II )
45-61
島村 明
( Shimamura Akira )
ペーターのスタイル論
( W. Pater's "On Style" )
63-76
伊達 安子
( Date Yasuko )
児童文学における魔女の位置づけ : C. S. Lewis : 「Narnia 国物語」をめぐって
( The Situation of The Witch In Narnia Saga )
77-88
松野 茂
( Matsuno Shigeru )
ドラゴネッティの功績
( Some Notes on Dragoneti )
89-100
森 孝子
( Mori Takako )
教師の生活の構造と労働意識(II) : 生きがいと職業意識
( The Life Style and Occupational Attitude of the Elementary School Teachers (II) )
101-114
瀬戸 明
( Seto Akira )
唯物論の認識論をめぐる古典的状況
( Uber die gegenwartigen Probleme der materialistischen Erkenntnistheorie )
132-116
渋川 久子
( Shibukawa Hisako )
メール・セン・マチルドの手紙から : サンモール修道会の来日,活動開始の頃
( The Essay on the Letters from Mother St. Mathilde Raclot )
146-133
金子 晴男
( Kaneko Haruo )
アウグスティヌスにおける「心」(COR)の概念(I) : COR INQUIETUMの解釈を中心にして
( The Idea of Augustinian "COR INQUIETUM" )
160-147

 

12 (1977)

請求記号 = [PB102 12]

著作者 タイトル ページ
網代 景介
( Ajiro Keisuke )
ティンパニの変遷と作品との関連
( A Study on Timpani : Development of its Mechanism and the Composition )
1-26
郡司 すみ
( Gunji Sumi )
民族楽器の地域的特質についての考察
( Eine Betrachtung uber sichtbare und unsichtbare Eigenschaften der Volksmusikinstrumente )
27-36
伊達 安子
( Date Yasuko )
神話におけるヤドリギ考 : 北欧神話「Balderの死」をめぐって
( The Mistletoe from "The Myth of Balder" )
37-44
南川 貞治
( Nagawa Teiji )
ミュージカル Raisin(「干しぶどう」)
( Musical "Raisin" )
45-63
二宮 盈代 / 杉町 百合子
( Ninomiya Mitsuyo / Sugimachi Yuriko)
高令者の生活環境と旅行意識について
( Senior Citizens Attitudes toward Traveling seen from Standpoint of their Living Standards )
65-82
根岸 愛子
( Negishi Aiko )
プリンス・ハルの人間像 : シェイクスピアの「ヘンリ四世・第一部」及び「ヘンリ四世・第二部」より
( On the Character of Prince Hal in Shakespeare's King Henry IV Part I and King Henry IV Part II )
83-94
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
イタリア民謡 : バジーレ「ペンタメローネ」
( Racconti del Popolo Italiano : Basile "PENTAMERONE" )
95-111
松野 茂
( Matsuno Shigeru )
近代コントラバス奏法の確立者 : ボッテシーニの功績
( A Study on Bottesini )
113-121
森 孝子
( Mori Takako )
教師の生活の構造と労働意識 (III): 教師の教養の構造と研修
( The Life Style and Occupational Attitude of the Elementary School Teachers (III) )
123-136
渋川 久子
( Shibukawa Hisako )
漱石の女性観 : 藤尾と美禰子を中心に
( Soseki's Idea of Women )
148-138
金子 晴男
( Kaneko Haruo )
アウグスティヌスにおける自由意志と悪について : De libero arbitrio を中心にして
( On the Free Will and Evil in Augustine )
166-150
鹿島 享
( Kashima Susumu )
自画像に関する一考察
( Eine Betrachtung uber das Selbstbildnis )
182-168
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
「さざなみ軍記」論ノート : 古典平家との対話を基底に
( A Note on "Sazanami Gunki" )
198-183

 

13 (1978)

請求記号 = [PB102 13]

著作者 タイトル ページ
植松 みどり
( Uematsu Midori)
E. M. Forster の作品における自然と人間
( Nature and the People in the Novels of E. M. Forster )
1-10
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
プロセス神学の神理解
( The Understanding of God in Process Theology )
11-29
久原 恵子
( Kuhara Keiko )
記憶におけるinference
( The Role of Inference in Memory Representation )
31-40
郡司 すみ
( Gunji Sumi )
M.プレトリウス「シンタグマ・ムジクムII,オルガノグラフィア」について
( Uber SYNTAGMAMUSICUM II, De Organographia von M. Praetorius )
41-73
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
リトミックを導入した早創期の成城幼稚園 : 小林宗作の幼児教育を中心に
( The Beginning Term of Dalcroze Eurhythmics at Seijo Kindergarten )
75-93
佐瀬 仁
( Sase Yasushi )
弥生時代古代和琴のResonator(共鳴器)について : 筑前地方弥生遺跡出土古代和琴の共鳴器に関する考古学的一試論
( On the Resonator of WAGON in Japanese Ancient Times : An Archaeologic Trial Thesis Relating to Resonator of a Racial String Instrument so-called Wagon in Japanese Ancient Times )
95-113
伊達 安子
( Date Yasuko )
トールキン作品の神話的構造について そのI
( On the Mythological Structure in Tolkien's Works Part I )
115-132
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
イタリア民話 : 「古譚百種」
( Racconti del Popolo Italiano : "Novelliano" o "Le Ciento Novelle Antike" )
133-147
瀬戸 明
( Seto Akira )
いわゆる「フォイエルバッハ・第一テーゼ」をめぐって
( Uber die erste Feuerbachthese von Marx )
160-149
渋川 久子
( Shibukawa Hisako )
有島武郎の「或る女」 : ヒロイン葉子の近代性と挫折
( Takeo Arishima's Idea of Woman )
172-161
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
伝統音楽と日本語の旋律 : 真言宗伝「仮名声」の音譜の分析
( On the Pitch-accent in the Traditional Japanese Music )
190-173
金子 晴男
( Kaneko Haruo )
アウグスティヌスにおける自由意志と恩恵(1)
( On the Free Will and Grace in Augustine (1) )
206-191
大久保 靖子
( Okubo Yasuko )
十七世紀の様式転換期と通奏低音の問題(一) : モンテヴェルディのマドリガルにみられるゲネラルバス・ザッツ
( Stilprobleme des fruhen Barocks und Basso Continuo (1) )
224-207
磯山 雅
( Isoyama Tadashi)
音楽の目的 : アフェクテンレーレ研究 その一
( Zweck der Musik : Zur Affektenlehre )
234-226
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
「かるさん屋敷」論ノート : 長編小説における対話の構造
( A Note on "Karusan-Yashiki" )
250-235

 

14 (1979)

請求記号 = [PB102 14]

著作者 タイトル ページ
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
フォルカー・ブラウンの戯曲
( Uber die Theaterstucke von Volker Braun )
1-17
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
解放の神学
( Liberation Theology )
19-33
郡司 すみ
( Gunji Sumi )
民族楽器の地域的特質についての考察[II]
( Eine Betrachtung uber sichtbare und unsichtbare Eigenschaften der Volksmusikinstrumente [II] )
35-48
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
パリのリトミック学校に学んだ,もう一人の幼児教育者 : 天野 蝶の歩いた道
( The Life of Cho Amano and her Eurhythmics )
49-65
小林 緑
( Kobayashi Midori )
ギョーム・コストレ研究 : そのシャンソン様式の検討
( Sur Guillaume Costeley : Etude du style de ses chansons )
67-78
近藤 孝子
( Kondo Takako )
ピアノ曲に於けるペダリングについての考察
( Studies on the Use of the Pedal in Piano Music )
79-103
佐瀬 仁
( Sase Yasushi )
和琴の初期年代に関する,「上記」(古代史文献)に基く一試論 : 倭国の女王卑弥呼素描
( A Thesis based on Uetsufumi (Ancient Japanese Literature) relating to the Early Period of Wagon : A dessin of queen Himiko in Japanese ancient times )
105-129
高橋 恵子
( Takahashi Keiko)
男子大学生における愛着
( Attachment Behavior in Male College Students )
131-142
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
イタリア民話 : ストラパローラ「愉しき夜々」
( Racconti del Popolo Italiano : Straparola "Le Piacevoli Notti" )
143-154
森 孝子
( Mori Takako )
音楽教科と音楽科教師に対する態度の関連性 : 音楽科教員養成問題への一アプローチ
( The Relations between Students' Attitudes toward School Music and a Music Teacher : an Approach to the Difficulty in Music-Teacher Education )
155-174
箭川 玲子
( Yagawa Reiko )
即興演奏,その変遷過程
( Improvisation : it's historical review )
175-184
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
中世音韻史における入声音について : 新義真言宗の声明を資料として
( "Nissho-on" in Medieval Phonology )
202-186
金子 晴男
( Kaneko Haruo )
アウグスティヌスにおける「心」(COR)の概念(2)
( The Idea of Augustinian "COR INQUIETUM" (2) )
218-203
江崎 公子
( Ezaki Kimiko )
国楽創成思想の成立過程についての一考察: 明治七年から二十年までを中心として
( The Formation of the Idea of "National Music" )
232-219

 

15(1980)

請求記号 = [PB102 15]

著作者 タイトル ページ
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
ギュンター・クーネルト試論 : 「土地記載書」を中心に
( Uber die "Ortsangaben" von Gunter Kunert )
1-11
石川 一雄
( Ishikawa Kazuo )
コーネル大学所蔵「讃美のうた」について
( "Sanbi no Uta" and the "Phantom Hymnal" of 1873 )
13-30
内海 晶
( Utsumi Sho )
トーマス・マンの「トニオ・クレーゲル」と「神童」について
( Kunstlerproblem bei Thomas Mann im "Tonio Kroger" und Wunderkind )
31-43
Odagaki Masaya
( 小田垣 雅也 )
Osamu Dazai and Christianity
( 太宰治とキリスト教 )
45-53
勝又 洋子
( Katsumata Yoko)
カトリンの太鼓ーベルトルト・ブレヒト「肝っ玉おっ母とその子供たち」試論
( Kattrin trommelt - Uber Mutter Courage und ihre Kinder von Bertolt Brecht )
55-62
亀里 旦
( Kamesato Akira)
本学学生の体格,体力について(その3)
( A Study of the Physique and Physical Fitness of our College Students (3) )
63-72
佐瀬 仁
( Sase Yasushi )
和琴のルーツ :男王天照大神と六弦弓琴
( King Amaterasu and the musical bow )
73-87
二宮 盈代 / 及川 百合子
( Ninomiya Mitsuyo / Oikawa Yuriko )
本学学生の老後観について(その1)
( Research on the View for Old Age of Our College Students. )
89-102
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
レオン・バッティスタ・アルベルティ:「寓話百種」
( Leon Battista Alberti "Apologi o Cento Favole" )
103-112
瀬戸 明
( Seto Akira )
史的唯物論は経済決定論か
( Was ist der historische Materialismus )
124-114
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
「開合名目抄」について :アクセント史資料として
( An Analysis of Kaigomyomokusyo )
136-125
金子 晴男
( Kaneko Haruo )
初期エラスムスの人間学の特質
( The Early Ersmus' Theory on Man )
150-137
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴と近松との間 : 北村透谷の視座をめぐって
( The Relation between Saikaku and Chikamatsu )
164-152

 

16 (1981)

請求記号 = [PB102 16]

著作者 タイトル ページ
宇都宮 秀和
( Utsunomiya Hidekazu )
ミルトンの三位一体観
( Milton's View of the Trinity )
1-14
内海 晶
( Utumi Sho )
トーマス・マンの「トーニオ・クレーゲル」から「フィオレンツア」まで
( Kunstlerprobleme bei Thomas Mann vom "Tonio Kroger" bis zu "Fiorenza" )
15-22
江崎 公子 / 渡辺 千栄子
( Ezaki Kimiko / Watanabe Chieko)
高等教育における音楽カリキュラム研究(その1) : アメリカにおける<Music History and Literature>および<Musical Pedagogy>コースについて
( Study of Cariculum in Heigher Education of Music (Part 1) : Courses of "Music History and Literature" and "Musical Pedagogy" )
25-42
Odagaki Masaya
( 小田垣 雅也 )
Relatedness, Betweenness and the One : A Study of How to Understand the Absolute
( 「関係」「間」「一」 : 絶対の理解について )
43-56
梶原 マリ
( Kajiwara Mari )
ヴァイオリン演奏におけるイントネーションについての一考察
( A Study on Intonation of Violin Playing )
57-67
勝又 洋子
( Katsumata Yoko)
シェン・テの愛と現実 : ベルトルト・ブレヒト「セチュアンの善人」について
( Die Liebe und das Leben von Shen Te : Uber Bertrolt Brechts 'Der gute Mensch von Sezuan' )
69-77
郡司 すみ
( Gunji Sumi )
民族楽器の地域的特質についての考察[III]
( Eine Betrachtung uber sichtbare und unsichtbare Eigenschaften der Volksmusikinstrumente [III] )
79-96
佐瀬 仁
( Sase Yasushi )
三味線の起源と南九州民俗楽器ゴッタンとの関係に就いての考察: 古代日本に於ける行政区分
( Study on connection with origin of the Shamisen and the Gottan (folk instrument in South Kyushiu area) : Administrative division in ancient Japan )
97-113
清水 修
( Shimizu Osamu)
ブレヒトにおけるリアリズム概念
( Realismusbegriff bei Brecht )
115-123
高橋 恵子
( Takahashi Keiko)
幼児における愛着と自立
( Attachment and Autonomy in Early Childhood )
125-136
伊達 安子
( Date Yasuko )
チャールズ・ディケンズの作品にみるラディカリズムの推移について
( The Progress of Radicalism in the Works of Charles Dickens )
137-147
中村 采女
( Nakamura Uneme )
G・ビューヒナーの「ヴォイツェック」とA・ベルクのヴォツェック : ひとつの「ヴォイツェック」受容I
( G. Buchners "Woyzeck" und A. Bergs "Wozzeck" : Eine Rezeption von "Woyzeck" )
149-157
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
「ローマ七賢者物語」
( Il Libro dei Sette Savj di Roma )
159-171
森 孝子
( Mori Takako )
教科別教師に対する学生の態度調査
( Students' Attitudes towards Subject-Mutters and Teachers in Junior-High School )
173-184
瀬戸 明
( Seto Akira )
史的唯物論は経済決定論か(承前)
( Was ist der historische Materialismus )
198-186
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
日本語の歌と<鼻音> : 古今伝授の流れの中で
( About Nasal of Tanka in Kokinshu )
212-200
金子 晴男
( Kaneko Haruo )
エラスムスのキリスト教ヒューマニズム : 「評論・自由意志」の研究
( Erasmus and his Christian Humanism )
226-214
大久保 靖子
( Okubo Yasuko )
十七世紀様式転換期と通奏低音の問題(二) : モンテヴェルディの「アリアンナの嘆き」にみられるゲネラルバス・ザッツ
( Stilprovlem des fruhen Barocks und Basso Continuo(2) )
242-228
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史 : 戦後<その一>
( The History of Criticism in the Literature of Saikaku )
256-244

 

17 (1982)

請求記号 = [PB102 17]

著作者 タイトル ページ
浅岡 泰子
( Asaoka Yasuko )
マキシィ・ヴァンダーの仕事 : 遺作「お早う,べっぴんさん」をめぐって
( Uber "Guten Morgen, du Schone" Maxie Wanders )
1-7
伊藤 眞
( Ito Makoto )
Halbsuffix について : −frei, −leer, −los を中心に
( Uber das Halbsuffix : am Beispiel von -frei, -leer und -los )
9-23
内海 晶
( Utsumi Sho )
トーマス・マンの「ヴェニスに死す」について
( Kunstlerproblem bei Thomas Mann in "Der Tod in Venedig" )
25-36
江崎 公子
( Ezaki Kimiko )
Calisthenic Songについて : 明治初期の唱歌遊戯研究序説
( Study about Calisthenic Songs : Introduction to Study for School Amusement )
37-54
近藤 孝子
( Kondo Takako )
ピアノ演奏技術の研究
( Study on piano technique )
55-68
田島 みどり
( Tajima Midori )
A.シェフネルの楽器分類について
( Study on the Classification of the Musical Instruments by A. Schaeffner )
69-85
伊達 安子
( Date Yasuko )
舞台人としてのチャールズ・ディケンズ(I)
( The Histrionic and Dramatic Elements in Charles Dickens and his Works (I) )
87-99
増田 順
( Masuda Jun )
「告白音楽」 : K.A.ハルトマンの初期交響作品
( Bekenntnismusik : Fruhe symphonischen Werke von K. A. Hartmann )
101-118
森 孝子
( Mori Takako )
学生の教職に対する態度調査 : 教師養成教育への一考察
( Students' Attitudes towards The Teaching Profession )
119-134
吉田 恵子 / 南部 好江
( Yoshida Keiko / Nanbu Yoshie )
運動歌について : 明治19年〜23年の唱歌本の中から
( Play Song in Japan From 1886 to 1890 )
135-149
渡辺 裕
( Watanabe Hiroshi )
音楽における引用の認定
( Recognition of "Quotation" in Music )
151-165
瀬戸 明
( Seto Akira )
経済的社会構成体の発展の自然史的過程とはなにか
( Uber die naturgeschichtliche Entwicklung der okonomischen Gesellschaftsformation )
180-167
佐藤 真一
( Sato Shin-ichi )
トレルチにおける「国家と教会」
( "Staat und Kirche" bei Ernst Troeltsch )
192-182
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
「開合名目抄」について : 節博士の分析によるアクセントの研究(一)
( An Analysis of Kaigomyomokusyo (1) )
206-193
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
キリスト教と仏教
( Christianity and Buddhism )
218-207
大久保 靖子
( Okubo Yasuko )
バロック時代のフランス,ドイツの音楽理論の問題 : 十九世紀のドイツ音楽理論についての序として
( Uber die Probleme der franzosischen und deutschen Musiktheorie im Barock-Zeitalter )
230-220
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史 : 戦後<その二>
( The History of Criticism in the Literature of Saikaku (2) )
242-231

 

18 (1983)

請求記号 = [PB102 18]

著作者 タイトル ページ
五十嵐 蕗子
( Igarashi Fukiko )
ゲーテの「トルクヴォート・タッソー」について
( Uber Goethes "Torquato Tasso" )
1-15
氏家 達夫
( Ujiie Tatsuo )
母子相互交渉と愛着の関係について : 母親の感受性,子どものIrritability, 母子相互交渉パターン,そして愛着の性質
( Relationship between Mother-infant Interaction and Attachment : Mothers Sensitivity, Infant's Irritability, Pattern of Mother-infant Interaction, and Quality of Attachment )
17-24
宇都宮 秀和
( Utsunomiya Hidekazu )
「楽園喪失」における共同体
( The Three Types of Communities in Paradise Lost )
25-41
内海 晶
( Utsumi Sho )
トーマス・マンの「幼な子の歌」と「無秩序と幼い悩み」について
( Kunstlerproblem bei Thomas Mann in "Gesang vom Kindchen" und "Unordnung und fruhes Leid" )
43-51
梶原 マリ
( Kajiwara Mari )
ヴォイオリン演奏におけるイントネーションについての一考察(続)
( A Study on Intonation of Violin Playing )
53-60
勝又 洋子
( Katsumata Yoko)
マリーの耳飾り : ゲオルク・ビューヒナー「ヴォイツェク」におけるマリーの役割について
( Maries glanzende Steine : Zur Maries Rolle in G. Buchners 'Weyzeck' )
61-70
亀里 旦
( Kamesato Akira)
本学学生の体格,体力について(その4)
( A Study of the Phisique and physical Fitness of Our College Students (4) )
71-86
久原 恵子
( Kuhara Keiko )
文章理解を深める試み
( Enhancing learning from text )
87-94
清水 修
( Shimizu Osamu)
冒頭のundを持つブレヒトの詩
( Die Gedichte von Brecht, in denen "und" am Anfang steht )
95-108
伊達 安子
( Date Yasuko )
舞台人としてのチャールズ・ディケンズ(II)
( The Histrionic and Dramatic Elements in Charles Dickens and his Works (II) )
109-123
中村 采女
( Nakamura Uneme )
G. ビューヒナーの「ヴォイツェック」とA. ベルクの「ヴォツェック」 : ひとつの「ヴォイツェック」受容 II
( G. Buchners "Woyzeck" und A. Bergs "Wozzeck" : Eine Rezeption von "Woyzeck" II )
125-135
伯田 好史
( Hakuta Yoshihisa )
発声メカニズムの考察
( A Consideration of the Voice Production Mechanism )
137-155
増山 暁子
( Masuyama Kyoko )
イタリア民話のFata(仙女)考
( Delle fate trovate nei racconti popolari italiani )
157-166
瀬戸 明
( Seto Akira )
経済的社会構成体の発展の自然史的過程とはなにか(承前)
( Uber die naturgeschichtliche Entwicklung der okonomischen Gesellschaftsformation (2) )
180-168
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
トレルチと近代主義
( Ernst Troeltsch und der Modernismus )
194-182
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
日本語アクセント成立論序説 : 方法論を中心として
( An Introduction to the Formating of Japanese Accent )
208-196
小林 恵子
( Kobayashi Keiko)
日本で最初の私立幼稚園の誕生に貢献した婦人宣教師 : アメリカン・ミッション・ホーム(現・横浜共立学園)を起点として
( Missionary Women Contributed to found the First Private Kindergarten in Japan )
224-209
大久保 靖子
( Okubo Yasuko )
A・B・マルクスの音楽理論(そのI)
( Die Musiktheorie von A. B. Marx(1) )
240-226
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史 : 戦後<その三>
( The History of Critisism in the Literature of Saikaku (3) )
254-242
新井 弘順
( Arai Kojun )
真言声明における反音曲の記譜法について(II) : 仁和寺相応院流
( A Study of the Notation of Hennon pieces in the shomyo of the Shingon Sect, Concentrating in the Case of So-o-in School of Ninnaji-Temple )
280-256

 

19 (1984)

請求記号 = [PB102 19]

著作者 タイトル ページ
氏家 達夫
( Ujiie Tatsuo )
人間の利他性について
( About Altruism of Man )
1-11
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
「使える英語」をめざす教育とランゲージ・ラボラトリー
( Communicative Language Teaching and Language Laboratory )
13-27
大久保 靖子
( Okubo Yasuko )
ワグナーのトリスタン和音と調的和声的カデンツパターンの変貌
( Der Tristan-Akkord und die Wandel der Bedeutung der Kadenz )
29-47
久納 慶一
( Kuno Keiichi )
音楽鑑賞教育の問題(その一)
( Problems about the teaching of music appreciation )
49-60
児玉 幸子
( Kodama Sachiko)
シューベルトピアノ連弾曲 : 分類と低音奏者からの演奏視点
( Schuberts Werke fur Klavier zu vier Handen : Klassifizierung und der Vortragsaspekt von Secondo-Spieler )
61-94
小松 幸雄
( Komatsu Yukio )
逆行カノンについて : 回文・逆行輪唱の作曲
( Study about Retrograde Canon : The composition of Round on Palimdrome and Retrograde Canon )
95-118
山下 道子
( Yamashita Michiko )
W.C.プリンツのリズム論 : 近代における拍子の成立をめぐって
( Musica Rhythmica von W. C. Printz : Zur Entstehung des modernen Taktes )
119-137
竹内 道敬
( Takeuchi Michitaka )
宮古路豊後掾ノート
( A Note on Miyakoji-Bungonojo )
152-139
瀬戸 明
( Seto Akira )
経済的社会構成体の発展の自然史的過程とはなにか(その3)
( Uber die naturgeschichtliche Entwicklung der okonomischen Gesellschaftsformation (3) )
166-154
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ヤトー事件とトレルチ : 一九一一年を中心に
( Ernst Troeltsch und der Fall Jatho im Jahre 1911 )
182-168
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
形容詞のアクセントができるまで : 日本語のアクセント成立論(一)
( Establishment of Adjective Accent )
196-184
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
「言葉への転回」と現代神学
( The "Linguistic Turn" and Contemporary Theology )
208-197
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史 : 戦後<その四>
( The History of Critisism in the Literature of Saikaku (4) )
222-210

 

20 (1985)

請求記号 = [PB102 20]

著作者 タイトル ページ
Ohtomo Eiko
( 大伴 栄子 )
The Relationship between Children's Scores on Piagetian Tasks and Classroom Environment in the Kindergarten
( 幼児の知的発達と保育環境との関係 : ピアジェ理論の視点から )
1-26
小林 淳
( Kobayashi Atsushi )
初期ロマン派の連作歌曲集について
( Von der Liederzyklen in Fruhromantik )
27-43
瀬戸 明
( Seto Akira )
歴史発展の普遍法則とはなにか : 「経済学批判」序言の定式をめぐって
( Was ist die allgemeinen Gesetze der Geschichtsentwicklung )
76-63
佐藤 真一
( Sato Shinichi )
ヴァイマル共和国成立期の宗教教育問題とトレルチ
( Das Problem des Religionsunterrichts am Anfang der Weimarer Republik : Herausgestellt am Beispiel von Ernst Troeltsch )
92-78
桜井 茂治
( Sakurai Shigeharu )
アクセントの「類」ができるまで : アクセント成立論(二)
( Establishment of "Rui" (accent group) in Japanese Accent )
106-94
小田垣 雅也
( Odagaki Masaya)
第三項の神学
( Theology of the Third Clause )
116-108
大久保 靖子
( Okubo Yasuko )
A.B.マルクスの音楽理論(その2) : 「作曲法」を中心に
( Die Musiktheorie von A. B. Marx (2) )
132-117
牛山 輝代
( Ushiyama Teruyo )
英国における日本語教育と日本研究 : ケンブリッジ大学東洋学部日本学科を中心に
( Japanese Studies in Great Britain )
146-133
荒川 有史
( Arakawa Yuhshi)
西鶴文学研究史 : 戦後<その五>
( The History of Criticism in the Literature of Saikaku (5) )
160-148