国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

音楽研究:大学院研究年報 21号-

21(2009)

請求記号 = [PB102D 21]

著作者 タイトル ページ 抄録
江崎 公子
( Ezaki Kimiko )
成田為三とその作品
( TAMEZO NARITA and His Works )
1-16
堀 朋平
( Hori Tomohei )
〈湖に映る星〉 : シューベルト歌曲における天上(理想)と地上(現実)の関係をめぐるロマン主義的自然観についての一断章
( "Im See gespiegelte Sterne" : Ein Fragment uber die romantischen Naturanschauungen in Schuberts Liedern besonders im Hinblick auf die Beziehung von Himmel und Erde oder Idealem und Realem )
17-32
内之倉 勝哉
( Uchinokura Katsuya )
R.シューマン《詩人の恋》No.7〈Ich grolle nicht〉への一考察 : H.ハイネ『抒情挿曲』との関連性
( A Consideration of R.Schumann 《Dichterliebe》 No.7 "Ich grolle nicht" : The Relationship between R.Schumann and H.Heine 'Lyrisches Intermezzo' )
33-48
小島 芙美子
( Kojima Fumiko )
J.S.バッハのカンタータ《Mein Herze schwimmt im Blut》BWV199における「悔い改め」の概念について
( Zum Begriff der "Reue" in J.S.Bachs Kantate 《Mein Herze schwimmt im Blut》 BWV199 )
49-64
戸澤 史子
( Tozawa Ayako )
ヨハン・ミヒャエル・ハイドンの《レクイエム》MH 155〈怒りの日〉におけるテクストと音楽表現
( Text und musikalischer Ausdruck in "Dies irae" im Requiem MH 155 von Johann Michael Haydn )
65-80
山崎 法子
( Yamazaki Noriko )
フーゴー・ヴォルフ《イタリア歌曲集》舞台風再現の試み
( Versuch der Szenendarstellung zum "Italienischen Liederbuch" Hugo Wolfs )
81-96
稲崎 舞
( Inasaki Mai )
断片的作曲法を可能にした6音ローテーション・システムにおける「同一音から成る垂直配列」 : ストラヴィンスキーの12音技法作品への作曲思考プロセス
( "Vertical Array Consisted by Identical Notes" in the Hexachord Rotation System which Enables the Fragmentary Composition : Stravinsky's Thinking Process for Composing of His Twelve-Note Works )
97-110
大嶌 徹
( Oshima Tetsu )
文化空間としてのレコード店 : 輸入レコード店『パイド・パイパー・ハウス』の事例を中心に
( Record Shops as the Cultural Space : A Case Study of an Imported Record Shop "Pied Piper House" )
111-125
湯川 亜也子
( Yukawa Ayako )
フォーレが捉えた「眠り」の意味 : 歌曲《トスカーナのセレナード》op.3-2における詩と音楽の関わり
( The Significance of "Sommeil" by Faure : The Relationship between Verse and Music in his Melodie 《Serenade toscane》 op.3-2 )
127-140
和田 紘平
( Wada Kohei )
ハインリヒ・シェンカーの「ピアノ演奏論」に関する考察
( Uberlegungen zum Manuskript 'Die Kunst des Vortrags'(1911-) von Heinrich Schenker )
141-156



22(2010)

請求記号 = [PB102D 22]

著作者 タイトル ページ 抄録
江崎 公子
( Ezaki Kimiko )
近代の音楽書『歌舞音楽略史』と『古事類苑 楽舞部』 : 小中村清矩の視点を通して
( A Study about the Musicbook at Earlymodern in Japan Kabuongakuryakushi and Kojiruien (the Music Section) : Through the Perspectives of Konakamura Kiyonori )
1-14
加藤 一郎
( Kato Ichiro )
バッハと付点リズム : フランス風序曲様式におけるリズムの鋭化に関する研究
( Bach and the Dotted Rhythm : A Study of Overdotting in the French Overture Style )
15-30
森 太郎
( Mori Taro )
オーケストラ用遮音壁とその改良のための数値シミュレーション
( A Sound Insulation Screen for Orchestra Musicians and its Numerical Simulation for the Improvement )
31-42
横井 雅子
( Yokoi Masako )
アイデンティティ形成のための音楽・芸能 : ハンガリー、スロヴァキアのロマ調査を通して
( Music and Performing Arts for the Formation of Ethnic Identity : Research among the Romas in Hungary and Slovakia )
43-58
水谷 彰良
( Mizutani Akira )
『イタリアのソルフェージュ』初版(パリ1772年)と初期の異版
( The First Edition of Solfeges d'Italie (Paris,1772) and Early Variant Editions )
59-74
和田 紘平
( Wada Kohei )
ハインリヒ・シェンカーのピアノ演奏論 : "遠方の聴取 Weithören"について
( Heinrich Schenkers Begriff vom Vortrag : Weithören )
75-90
戸澤 史子
( Tozawa Ayako )
ヨハン・ミヒャエル・ハイドンのグラドゥアーレ : 教会暦に基づく「年間チクルス」の構想をめぐって
( Gradualien von Johann Michael Haydn : Zur Konzeption von einem "Zyklus" nach dem Kirchenjahr )
91-106
中辻 小百合
( Nakatsuji Sayuri )
湯浅譲二の《天気予報所見》における言語コミュニケーションに含まれる非言語的側面
( Non-Verbal Communication Intrinsic to Verbal Communication in Joji Yuasa's "Observations on Weather Forecasts" )
107-122
今野 哲也
( Konno Tetsuya )
楽曲分析:アルバン・ベルク《4つの歌》作品2より : 第2曲「眠っている私を運ぶ」および第3曲「今私は一番強い巨人を倒した」
( Analysen zu Alban Bergs 《4 Lieder》 Op.2 : "Schlafend trägt man mich" und Nr.3 "Nun ich der Riesen Stärksten überwand" )
127-140
守田 ちひろ
( Morita Chihiro )
加齢に伴うピアノ演奏動作の変化 : 体幹動作を主とした3次元動作解析
( Age-Related Changes in Piano Performance : Three-Dimensional Analysis of Trunk Movement )
139-154



23(2011)

請求記号 = [PB102D 23]

著作者 タイトル ページ 抄録
加藤 一郎
( Kato Ichiro )
ショパンのぺダリングにおける美の様式 : 《24の前奏曲》作品28-1、2、13番の分析による実践的研究
( The Style of Aesthetics on Chopin's Pedaling : A Practical Study by the Analysis of 24 Préludes Op.28 No.1, 2 and 13 )
1-16
中辻 小百合
( Nakatsuji Sayuri )
湯浅譲二の《ヴォイセス・カミング》 : 発話言語の音楽的および詩的再構成
( Joji Yuasa's "Voices Coming" : Musical and Poetical Reconstructions of Spoken Language )
17-32
阿部 雅子
( Abe Masako )
C.モンテヴェルディ《聖母の晩課》における『雅歌』を原典とした2曲のコンチェルトのテクスト解釈
( Textual Interpretation of Two Concertos Based on Canticles in Monteverdi's Vespers of 1610 )
33-47
川辺 茜
( Kawabe Akane )
シェーンベルクのデーメル歌曲における詩と旋律の関係性
( The Relation between Words and Melodies in Dehmel-Lieder Composed by Arnold Schönberg )
49-62
服部 慶子
( Hattori Keiko )
清瀬保二《舞曲二曲》の楽曲分析から見た『チェレプニン・コレクション』の意義
( The Significance of the "Collection Alexandre Tcherepnin" in the Analysis of "Two Dances" by Yasuji Kiyose )
63-78
今野 哲也
( Konno Tetsuya )
楽曲分析:アルバン・ベルク《私の両眼を閉じて下さい》(1925年作曲) : 和声の観点を中心に
( Analyse von Alban Bergs 《Schließe mir die Augen beide》 (1925) : Aus dem harmonischen Gesichtspunkt hauptsächlich )
79-94
横井 雅子
( Yokoi Masako )
イスタンブールのロマ音楽家・芸能者とその現状
( Roma Musicians and Entertainers in Istanbul : Their Present Conditions )
95-100



24(2012)

請求記号 = [PB102D 24]

著作者 タイトル ページ 抄録
加藤 一郎
( KATO Ichiro )
バッハ演奏におけるアーティキュレーションの表現技法に関する研究 : テンポに与える影響を通して
( A Study on the Expression-Techniques for the Articulation in the Performance of Bach’s Music : Focusing on their Influence on Tempo )
1-16
白石 美雪
( SHIRAISHI Miyuki )
演奏批評・楽評と称する批評の形成 : 1898(明治31)年『読売新聞』の音楽批評
( The Formation of Japanese Music Criticism in the mid Meiji Era : An Analysis of the Gaku-Hyo, Music Reviews of the Yomiuri Shimbun in 1898 )
17-32
大武 彩子
( OHTAKE Ayako )
《ホフマン物語》ヒロイン・モデルの検証 : ユーリア・マルクとドーラ・ハットに焦点をあてて
( A Search of the Heroine-Model in 《Les Contes d'Hoffmann》 : Focusing on Julia Marc and Dora Hatt )
33-47
鯨井 正子
( KUJIRAI Masako )
佐々木すぐるの活動と音楽教育観 : 戦前の著作を中心に
( Music Pedagogical Activities and Views of SASAKI Suguru : From his Writings before World War II )
49-64



25(2013)

請求記号 = [PB102D 25]

著作者 タイトル ページ 抄録
沼口 隆
( NUMAGUCHI Takashi )
オイレンブルク・ミニチュア・スコアの成立とその初期レパートリー : ミニチュア・スコアとは何かを踏まえて―
( The Establishment of the Eulenburg Miniature Score Series and its Early Repertoire : With Reference to What a Miniature Score is )
1-15
森 太郎
( MORI Taro )
アップライト・ピアノアクションの改良のための数値シミュレーション
( Numerical simulation of upright piano action for its improvement )
17-27
葛西 健治
( KASAI Kenji )
ベートーヴェンの有節歌曲《Lied aus der Ferne》 作品分析と未出版の問題について
( Beethovens Strophenlied 《Lied aus der Ferne》 : Eine Analyse und das Problem der Unveröffentlichung )
29-44
山崎 法子
( YAMAZAKI Noriko )
H.ヴォルフの《メーリケ歌曲集》における演劇的表現の諸相
( Aspekte zu den theatralischen Ausdrücken von Hugo Wolfs Mörike-Liedern )
45-60
大武 彩子
( OHTAKE Ayako )
《ホフマン物語》ヒロイン役の上演形態を巡って : 初演及び初期演奏史を中心に
( Early Performances of 《Les Contes d’Hoffmann》 : Focusing on its Heroines )
61-76
鯨井 正子
( KUJIRAI Masako )
昭和戦前期の西洋芸術音楽と童謡のレコード : 『ビクター』に見る家庭への戦略
( Victor’s Strategies on the Promotion of the Records of Western Classical Music and Japanese Children’s Songs in the Early Showa Period )
77-92
長井 進之介
( NAGAI Shinnosuke )
F.リスト《ミニョンの歌》分析と解釈 : 改訂を通したミニョン像の変遷について
( Eine Analyse und eine Interpretation des 《Mignons Lied》 von F. Liszt : Über die Veränderungen der Mignon-Figur durch Revisionen )
93-108
川﨑 瑞穂
( KAWASAKI Mizuho )
『サクラ大戦』のブリコラージュ : テレビゲームにおける神話的思考
( Le bricolage de Sakura Taisen : La pensée mythique dans le jeu vidéo )
109-120



26(2014)

請求記号 = [PB102D 26]

著作者 タイトル ページ 抄録
沼口 隆
( NUMAGUCHI Takashi )
19世紀におけるベートーヴェンの《幻想曲》Op. 77 : その演奏史の叙述法に関する考察
( L. v. Beethovens Fantasia Op.77 im 19. Jahrhundert : Gedanken zur Präsentation ihrer Aufführungsgeschichte )
1-16
白石 美雪
( SHIRAISHI Miyuki )
1960年代の3大新聞にみるジョン・ケージ : 記事目録と分析
( Reports of John Cage in the Three Major Japanese Newspapers in the 1960s : The List of Articles and their Analysis )
17-32
横井 雅子
( YOKOI Masako )
チェコ・西ボヘミア地方の楽器産業の様相
( Characteristics of the Musical Instrument Industry in West Bohemia, Republic of Czech )
33-40
加藤 一郎
( KATO Ichiro )
F.F.ショパンによるJ.S.バッハの受容に関する研究 : ポーリーヌ・カザレンの楽譜へのショパンの書き込みの分析を通して
( A Study on the Reception of J.S.Bach's Music by F.F.Chopin : Focusing on the Analysis of the Annotations by Chopin to Poline Chazaren's Score )
41-56
小島 芙美子
( KOJIMA Fumiko )
J.S.バッハのカンタータ作品におけるソプラノ声部とその歌唱の一考察 : 初期教会カンタータを中心として
Über die Sopranstimme und ihre Aufführung in den vokalen Werken von J. S. Bach, besonders in seinen frühen Kirchenkantaten
57-65
中村 匡宏
( NAKAMURA Kunihiro )
アルノルト・シェーンベルクのシュプレヒシュティンメについて : 記譜法とその意図を中心として
A Study on the Sprechstimme by Arnold Schoenberg, Focusing on His Notation and Intention
67-79
青山 真以子
( AOYAMA Maiko )
2歳児における音楽的行動の特徴に関する研究 : 人との関わりに焦点をあてて
The Characteristics of Musical Behavior in Early Childhood : A Study of 2-year-old Children’s Interactions with Others
81-89



27(2015)

請求記号 = [PB102D 27]

著作者 タイトル ページ 抄録
白石 美雪
( SHIRAISHI Miyuki )
1970年代の3大新聞にみるジョン・ケージ : 記事目録と分析
( Reports of John Cage in the Three Major Japanese Newspapers in the 1970s : The List of Articles and Their Analysis )
1-16
長井 進之介
( NAGAI Shinnosuke )
フランツ・リストの歌曲における稿の問題 : いくつかの例による整理の試み
( Das Problem mit den Fassungen der Lieder von F. Liszt : Versuch einer Anordnung mit einigen Beispielen )
17-32
今野 哲也
( KONNO Tetsuya )
「クリスタル和音」の理論化への提案 : 調性作品の事例を中心に
( Ein Vorschlag zur Theoretisierung des „Kristallakkordes" : am Beispiel tonaler Musikwerke )
33-48
鈴木 茜
( SUZUKI Akane )
S. カルク=エラートの「和音と調性の極性理論」に関する研究
( Eine Studie über : "Polaristische Klang-, und Tonalitätslehre" von S. Karg-Elert )
49-60
三浦 麻葉
( MIURA Mayo )
クロード・ドビュッシーの作品におけるハープ : その使用についての全作品調査
( Use of the Harp in the Works of Claude Debussy : Complete survey on the instances of its Use )
61-72
白岩 優拓
( SHIRAIWA Masahiro )
平均律に調律されたマリンバと微分音を奏する電子オルガンのためのデュオ : 創作のための予備的考察と実験
( A Duo for the Marimba Tuned in Equal Temperament and the Microtone-Playable Electronic Organ : a Preliminary Consideration and Experiment for the Composition )
73-81
青山 真以子
( AOYAMA Maiko )
3歳児における音楽的行動の特徴に関する研究 : 人との関わりに焦点をあてて
( A Study of the Characteristics of Musical Behavior in Early Childhood : Focused on 3-year-old Children’s Interactions with Others )
83-90
劉 潤
( LIU Run )
旧満洲国のラジオ放送から見た流行歌の普及状況 : 昭和10年代を中心に
( An analysis of popular song reception by Radio in Manchuria : especially in the first decade of Showa period )
98-91



28(2016)

請求記号 = [PB102D 28]

著作者 タイトル ページ 抄録
加藤 一郎
( KATO Ichiro )
ショパンによるオペラの受容過程に関する実証的研究 : ポーランド時代
( A Empirical Study about the Reception Process of Opera by Chopin : The Polish Age )
1-16
白石 美雪
( SHIRAISHI Miyuki )
1980年代前半の3大新聞にみるジョン・ケージ : 記事目録と分析
( Reports of John Cage in the Three Japanese Newspapers in the First Half of the 1980s : The List of Articles and Their Analysis )
17-32
今野 哲也
( KONNO Tetsuya )
「半減7の和音」の類別と原理の理論化についての試論 : 「偶成」の観点を中心に
( Versuch einer Klassifizierung und Theoretisierung des „Halbverminderten Septakkords" unter besonderer Berü cksichtigung des „Scheinakkords" )
33-48
鈴木 麻菜美
( SUZUKI Manami )
トルコにおけるアレヴィーとアイデンティティとしての音楽 : ハジュベクタシュ村の記念祭を通して
( Alevi-Bektas Music as the Identity of Alevi-Bektas : Festive Activities in Hacıbektası, Turkey )
49-64
八木澤 桂介
( YAGISAWA Keisuke )
ジャン=リュック・ゴダール作品の分析 : パタン・ランゲージへ向けて
( Analysis of Jean-Luc Godard's works : Toward Pattern Language )
65-73
桃井 千津子
( MOMOI Chizuko )
旋法の分類に関する一考察
( A study on the classification of musical modes )
75-84
秋山 由衣
( AKIYAMA Yui )
東日本大震災後の復興支援としての音楽活動 : 仙台フィルハーモニー管弦楽団と「音楽の力による復興センター・東北」の活動を事例として
( Music Activities for the Disaster-hit Tohoku Area by the Sendai Philharmonic Orchestra and the Center for Recovery through the Power of Music, Tohoku )
85-93