[最終更新日:2002/4/16]

国立音楽大学附属図書館 音楽文献分類表

 

凡例

 

主要分類表

X−000  参考図書
(XY―000)

X−100  音楽学
(XY―100)

X−200  音楽理論
(XY―200)

X−300  西洋音楽史

X−400  民族音楽.各国の音楽
(XY―400)

X−410  世界各国の音楽

XY−420 日本音楽

X−500  楽器及び器楽
(XY―500)

X−580  舞踊及び舞踊音楽
(XY―580)

X−600  声楽
(XY―600)

X−640  宗教音楽
(XY―640)

X−680  ポピュラー音楽
(XY―680)

X−700  音楽教育
(XY―700)

X−800  音楽入門、音楽評論

 X−820  論文集

 X−830  音楽に関する団体・機関・事業
  (XY―830)

X−900  音楽家研究

地理区分表

 


 

音楽文献分類表:X−000 参考図書

 

音楽百科事典
       
 *人名、事項などを総合的に含む辞事典で、主題が包括的なもの

X−001 日本語の音楽百科事典
X−003 ドイツ語    〃
X−004 英語      〃
X−005 フランス語    〃
X−006 イタリア語    〃
X−007 その他の原語   〃

X−010 楽語・事項事典

  a  楽語の定義づけをしているもの
  b  楽語・楽曲名の言い換えに関するもの

人名辞典
        *主題をもった人名辞典は各主題の参考図書に収める。ただし、現代音楽の人名辞典はここに収める。

X−020 国際的なもの
X−025 国別のもの
        *地理区分する

住所録.人名録.年鑑

X−030 全般的なもの
X−031 機関・主題を限定したもの
        *地域を限定したものは地理区分する

目録(カタログ)
        *原則として文献の所在が明らかなもの

X−035 国際的(複数の国の)所在目録
X−036 所蔵目録(所蔵館を限定したもの)
        *地理区分する

音楽出版に関する参考図書

X−037 音楽出版・音楽出版者・書籍商・銅板彫刻師に関する参考図書、カタログ
X−038 特定の音楽出版社のカタログ

文献目録
        *主題が明確なものは各主題の参考図書に収める

X−040 音楽の多分野の主題にまたがる総合的な音楽文献の目録、索引、書誌等
        *書誌の書誌もここに収める
     全国書誌
        *地理区分する
X−044 音楽家研究のための参考文献目録、便覧及び作品目録
        *音楽家別に配列する
X−045 1800年以前の出版物・マニュスクリプトに関する参考文献目録、カタログ
X−046 楽譜に関する総合文献目録(楽譜の全集、叢書に関するインデックス、カタログ類)

音楽関係の図像に関する参考図書

X−050 音楽図像学(イコノグラフィー)に関する参考図書
X−051 音楽図版、音楽史年表
        →楽器図版は X−073

X−055 譜例集
        *主として歴史的な流れを追った譜例集を収める
        →譜例音楽史 X−308も参照

X−059 映像資料に関する参考図書

X−060 レコード・オーディオに関する参考図書

X−069 名曲解説事典
        *各ジャンルが総合的に集められているものをここに収め、主題が明確なものは各主題の参考図書に収める

楽器及び器楽に関する参考図書

X−073 楽器・器楽全般に関する図版、文献目録等
X−074 鍵盤楽器及びその音楽に関する参考図書
X−075 弦楽器及びその音楽に関する参考図書
X−076 管楽器、打楽器及びその音楽に関する参考図書(バンド音楽を含む)
X−078 管弦楽及び室内楽に関する参考図書

声楽に関する参考図書

X−080 声楽全般に関する参考図書

X−081 オペラ・オペレッタに関する参考図書

X−083 宗教音楽に関する参考図書

X−084 音楽学(音楽美学、音楽社会学等)に関する参考図書
        *X−100代に対応する参考図書を収める

X−085 音楽理論(リズム、和声等)に関する参考図書
        *X−200代に対応する参考図書を収める

X−087 音楽教育に関する参考図書

X−090 現代音楽に関する参考図書

X−092 ポピュラー音楽に関する参考図書

X−094 映画音楽・放送音楽に関する参考図書

X−095 民族音楽・世界各国の音楽に関する参考図書
        *地域を限定したものは地理区分する

X−097 音楽団体・機関に関する参考図書
        →住所録は X−030X−031

X−098 舞踊に関する参考図書
        →日本舞踊に関する参考図書 RXY−580

X−099 歴史的音楽辞典
        *1900年以前に初版の出たもの

邦楽の参考図書

XY−000 邦楽全般に関する参考図書
RXY−*** 邦楽各主題(能楽、三曲等)の参考図書

 


音楽文献分類表:X−100 音楽学

*音・音楽の思弁的研究を収める
→音楽史学 X−300/民族音楽学 X−400

X−100 音楽学総論
XY−100 日本における音楽学
        *邦楽と限らない

音楽美学.音楽芸術学

X−105 概説及び歴史
X−107 各論
XY−107 邦楽の美学

音楽社会学

X−110 音楽社会学、社会と音楽
XY−110 日本の社会と音楽

音楽音響学

X−120 音楽音響学、音響工学、音楽物理学
        *音律、ピッチについてもここに収める
        →NDC424 も参照
XY−120 邦楽の音響学

音楽心理学

X−130 音楽心理学、音響心理学
        →音響心理学は X−120も参照
XY−130 邦楽の心理学

X−140 音楽生理学
        →NDC801 、NDC496 も参照

応用音楽学

X−160 環境音楽学、情報理論と音楽等
X−160E 音楽療法、音楽による障害児教育

X−170 音楽図書館学.音楽文献探索法

XY−170 邦楽の文献学.書誌学

 


音楽文献分類表:X−200 音楽理論

*主として西洋音楽及び日本音楽の理論を収める;
→民族音楽の理論 X−400X−410/(□)aへ
→ポピュラー音楽の理論 X−680X−689bへ

X−200 音楽理論 総論及び歴史

*各時代の音楽理論書もここに収め、以下の付加記号を付与する
    a A.D.500年までの音楽
    b 中世の音楽(1400年まで)
    c ルネサンスの音楽(1600年まで)
    d バロック音楽(1600年〜1750年)
X−200E 楽典教科書.問題集
XY−200 邦楽の理論総論

記譜法

X−211 記譜法
        *楽譜についてもここに収める
XY−211 邦楽の記譜法

リズム

X−213 リズム、テンポ、拍子、拍
XY−213 邦楽のリズム、テンポ、拍子、拍、間

X−216 旋律

XY−216 邦楽の旋律・旋法・音階

X−218 調性
        *転調、移調を含む

X−220 旋法

X−222 音階
        →音律、音程、ピッチに関しては X−120

X−223 モノフォニー

X−224 ポリフォニー

X−226 ヘテロフォニー
XY−226 邦楽の多音性

楽曲形式

X−230 楽曲形式の理論及び歴史
XY−230 邦楽の楽曲形式
X−232 対位法、フーガ
X−234 ソナタ形式
        →器楽曲としてのソナタ X−505X−551も参照
X−236 変奏曲
X−238 組曲、舞曲
X−240 その他の楽曲形式
        *X−232X−238に含まれない楽曲形式をここに収める

和声.和声学

X−245 和声.和声学 概説及び実践
     *大学生の和声教科書はここに収める
X−245E 和声感・和声の指導法及び教材
X−246 鍵盤和声(キーボード・ハーモニー)
X−247 和声に関する研究
    a 歴史的研究、古典的理論書
    b 和声分析
    c 近代・現代の和声法の研究(印象派以降)

作曲及び作曲法

X−250 作曲及び作曲法概説
X−250E 創作指導
XY−250 邦楽の作曲
X−253 作曲技法各論(現代音楽以外)
    a 定旋律
    b 通奏低音
    c カデンツ、その他の終止形
    d オスティナート、ゼクヴェンツ
X−255 現代音楽の作曲技法
X−259 管弦楽法及び編曲法
X−259E 編曲法指導

X−260 音楽分析法
XY−260 邦楽の分析法

演奏法

X−270 演奏法・演奏理論の概説及び歴史
        →各々の楽器の演奏法、運指法等についてはX−5□□dへ
    a 演奏解釈
    b 装飾法
    c 即興演奏
    E 即興演奏指導
XY−270 邦楽の演奏法

X−280 指揮法

X−290 伴奏法

 


音楽文献分類表:X−300 音楽史

*主として西洋音楽史を収める;
→日本音楽史 XY−420/各国の音楽史 X−410/(□)dへ
→音楽家の個人研究 X−900

X−300 音楽史学
X−301   時代区分の問題

X−305 音楽通史
X−308 耳・目による音楽史
        →目による音楽史 X−051X−055も参照

各時代の音楽

A.D.500年までの音楽

X−310 概説
X−312 古代ギリシャ・ローマ、地中海民族の音楽
X−314 各論(原典研究を含む)

中世の音楽(1400年まで)

X−320 概説
X−324 各論(原典研究を含む)

ルネサンスの音楽(1600年まで)

X−330 概説
X−334 各論(原典研究を含む)

バロック音楽(1600〜1750年)

X−340 概説
X−344 各論(原典研究)

18世紀の音楽(1750〜1800年)

X−350 概説
X−351 ウィーン古典派の音楽
X−354 各論(原典研究を含む)

19世紀の音楽(1800〜1900年)

X−360 概説
X−361 ロマン派の音楽
X−362 後期ロマン派の音楽
X−364 各論(原典研究を含む)

20世紀の音楽(1900年以降)

X−370 概説及び各論
X−371 印象主義の音楽
X−380 現代音楽(1945年以降)

 


音楽文献分類表:X−400 民族音楽.各国の音楽

民族音楽学及び比較音楽学

X−400 総論及び方法論
        *音楽の起源に関する研究もここに収める
XY−400 邦楽と他民族の音楽との関連
        *東洋音楽と西洋音楽の比較もここに収める

X−410 世界各国の音楽(日本以外)

*地理区分する
→古代ギリシャ・ローマ、地中海民族の音楽 X−312
→各国の音楽教育については  X−706/(□)へ
*各地理区分ごとに以下の付加記号により細分する
    a  理論
    b  民謡、民族(俗)舞踊
    c  楽器
    d  歴史
    f  子どもの歌
    g  国歌  *国歌の曲集は→楽譜資料

 


音楽文献分類表:XY−420 日本の音楽

*→各主題のXY−□□□も参照

XY−420 日本の音楽 総論及び歴史
        *日本における洋楽も含む
        →日本の音楽教育史  XY−706

各時代の音楽

XY−421 古代(1100年まで)
XY−422 中世(1100〜1600年)
XY−423 近世(1600〜1867年)
XY−424 近代(1868年以降)
        *地域を限っているものは地理区分する
XY−425 現代(1945年以降)
        *地域を限っているものは地理区分する

邦楽のジャンル

→歌舞伎 NDC774へ
→声明、仏教音楽 XY−654
→各ジャンルの楽器についての研究 XY−5□□へ

XY−430 雅楽及びその周辺
XY−431 古代歌謡とうたいもの
XY−432 管弦と舞楽

XY−440 琵琶楽及び吟詠
XY−441 盲僧琵琶
XY−442 平家琵琶(平曲)
        →平曲 XY−482も参照
XY−443 薩摩琵琶
XY−444 筑前琵琶
XY−445 吟詠 *詩吟もここに収める

XY−450 能楽及びその周辺
        *能の演技、能面についてもここに収める
XY−451 能の先行芸能、幸若舞
        *散楽、猿楽はここに収める
        →田楽、延年は XY−490
XY−452 謡曲、囃子、仕舞
        *文学としての謡曲もここに収める
XY−453 能狂言

XY−460 三味線音楽
        →地歌、三味線組曲は XY−471
XY−461 長唄、荻江節、大薩摩節
XY−462 長唄囃子及び下座音楽
XY−463 端唄、うた沢、小唄、俗曲
        →地歌の端歌は XY−471

XY−464 浄瑠璃(義太夫節及びその周辺)
        *文楽もここに収める
XY−465 河東節、一中節、常盤津節、富本節、清元節、新内節、宮薗節

XY−470 三曲
        *筝、三味線、尺八(または胡弓)の3種の楽器の合奏音楽についての文献
XY−471 地歌、筝曲
        *組歌の研究はここに収める
XY−472 尺八音楽
XY−473 胡弓音楽
XY−475 一絃琴・二絃琴の音楽
XY−477 琴楽及び明清楽
        →中国の琴楽は X−410/(13)へ

XY−480 歌謡
        *韻文形式の文学の内歌われるもの
XY−481 古代
        →NDC911.11、XY−431XY−490も参照
XY−482 中世
        →和讃、御詠歌は XY−654/平曲は XY−442
XY−483 近世
        →XY−463も参照
XY−484 近代
        →XY−491XY−682も参照

XY−490 芸能及び民族芸能
        *音楽以外のジャンルも含む
XY−491 民謡
        *各地方の民謡については地理区分する
        →XY−484XY−682も参照
        →民謡の曲集は 楽譜資料へ
XY−492 わらべうた
        *地域を限っているものは地理区分する
        →創作者のある童謡は XY−630
XY−493 アイヌの音楽
        *ユーカラの研究もここに収める
        →NDC929.2も参照
XY−494 南西諸島(沖縄)の音楽、芸能
        *奄美大島・諸島の音楽、芸能もここに収める

X-500以降へ

 


システムとデータに関するお問い合わせはsys@lib.kunitachi.ac.jpまで
国立音楽大学附属図書館