国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

卒業生の方:長期利用

利用できる方

*本学学部卒業生、大学院修了生、別科修了生

新規登録


新規登録時間 月~土  8:50~書庫内資料受付終了時間の30分前
登録場所 メインカウンター
必要なもの 身分、現住所を証明できるもの(例:免許証、保険証など)

*上記以外の登録については、事前にお問い合わせください。

登録料

長期利用料(1年間有効):1000円
*メインカウンターで、利用登録の際に「図書館利用料」(証紙)を購入していただきます。

継続登録・再登録

継続登録は有効期限日の1ヵ月前から行います。有効期限が切れている場合は再登録となります。
手続きは新規登録と同じ時間、場所で行います。必要書類、登録料等も同じです。
ただし、前回発行した図書館利用証を必ずお持ちください
*長期登録の図書館利用証は引き続き利用しますので、毎回必ず持参してください。

再発行

「図書館利用証」を紛失した場合はメインカウンターで再発行の手続きをしてください。手続き終了後、即時発行します。
再発行料は500円です。「図書館利用料(500円)」(証紙)をメインカウンターで購入していただきます。

変更

住所、氏名、電話番号など変更があった場合はお知らせください。

ご利用にあたって

図書館を利用するには図書館利用証が必要です。必ず携帯してください。
入口でストラップを貸出いたしますので、館内では首からかけていてください。
お帰りの際に、ストラップのみ返却箱にご返却ください。

施設

図書館案内をご覧ください。

貸出点数・貸出期間


資料の種類 貸出期間 貸出点数 貸出・返却場所
図書(和)・楽譜 2週間 計6点 2階メインカウンター
(参考図書のみ3階カウンター)
図書(洋) 1ヶ月
全集・叢書楽譜 当日/館内利用
参考図書
雑誌・紀要
マイクロ資料
録音資料 AVフロア内視聴 2点 4階AVカウンター
映像資料 AVフロア内視聴 2点

*休業期間中の夏季・冬季・春季は図書・楽譜の長期貸出をいたします(当日利用資料を除く)。
  長期貸出の開始日はその都度、ホームページや掲示でお知らせします。

資料を転貸(またがし)しないでください。
借りている資料を紛失・破損・汚損した場合、当館規定により弁償していただきます。

受付・貸出・返却


受付 書庫内の資料は、図書館内のOPAC端末から出庫指示を行ってください。
OPACで検索できない資料は、OPACの利用状況画面から請求記号を入力して出庫指示を行う、または請求票に記入してカウンターにお持ちください。
貸出 カウンターで名前が呼ばれるのを待ち、図書館利用証を出して資料を受け取ってください。
必要な方は貸出票(資料と返却期限が記されているシート)を出力できます。利用状況画面で設定を変更してください(デフォルト=出力しない)。
スタディルームなどの開架資料は、図書館利用証と一緒にカウンターに直接お持ちください。
返却 パート譜や付属資料は必ずそろえて返却してください。
資料を延滞すると、貸出停止になります。また、ハガキ(督促状)で連絡します。
予約
(図書・楽譜)
資料が貸出中の場合は、予約をすることができます。利用可能になり次第、ハガキ(予約状)でお知らせします。OPAC(WebOPAC)でも確認できます。取置期限は1週間です。
*館内利用の資料、当日貸出の資料は予約できません。
継続
(図書・楽譜)
資料を引き続き利用したい場合、返却期限内で予約者がいなければ、貸出期間を延長できます。2回目まではOPAC(WebOPAC)で継続できます。3回目からは図書館利用証と資料をカウンターにお持ちください。
利用状況 OPAC(WebOPAC)の利用状況画面で、以下のことができます。
・自分の請求中・貸出中・延滞中・予約中リスト・貸出履歴の確認
・出庫指示(館内OPACのみ)
・貸出期間の延長(2回まで)
・予約した資料の請求、取消
・パスワードの変更 *パスワードを忘れた場合は、カウンターにお申し出ください。
・インターネットからのログイン可否の設定
・貸出票の出力設定


レファレンス・サービス

図書館の利用について困った時には、カウンターでご相談ください。
資料の探し方・参考図書の使い方等のお手伝いをいたします。また、他館への紹介状発行サービス、図書館間相互貸借(ILL)、文献複写依頼などのレファレンス対外サービスを行います。
詳しくは、こちら(レファレンス対外サービス(卒業生長期))をご覧ください。

複写

著作権法で定められた範囲内で可能です。
「図書館資料複写申込書・誓約書」に必ず記入して提出してください。
料金:白黒は1枚10円、カラー1枚50円(B4、A4、B5)/80円(A3)。
AV資料の録音、録画はできません。

図書館資料の複写の際は以下の事項を遵守してください。

1.著作物は全部でなく、一部分であること。(全冊複写は不可)
2.定期刊行物に掲載された各論文その他の記事はその全部であるが、
  発行後相当の期間(次号発行まで、あるいは3か月)を経たものであること。
3.コピー部数は一人について一部のみであること。
4.利用者の調査研究のためであること。(演奏会使用目的の複写は不可)
5.有償無償を問わず、再複写したり頒布したりしないこと

TAC(多摩アカデミックコンソーシアム)

長期利用の本学卒業生はTACの各図書館を利用することができます(武蔵野美術大学を除く)。詳しくはこちらをご覧ください。

来館できない場合

当館をご利用になるには来館をお願いいたします。
ただしどうしても来館できない場合、以下については受け付けています。

 貸出中資料の返却:
   書留郵便や宅配便など送付記録の残る方法で返却してください。
   その場合、資料が傷まぬよう、しっかりと梱包して送付してください。(宛先はこちら
 所蔵調査・文献複写:
   大学に所属されている方は所属大学からお申込みください。 それ以外の方も最寄の公共図書館にご相談ください。
   どちらもご無理な場合に限り、直接お受けいたします。所蔵調査はこちら、文献複写はこちらをお読みください。

電話やメールでの所蔵調査、文献複写の申込、貸出・予約・継続手続きは行っていません。

ご注意

*利用に際し、図書館の規則及び掲示、図書館員の指示等を守ってください。
  違反があった場合は、ご利用をお断りする場合もあります。
*図書等の複製(コピー)は、著作権の範囲で行ってください。録音・録画は禁止です。
*学内の利用が集中する期間や繁忙期は、ご利用頂けない場合があります。