国立音楽大学附属図書館 Kunitachi College of Music Library

貴重・稀覯資料等特別コレクション利用規程

貴重・稀覯資料等特別コレクション利用規程(授業用)

第1条(総則)
本規程は国立音楽大学附属図書館特別資料部が管轄する貴重・稀覯資料など特別コレクションを、本学所属の教員が授業その他で利用する場合の手続きについて定める。

第2条(利用申込)
貴重・稀覯資料など特別コレクションの利用を希望する場合は、事前に所定の「特別資料閲覧申込書」にて館長宛てに提出し、許可を得るものとする。

第3条(利用許可)
利用の許可、不許可は特別資料部主任が起案し、主任司書、館長の決裁を得た後に、利用場所の指定など利用条件等を記載して利用申込者に通知する。
また、貸出の際は、双方立会いのうえ現状を確認し、手続きを行う。

第4条(利用場所)
貴重・稀覯資料は特別資料部が指定する館内所定の場所で利用するものとする。
但し、利用申込の使用目的、使用計画などが許可された場合にはその限りではない。

第5条(経費)
貴重資料利用に関わる経費が発生した場合、利用者が負担する場合がある。
(運搬に関する経費、損害保険料等)

第6条(利用時の条件)
資料の利用にあたって次のことを基本条件とし、その他は必要に応じて付加する。

1) 利用申込者自身が借受から返却まで一切の手続きを負うこと。
2) 貴重資料の閲覧は原則として館内所定の場所で行う。
3) 貴重資料の付近ではチョーク、ボールペン、万年筆、サインペンなどは使用しないこと。
4) 特別許可を受けて教室などで利用する際は、回覧しないこと。
5) 借り受けた資料を複写しないこと。
6) 借り受けた資料を出版、放送、放映、展示、学術論文等で使用する場合は、国立音楽大学附属図書館の所蔵を明記すること。
7) 申込み利用理由以外の目的で使用しないこと。
8) 成果物があればそのコピーを2部提供すること。

第7条(改訂)
本規程の改訂は、館長が図書館委員会に諮り、決定する。

第8条(附則)
平成12年4月1日 制定
平成16年4月1日 改訂